「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

サンダル素足にギョッツ!! 夏の悩み、かかとのガサガサを解消!

2019/8/16 11:40 FYTTE

サンダル素足にギョッツ!! 夏の悩み、かかとのガサガサを解消! サンダル素足にギョッツ!! 夏の悩み、かかとのガサガサを解消!

サンダルをはくとかかとのガサガサが悪化!?

かかとをさわっている

かかとのガサガサは、秋から冬にかけて起こるものだと思われがちですが、「夏は、素足でサンダルをはく機会も多く、皮膚が乾燥するため、かかとがガサガサしやすくなります。ストラップでかかとが固定されないミュールは、かかとと靴の摩擦が大きくなることで、よりガサガサが起こりやすくなります」(高山先生)

●かかとのケア方法
「かかとは皮脂腺がなく、もともと乾燥しやすいところ。かかとケアの基本は保湿です。サンダルをはいた日は、特に念入りにケアを」と高山先生。

かかとケアは、足を洗ったら、水分をよくふき取る⇒保湿クリームを塗る、という2つのステップで行いましょう。

1.足を洗ったら、水分をしっかりふき取る
お風呂には毎日入っていても、意外に足は洗えていないもの。石けんを泡立て、やさしく足全体を洗います。足を清潔に保つのも、足ケアには重要です。

足を洗った後は、バスマットで足裏を拭くだけではなく、指と指の間、爪周りもバスタオルでしっかり水分をふき取りましょう。「ぬれたままにしておくと、蒸発するときに皮膚が冷やされ、いっそう乾燥しやすくなります」(高山先生)

2.保湿クリームを塗る
水分をふき取った後は、保湿クリームを塗ります。「保湿効果や血行をよくする効果のあるクリームがおすすめ。ハンドクリームでもOKです。皮膚の横ジワにそって、たっぷりやさしく塗りましょう」(高山先生)

保湿クリームを選ぶときは、次のような成分が入ったものがおすすめです。
・尿素……角質を分解する働きがあり、ガサガサになった角層をなめらかにします。
・ヘパリン類似物質……皮膚の水分を保ち、保湿効果が高い。血行障害による肌荒れを改善する効果も。
・ビタミンE配合……血行をよくして、肌荒れを改善します。
・ワセリン……外部の摩擦や刺激から肌を保護。水分の蒸発を防ぎ、乾燥を防ぎます。

角質ケアはやりすぎに注意

かかとの角質ケア

かかとのガサガサした部分を削ってケアしたい場合、高山先生は次のようにアドバイスします。
「頻度は、週に1回程度で十分。細かい目のヤスリを使って、一方向に削ります。くれぐれも削りにすぎには注意しましょう。特に、入浴中などに削ると、削っている実感がなく、削りしてしまう傾向があります。足がぬれた状態で行わないようにしましょう。削りすぎると、皮膚の防御反応でかえって角質が厚くなり、ガサガサ感も悪化することがあります」(高山先生)

しっかりとケアして、つるつるかかとになりましょう!

取材・文/海老根祐子

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ