「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」

2019/8/15 12:00 Pop’n’Roll

兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」 兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」

元HKT48の兒玉遥の新章が幕を開ける。今春、活動を再開した兒玉は、9月より舞台<私に会いに来て>に出演することが決定。アイドルから女優へ――表現者として新しいフィールドに足を踏み入れた彼女は、これからの活動に対して、今どのような想いを抱いているのか? “演じること”をテーマに、兒玉に話を訊いた。

撮影:曽我美芽

幼稚園の頃から、人前で何かを表現するのが好きでした

――まず活動再開するにあたって、女優という仕事を選んだ理由を教えてもらえますか?

兒玉遥:
もともとお芝居にすごく興味があって、演じることを深く勉強してみたいと思っていたので、女優の道に挑戦しようって決めていました。ただ、女優としての初めての仕事は、映画でも、ドラマでも、舞台でも、お話があったらなんでもやってみようっていうスタンスでしたね。

――その中で、<私に会いに来て>のオファーをもらったことがきっかけで、舞台への出演が決まったということですか?

兒玉遥:
はい。舞台は公演日に向けて稽古がしっかりできるので、そういった意味ではアイドルから女優への切り替えがしやすいんじゃないかなっていう考えもありました。舞台は、自分自身がお芝居しているっていう感覚が得られるので、女優としての第1歩として最適だと思っています。

――演じることに対する興味を覚えたのは、いつぐらいですか?

兒玉遥:
幼稚園ぐらいの頃から、人前に立って何かを表現するのがすごく好きでした。それこそ劇をするってなったら、主役に進んで立候補するような子どもでしたね(笑)。

――人生で最初に演じた役って覚えてます?

兒玉遥:
『リトル・マーメイド』の人魚姫。金髪のかつらを被ってやりました(笑)。

――希望通りの主役だったんですね。その時から役に入り込めた?

兒玉遥:
さすがに役に入り込むって感覚はまだなかったけど、楽しいなと思ってました。

――小さい頃に好きな俳優さんはいましたか?

兒玉遥:
え〜誰だろう? 小さい頃は、ドラマというより『セーラームーン』をよく観てました。セーラームーンが変身するシーンがめっちゃ好きで。だから、今はアニメとか洋画の吹き替えとかにも挑戦したいですね。

――最近観た映画で面白かったのは?

兒玉遥:
あまり観てないんですけど……あ、この前、広瀬すずさんの『チアダン(チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~)』を観ました! 学生の役をやりたいっていう気持ちがすごいあって。青春時代の学生ならではの絆みたいなストーリーがすごく好きなんです。

――部活で頑張る的な展開ってこと?

兒玉遥:
そう。“青春、汗、キラキラ”みたいなものに心揺さぶられちゃうんです(笑)。学生の役をいただけたら、学生時代の想い出を追体験して、そういった感覚になれるかなって思っていて。

――児玉さんはグループアイドル時代に、そういう青春ストーリー的な経験をしていたのではないですか?

兒玉遥:
アイドル時代も毎日が青春ではあったけど、思い描いていたような高校生活は過ごせなかったので、学生役を演じることでタイムスリップできたら嬉しいなって思っています。

――もし青春ドラマに出演できるとしたら、どういう役をやってみたいですか?

兒玉遥:
『花ざかりの君たちへ(〜イケメン♂パラダイス〜)』に出たいなって思ったんですけど、男子校に入っちゃう非現実的なストーリーなので、主役の女の子以外全員男の子なんですよね(笑)。ですけど、面白そうだなって思います。

――ドラマの中でやってみたい部活ってあります?

兒玉遥:
え? 部活? 何だろう……『チアダン』の影響で、チアガール部ですかね。あの映画って、実話がもとになっているんですよね。それもすごいなって思いました。兒玉遥

終わったあとの余韻を楽しみに観に来てほしい

――今回出演する舞台<私に会いに来て>も、実際に韓国で起きた事件をもとにしたストーリーですよね。

兒玉遥:
そうですね。

――この取材の前に、この舞台の映画版『殺人の追憶』を観たんですが、兒玉さんが演じる女性記者が出てこないという……。

兒玉遥:
そうなんですよ。私も映画で勉強しようと思ったら、女性記者が出てこなくて“あれ?”ってなって(笑)。映画版では恋愛要素をなくしちゃったみたいなんですよ。だから、自分で役のイメージを作っているところです。

――それは女優として挑戦になりますね。

兒玉遥:
すごい挑戦です。先日、仮台本をいただいたんですけど、喧嘩するシーンもある気の強い女性なので、これまでの私のイメージとは違う役に作り上げられたらと思っています。

――兒玉さん自身は、気の強い部分を持っているんですか?

兒玉遥:
気は……強くないですね(笑)。気持ちはあるけど、どちらかというと強いイメージになりにくいのかな? 私の普段の喋り方とか声のトーンだと、どうしても柔らかい印象になるので、舞台ではその部分を工夫して、女性記者らしい雰囲気を出せたらと思ってます。

――公開されているメインビジュアルを見ると、スーツ姿も印象的だと思いました。

兒玉遥:
自分自身は普段スーツを着ることはないので、街中でスーツを着てる女性を見かけると、めっちゃカッコいいって思っちゃいますね。私ならカッコいいスーツを着ながらも、可愛くアレンジするなとか、想像を膨らませています。

――以前と比べて、スーツを着ている女性に対する見方も変わりましたか?

兒玉遥:
はい。みんな、歩くのが早いなって思ってます(笑)。

――女性記者は、事件に深く絡んでくるキャラクターなんですよね。

兒玉遥:
はい、すごく関わってきます。ほかの登場人物とも絡んでいきますが、それが誰になるのか予想しながら楽しみにしていただけたらと思います。

――映画版もいろいろな人物が絡み合う内容でしたよね。

兒玉遥:
そうですね。あと、後味がすごいですよね(笑)。あの展開、大丈夫でしたか?

――僕は、ああいう後味の映画、好きですよ。

兒玉遥:
そうなんですね。私は、ハッピーエンドを求めちゃう人だから、ちょっと戸惑いました。

――同時に、いろいろ考えさせられる内容でしたよね。

兒玉遥:
はい。だからこの舞台も終わったあとの余韻を楽しみに観に来てもらえると嬉しいですね。

――2015年には<HKT48指原莉乃座長公演>に出演していましたが、その時に舞台をやっていて楽しかったことは?

兒玉遥:
当時、自分が歌って踊ることで人を笑顔にしているっていう感覚はあったんですけど、お芝居でも人を感動させることができるということに気づいてからは、すごく楽しさを感じられるようになりました。1回のお芝居に気持ちを注ぐということにやりがいを感じていましたね。

――逆に、難しかったことは?

兒玉遥:
シーンが変わった時に、怒りとか悲しみの度合いを図るのが難しいなと思いました。ここはどのくらいの強さや角度で表現したらいいのかな?とか、正解がないので戸惑いがあって。そこで演出家さんと話し合ったりしながら調整していました。

――お芝居は、同じ内容を何日間もやるわけじゃないですか。日によって、手応えはけっこう変わりましたか?

兒玉遥:
そうですね。意外と、自分の手応えとお客さんの反応が違うことがあって。今は自分自身の出来も大事だけど、観ている人の反応を1番に考えて表現できる女優さんになりたいです。

――舞台は、アイドルの時のライブに近い感覚はありますか?

兒玉遥:
そうですね。ただ、目線の置き方は全然違いますね。アイドルの時はできるだけ遠くの人を見るって感じだったけど、お芝居では舞台の上での表現に合わせて目線を変えなくてはいけなかったです。兒玉遥

YouTuberごっこするのが、密かな楽しみ

――今回の舞台は女優としての第1歩になりますが、今後どういう役をやっていきたいと考えていますか?

兒玉遥:
さっきお話しした学生の役もですが、医療系もやってみたいですね。『コード・ブルー(-ドクターヘリ緊急救命-)』が、すごいカッコいいなって思ったので(笑)。この先の人生で人命救助ができる職業につくことはないだろうから、やってみたいなって思っています。

――今回、『コードブルー』や『チアダン』が話題に挙がっていましたが、目標に向かってチームで頑張っていくっていう設定も好きなんじゃないですか?

兒玉遥:
好きですね! 学生の頃、部活女子だったので、みんなで団結して1つのことをやり遂げるってことにけっこう惹かれます。

――学生の時は何部だったんですか?

兒玉遥:
バスケ部でした。ポジションはフォワード。でも、私は機能していないフォワード(笑)。なんにもできないからフォワードをやっている人みたいな。センターとかガードはチームの中で重要な役目だけど、フォワードってけっこうどうでもよくないですか?(笑)

――そんなことないですよ(笑)。

兒玉遥:
ホントお荷物メンバーでした(笑)。

――バスケは何年間やってたんですか?

兒玉遥:
中学校の時だけなんで、2年半ぐらいですね。

――最近はやってない?

兒玉遥:
やってないです。運動神経あんまりないんですよ、めっちゃ好きアピールしてるけど(笑)。

――では、最近ハマっていることは?

兒玉遥:
YouTuberごっこ(笑)。真似するのが好きなんです。

――映像は撮らない?

兒玉遥:
撮らないし、配信もしないです! でも、“みなさん、こんにちは! 今日はここに来ました。いえ〜い!”とかやってます(笑)。

――それ、1人で?

兒玉遥:
1人じゃないですよ! 友達と一緒にYouTuberごっこするのが、密かな楽しみです。

――息抜き?

兒玉遥:
息抜きです。楽しいですよ。

――YouTuberごっこ、今度やってみます(笑)。それでは最後に、読者にコメントをもらえますか?

兒玉遥:
これからが楽しみな女優さんだなって思っていただける演技をするように頑張りますので、ぜひ劇場に足を運んでください!兒玉遥

舞台情報

映画『殺人の追憶』について
2003年に公開され、その年の韓国アカデミー賞(大鐘賞)では「作品賞」を初めとして、4部門に輝いた映画『殺人の追憶』。ポン・ジュノ監督によるこの映画は、韓国で観客動員500万人を突破して、当時としては記録的な大ヒットを記録。日本では第16回東京国際映画祭で上映、「アジア映画賞」に輝き、2004年3月に全国公開され、スマッシュヒットを遂げた。この映画の原作は、舞台<私に会いに来て>。2018年3月には日本初上演され、そしてこの度、2019年9月に新国立劇場小劇場・サンケイホールブリーゼにて上演する。

舞台<私に会いに来て>韓国版について
実際の猟奇殺人事件の資料をもとに創作された本作は、犯行の残酷性や猟奇性を鋭く描き出すセンセーショナルな内容と、捜査に当たる刑事たちのビハインドストーリー、それを演じる俳優たちのウィットに富んだ演技は観客や評論家からも高い評価を得ている。韓国では1996年の初演より、再演に再演を重ねている国民的大ヒット舞台である。2016年には舞台化20周年を迎え、ソウル・明洞芸術劇場での特別公演は大ヒットのうちに幕を下ろした。

舞台<私に会いに来て>概要
出演:藤田玲/中村優一 兒玉遥 西葉瑞希/グァンス(SUPERNOVA)/栗原英雄
*** 
大澤信児 高山猛久 田中 亮 畑中竜也 曾田彩乃 藤本かえで 髙石あかり / Anna(ヴァイオリン演奏)

原作:キム・グァンリム 
演出・映像:ヨリコ ジュン 
上演台本訳:後藤温子
日時・会場:2019年9月13日(金)~16日(月祝)東京・新国立劇場 小劇場
2019年9月19日(木)・20日(金)大阪・サンケイホールブリーゼ 

チケット料金:全席指定¥8,800(税込) 
チケット一般発売中

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント48

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ