「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【札幌記念】平均上がりは35.6 過去の馬場傾向から合うのは小回りでもダービー馬

2019/8/15 10:57 SPAIA

本命に推されたワグネリアンⒸ明石智子 本命に推されたワグネリアンⒸ明石智子

豪華なメンバーがそろう

2014年にハープスターとゴールドシップの2頭が凱旋門賞へのステップレースとして選択したレースとして知られている札幌記念(GⅡ・芝2000m)。今年は凱旋門賞を視野に入れているフィエールマン、ブラストワンピースの2頭を含むGⅠ馬5頭が出走。ほぼGⅠと言ってもいい豪華な顔ぶれとなった。

そんな札幌記念について、先週の馬場傾向と過去10年の平均上がりタイム、そして今年の出走馬の馬場適性の観点から分析、予想を行なっていく。

まずは先週末に札幌競馬場の芝コースで行われたレースの結果を振り返っておこう。

8/10・11の札幌芝コースのレース傾向ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

土曜日は雨の影響が残って稍重でのレースとなったが、日曜日の良馬場のレースと比較してもタイム的には目立った変化はなかった。札幌記念と同じ距離の芝2000m戦では4レース行われ、最も速いタイムでもHTB賞(2勝クラス)の2:01.1と時計はかかっていた。

勝ち馬の平均上がりは35.6と洋芝の小回りコースらしくかかっているが、先述したHTB賞では34.6の上がりがマークされている。GⅠ級の馬であれば、ペース次第では34秒台前半の上がりになる可能性もあるということを頭に入れておいた方が良さそうだ。

脚質では圧倒的に先行馬が有利という傾向が見られている。直線一気の競馬では厳しいので、差し馬を狙う場合は器用さを重視した方がいいだろう。

33秒台の上がりを使った馬はなし

続いて過去10年の札幌記念の上がりタイムについても触れておく。

札幌記念の過去10年の上がりⒸSPAIA

ⒸSPAIA

函館競馬場で行われた2013年を除いた平均の上がりタイムは、1着35.6、2着35.4、3着35.5だった。33秒台で走った馬は一頭もおらず、最も速い上がりは2011年にレッドディザイアが使った34.0というデータが見られる。先週の勝ち馬の平均上がり35.6とほぼ同じ数字なので、狙うべきは上がり35.4〜35.6の間の馬だとは言えるが、今年はGⅠ級のメンバーがそろっているため、それだけを鵜呑みにするのは危険だ。

2014年に勝利したハープスターは札幌記念に出走する前までの馬券に絡んだ時の平均上がりが33.5だったにも関わらず、35.5という上がりがかかる馬場に対応した。フィエールマン、ブラストワンピース、ワグネリアンなど洋芝経験のないGⅠ馬たちは必然的に上がりが速くなっている傾向にあるので、そうした点にも考慮しつつ予想を行なっていきたい。

大阪杯での経験が生きる

今年の出走馬の中からピックアップしたのは以下の6頭。

3着以内に好走した時の平均上がりⒸSPAIA

ⒸSPAIA

小回りコースでの平均上がりで最も適性がありそうなのは、35.7のブラストワンピースと35.8のクロコスミアの2頭。

ブラストワンピースは有馬記念の1戦のみしか馬券に絡んでおらず、この数値をどこまで信用するかがポイントとなる。前走の敗因としては高速馬場の東京コースで59kgだったことを考えると納得がいくが、上がりのかかる阪神の2000mで争われた大阪杯の内容に不満が残るので、今回は疑ってかかりたい。

クロコスミアは牝馬限定戦では、上がりの速い東京や京都の外回りコースでも好走しているが、牡馬の一線級相手となると上がりがかかることはプラスに働くだろう。過去10年と先週の勝ち馬の平均上がり35.6と近く、穴で狙うならこの馬だ。

問題はここからだが、フィエールマンは3着以内に好走したときの全体の平均と小回りコースでの平均が34.2で全く同じだった。これは小回りコースへの適性の高さを示していると言ってもいいだろう。3000mの菊花賞と3200mの天皇賞・春を勝利しているが、個人的にはステイヤーだとは思っていないので、今回の条件に不安は感じない。

昨年のダービー馬ワグネリアンは、全体の平均上がりは33.9と一見すると適性が無いように感じるが、前走の大阪杯の3着を評価したい。レース当日は良馬場発表ではあったが、見た目以上に力を要する馬場状態だった。その中で上がり35.1を使って3着に好走できたことは、今回にも必ず生きてくるはずだ。

その他では、昨年のこのレースを勝利したサングレーザー、そして全体の平均上がり平均より小回りでの平均上がりのほうが速かったペルシアンナイトは、スッと反応できる器用さがあることを証明しているので注目だ。

▽札幌記念予想▽
◎ワグネリアン
○フィエールマン
▲クロコスミア
☆ペルシアンナイト
△サングレーザー

今回も予算5000円で馬券対決となるが、馬券は◎ワグネリアンと○フィエールマンの馬連を3000円、◎○▲の3連複を1000円、▲クロコスミアから☆ペルシアンナイトと△ サングレーザーにワイド各500円で勝負したい。

《関連記事》
▶買えるのは軽ハンデ?トップハンデ? ハンデ戦を制するものが夏競馬を制す
▶藤田菜七子騎手、重賞初制覇ならず 先週のレースをSPAIA予想陣の結果とともに振り返る
▶ロードカナロア?フィエールマン? ディープ&キンカメの後継種牡馬となるのは?

記事:三木俊幸

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ