「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「披露宴やらない」は正解!? 進次郎&滝クリ結婚式の大変さ

2019/8/15 21:45 週刊実話

提供:週刊実話 提供:週刊実話

 日本中が驚いた自民党の小泉進次郎衆議院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルの結婚&妊娠。

 「マスコミも全くノーマークだっただけに、世間に与えた衝撃は大きかった。ただ、一部の政治家秘書、政治記者の間では、進次郎氏の結婚情報が駆け巡っていたという話もあります」(夕刊紙記者)

 そして今、密かに注目されているのが、このビッグカップルの結婚式がどうなるかということ。滝川は自身がMCを務めるテレビ番組に出演した際、あらためて結婚を報告するとともに「披露宴とかはやらない」と明かしたが…。

 8月10日放送の『せやねん!』(MBS)では、元自民党衆院議員の宮崎謙介&金子恵美夫妻が政治家の結婚の大変さを説明していた。政治家らしい“裏事情”で結婚式を計6回やったという2人。京都(宮崎氏の選挙区)で1回、新潟(金子氏の選挙区)はエリアが広いので2回、経済人向け、政治家向け、親族向けがそれぞれ1回だったという。

 宮崎氏いわく「国会議員は公人なので結婚したことを披露しないといけない。自分らでやりたい形式はほとんど取らず、思い出づくりというよりシンプルな報告会」。主賓挨拶も大変で、総理大臣、官房長官、衆議院議長、幹事長、厚生労働大臣、経済産業大臣がそれぞれスピーチ。乾杯までに約1時間かかったそうだ。

 スピーチ以上に難しいのが席次表。通常、新郎新婦に近い席から役職の高い人を配置するが、「何で俺の方が下座なんだ」などという苦情が出ることがあるため、当選回数、役職などを配慮し、事前に事務所に見てもらうという。

 また、ご祝儀の額も気になるが、宮崎氏によれば、平均5万円ぐらいで、最高額は100万円、最低額は2万円だったとか。

 進次郎&滝川となれば、この2人以上に大変なのは確実。「披露宴はやらない」というのも、それはそれで正解のような気もするが…。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ