「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

子どもと行くおすすめの博物館!ベストな月齢や準備するものは?

2019/8/14 18:20 オリーブオイルをひとまわし

子どもと行くおすすめの博物館!ベストな月齢や準備するものは? 子どもと行くおすすめの博物館!ベストな月齢や準備するものは?

博物館に初めて行った時のことを覚えているだろうか?広い館内、大小さまざまな展示物、たくさんの来場者に胸が高鳴った方も多いだろう。博物館は「本物」を教えてくれる場所だ。本物の化石が展示されていたり、実際に触れることができる施設もあり、こういった知識や経験は子どもの可能性を引き出すきっかけになる。今回は、子どもにおすすめの博物館やその際の準備物などを紹介する。

1.子どもの博物館デビューはいつから?

博物館に行くまではご機嫌だったのに着いた途端に泣き出したり、逆に不機嫌だったのに博物館に入った途端夢中になったり、まるで興味がなさそうだったのに帰宅してからずっと展示物の話ばかりしていたり。子どもの機嫌や興味がコロコロ変わるのは当然のことだ。しかし、いつどんなタイミングで子どもの好奇心に火が着くかは、その子次第だ。もし草木や生き物、昆虫に興味が出てきたタイミングで博物館に連れて行けば、子ども展示物を楽しめるだろう。

最近では従来の展示に加え、アクティブラーニングの効果が話題になった影響もあり、実際に自ら体験することで学べる展示物が増えている。これらを実際に体験できる幼児期以降なら特に楽しめる。

赤ちゃんの場合は生後1ヶ月でものの形がわかり、生後2ヶ月で色がわかり、生後4ヶ月で動くものを目で追えるようになるので、成長に合わせて感覚的に体験できる展示物が多い博物館を選ぶとよいだろう。

2.博物館に行くときに準備するもの

博物館へ行くときは何を持って行けばいいのだろう?持って行った方がよいものベスト3を紹介する。

1つ目はベビーカーだ。貸し出しをしている博物館もあるが、数に限りがあるので、持っていくことをおすすめする。子どもは自分で歩きたがるかもしれないが、疲れたり眠くなったりすることも十分考えられる。そんなとき、ずっとお父さんが子どもを抱っこして荷物まで持つ必要がないため、ベビーカーがあると心強い。また、荷物が多くなってもベビーカーに掛けておける。

2つ目に必要なのは、膝掛けやパーカーなどのはおりものだ。博物館は展示物保存のため、空調は低めに設定されている。これが外との寒暖差から肌寒く感じる場合もある。脱ぎ着がしやすいもので体温調節ができるように備えておけると安心だ。

そして3つ目はおやつ(乳児はミルク)である。子どもが少し不機嫌になり始めたときに食べさせてあげると、体力が回復し機嫌が良くなり、長く博物館を楽しめるかもしれない。ただし、博物館によっては展示スペースでの飲食が禁止の場合もある。子どもに飲食をさせる場合は決められた飲食スペースを利用しよう。

3.子どもに合わせた博物館の選び方

「どの博物館に行けばいいのだろう?」と悩む方もいるだろう。博物館を選ぶときには、「子どもが興味のあるもの」を基準にするのがよい。子どもが興味を持ちやすい博物館を3つ紹介する。

電車好きな子どもに!鉄道博物館(埼玉県)

埼玉県さいたま市にある「鉄道博物館」には、実際に使用されていた蒸気機関車から新幹線までを展示している。運転シュミレーションの体験メニューも非常に充実しており、開館時間には整理券を求めて多くの方が列をなすほどの人気だ。

プラレール遊びが好きな子ども向けにプラレールの体験スペースや、組み立てたジオラマの展示もある。ミュージアムショップにはJR公式の新幹線グッズも充実しており、おもちゃなど、様々な商品が所狭しと並べられており、大人から子どもまで楽しめる。園生活のお弁当袋やコップ袋などを新幹線柄で揃えたい!という子どもには非常に人気である。

新幹線の形の遊具がある公園もあり、なんと実際の新幹線の走る姿を眺めることができる。近くにある「駅弁屋」で実際に車内販売されているお弁当を持って、少し遊ばせてあげる時間をとるというのもいいだろう。

食べ物が好きな子どもに!カップヌードルミュージアム(神奈川県)

横浜みなとみらいにある「カップヌードルミュージアム」は、その名の通り日清食品の歴史を体験できる施設だ。

自分でカップをデザインし、中身も好みの配合で世界でひとつだけのカップヌードルを作れたり、小学生以上からではあるが実際にチキンラーメンを小麦粉から手作りできる。また、3歳以上小学生以下が入場できるアスレチック施設では、カップヌードルの製造工場を模した作りになっており、その製造工程を体感することができる。発明や発見の楽しさ、食の大切さ、夢をもって自分で考えることの楽しさなどを学ぶことができる。

生き物が好きな子どもに!国立科学博物館(東京都)

東京上野にある「国立科学博物館」は、恐竜の等身大全身骨格や日本各地に生息している動物や昆虫などの展示が充実している。

また、こちらの博物館で特に子ども達に大人気なのが「親と子のたんけんひろば コンパス」だ。一見するとアスレチック施設のような作りとなっているが、動物の剥製があったり、制作スペースがあったりと比較的低年齢の子どもも楽しく体験学習ができる施設となっている。0歳から入場できるものの、アスレチック要素があるアトラクションのため、公園の遊具で遊べるぐらいの年齢から訪れた方が良いだろう。

また、平日は無料で当日でも整理券発行ができるが、大人気施設のため土日祝日や夏休みなどの混雑する時期は整理券の発券が200円で事前申し込みのみとなっているため注意しよう。

結論

"楽しみながら本物を学べる"博物館が日本には数多く存在する。初めは何のことか分からない子どもも、博物館内を見て回った経験が子どもの好奇心を刺激し、可能性を伸ばすきっかけになるかもしれない。子どもが興味を示したら、今度は違う博物館に行くなどして知識を深め、世界を広げてみよう!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ