「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

DeNAは伊藤光、パットン、宮﨑敏郎不在をどう乗り越える? 故障者続出で突然の正念場

2019/8/14 11:15 SPAIA

宮﨑敏郎,ⒸSPAIA 宮﨑敏郎,ⒸSPAIA

伊藤光、パットン、宮﨑敏郎と次々に離脱

混戦となっているセ・リーグの優勝争い。一時は巨人が2位以下を大きく引き離していたが、後半戦に入ってから停滞。DeNAと広島の追い上げに遭い、8月8日終了時点では首位の巨人から3位の広島までが1.5ゲームのなかにひしめいていた。

そんな中、DeNAは正念場を迎えることとなった。7月末に正捕手の伊藤光が骨折で離脱。その後、中継ぎのスペンサー・パットンも冷蔵庫を殴打し右手を骨折し帰国中。

さらには正三塁手の宮﨑敏郎も左手有鉤骨を骨折し、8月8日に同じく登録を抹消されている。主力3人を欠いたまま、夏場の勝負どころに突入したDeNAは、8月12日終了時点で首位と3ゲーム差まで離されてしまった。これ以上離されたくないDeNA、ここから各ポジションをどのように補っていくのだろうか。

捕手の打力低下は代打で補う

正捕手伊藤の穴は嶺井博希、戸柱恭孝のふたりで、ある程度は埋めることができる。伊藤が加入した昨シーズン後半以降は、2人のマスクをかぶる機会が減ったのは事実。しかし、それまでは併用されながらチームを引っ張っていた。

思い返すと2年前にクライマックスシリーズに進出した際は、伊藤がまだ加入する前だった。嶺井と戸柱、そして高城俊人(現・オリックス)がマスクをかぶって激戦を勝ち抜いたのである。敗れはしたが、日本シリーズでも嶺井が3試合、戸柱が2試合にスタメン起用されており、大舞台の経験もある。一軍経験の乏しい捕手が、新たに抜擢されるわけではない。

伊藤(打率.261)と嶺井(打率.189)、戸柱(打率.194)とでは打率を見てもわかるとおり、打撃力の差に不安がある点は否めない。ラミレス監督は試合の流れを見ながら、早めの代打などで打撃力の低下を采配で補っていく必要がある。

実際、今シーズンの起用法を見ても打撃面で優れている伊藤は代打で退くことは、ほとんどなかったが、伊藤が抹消された7月31日以降で嶺井は3度代打を送られている。

中継ぎ陣は臨機応変に対応

今シーズンのパットンは42試合で0勝3敗、防御率5.15と例年と比べると、いまひとつだった。WHIP(1回あたり何人の走者を出すかを表す指標)は1.64。2017年(1.15)、2018年(1.23)から比べると大幅に悪化した。

BB/9(1試合に何個の四球を出すかを表す指標)も5.40。こちらも2017年(2.85)、2018年(2.57)と大きく数字を落としている。

このことからも、今シーズンのパットンが好調とは言い難い状況だったことがわかるだろう。

守護神の山崎康晃、そしてエドウィン・エスコバーに繋ぐ役割を三嶋一輝、国吉佑樹が担うことになる。確固たる勝ちパターンではないが武藤祐太や藤岡好明、齋藤俊介らも状況に応じて役割の変更も考えられる。また、現在は二軍調整中だが、サミー・ソリスも控えている。

各投手陣の調子を見ながら臨機応変に対応していくことになりそうだ。

もっとも大きい宮﨑敏郎の穴

やはり、なんといっても宮崎の穴がとてつもなく大きい。2017年には首位打者を獲得し、今シーズンも打率.279、13本塁打、44打点とまずまずの数字を残していた正三塁手である。

今シーズン、宮崎は登録抹消されるまで104試合あったが、三塁手としてスタメンで出場した試合が102試合(出場103試合)。いかに宮崎に依存していたかが分かる。

宮崎が抹消された当日の試合は柴田竜拓が先発で起用されたが、3打数ノーヒット。もちろん1試合だけで判断することはできないが、宮崎と比べると打撃力が落ちていることは明らか。

そんな中、8月9日の試合から筒香嘉智を5年ぶりにスタメン三塁で起用し、いまのところ5戦連続で固定している。攻撃重視、守備重視と試合によって組み替えていくことになるかもしれない。

ラミレス監督はその他にも「2番・筒香嘉智」や「8番・投手」、「代打・ウィーランド」といった、アッと驚く采配を見せたこともある。DeNAはこの主力不在の夏をどのように乗り越えていくのだろうか。その手腕に注目したい。

※数字は2019年8月13日終了時点

記事:勝田聡

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ