「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

背中のこりをオフ!自律神経を整える「リセットストレッチ」

2019/8/14 16:42 FYTTE

背中のこりをオフ!自律神経を整える「リセットストレッチ」 背中のこりをオフ!自律神経を整える「リセットストレッチ」

脊柱起立筋をゆるめる、テニスボールリリース

緊張をゆるめるリリースからスタート。みぞおちの裏(具体的には、ブラジャーのバックのホックの位置)あたり、背骨をはさんだところに、テニスボールを置き、深呼吸します。
背骨をはさんで右側にボールを置いたときは、右ひざを曲げて立てましょう。

ストレスがたまると、自律神経が集まる背骨周りにある脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の周辺がこりかたまってしまい、呼吸が浅くなるのですが、ここをほぐすことで呼吸が深くなり、体の調子も上向きになります。

また、ちょうどここは左右の肩甲骨の間なので、巻き肩になっている姿勢を矯正する効果も。
正しい姿勢に導かれることで、体の可動域が広がり、それによりボディラインも美しく整ってきます。

リリース

深い呼吸を取り戻す、うつぶせストレッチ

背中周りのこりをほぐしたら、今度はストレッチです。床に丸くうつぶせになるだけ、と簡単です。

ストレッチ

床に正座になり、両腕を抱え、背骨を丸めます。この姿勢のまま深呼吸を5回くり返します。息を吐くときは、5秒かけてゆっくりと。背中の力を抜きますが、背中にしっかり空気を入れ込むつもりで、ぺたんとつぶさないのがコツ。

背中周りを柔軟にする、猫の動きの「キャット&カール」

さらに背骨回りをストレッチしましょう。ゆっくり深呼吸すると、自然とリラックスできますよ。

キャット&カール1

<1>
手は肩幅、脚は座骨幅に開いて、両手と両ひざを床につく。

キャット&カール2

<2>
深呼吸しながら、おへそを引き上げ、下の背骨から順々に背中を丸めます。目線はおへそに向けましょう

キャット&カール3

<3>
今度は深呼吸しながら、背骨を反らせます。背骨は下に引き込むのではなく、前(頭のほう)に伸ばすようにします。背骨が1本1本動く感覚を大事にしましょう。

体がやわらかくなれば、ストレスも和らぎます

私たちの体は、交感神経と副交感神経の、2つからなる自律神経という神経ネットワークにコントロールされています。体温や脈拍を一定に保てているのも、この自律神経のおかげなのです。
ところが、ストレスを抱えると、筋肉を収縮させる交感神経が優位になります。

「自律神経は背骨を中心に張り巡らされているので、背中周りの筋肉の緊張が続くと、背骨の動きが悪くなります。逆にいえば、自律神経のカギを握るのは背中にあるので、背骨を動かして背中周りをストレッチすることで、自律神経のバランスが整い、ストレスに強い体を作ることにもつながります」(KAORU先生)

また、交感神経が優位だと、筋肉の収縮から、こりや冷えを招きます。
「すぐさま筋肉をゆるめる副交感神経にスイッチさせたいのですが、自律神経のコントルールは意識的にできません。唯一、副交感神経に働きかけることができるのが、深呼吸です。ストレスが高まり、背中の筋肉をかためてしまっている人は、横隔膜がかたい傾向があります。横隔膜がかたいと呼吸も浅くなるので、この点からも背中をほぐすのが有効です」(KAORU先生)

「忙しい女性はストレスをためがち。冷えれば、不眠にもなり、それにより、さまざまな体調不良を招きます。体がやわらかくなると、心もやわらかくなるのは、私が常日頃指導で感じていること。
ココロの疲れを感じたら、リリース&ストレッチで、体をゆるめる&伸ばしてあげてくださいね」(KAORU先生)

撮影/徳永 徹 ヘア&メイク/辻元俊介(ラ・ドンナ) 取材・文/平川 恵
タンクトップ¥9500、レギンス8200/suria(インターテック)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ