「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

加藤浩次、過去の恥ずかしい映像流出に悲鳴 「スッキリMC続けられない」

2019/8/13 19:41 しらべぇ

13日放送『スッキリ』(日本テレビ系)では、番組夏の恒例となっている「加藤浩次・竹内涼真 夏のキャンプ旅」を放送。ピザ対決の敗者となった加藤が「過去の恥ずかしい映像」を流され悲鳴を上げた。

◼負けられないピザ対決

前回は山、今回は海を舞台にキャンプを楽しむ加藤と竹内。2日連続放送の後半となるこの日はピザ窯を使った創作ピザ対決を実施、負ければ竹内は「19歳当時のオーディション映像」、加藤は「20歳、デビュー当時の極楽とんぼでのコント」を流されることに。

前回の対決は炊き込みご飯で竹内が勝利。その時も「若手時代、謎の動きでアピールする姿」を放送され恥をかいた加藤は絶対に負けられないと気合十分。

加藤は大葉とカレーソースを使った「大葉カレーピザ」、竹内はソースを使わず3種類のチーズをふんだんに使った「も~チーズピザ」で勝負。判定したキャンプの達人・バイきんぐの西村瑞樹は「しょっぱいのが好き」という理由で竹内に票を入れ、再び加藤の敗北となった。

関連記事:竹内涼真、理想の女性像を描くも「色んな意味でヤバイ」「ツッコミどころ多すぎ」の声

◼極楽とんぼのコント

罰ゲームで用意されたのは、デビュー3ヶ月ごろの1989年、オーディションで撮影された極楽とんぼのネタ見せ映像。これまでテレビで放送されたことはないというVTRに「絶対ヒドイ、見たくない。恥ずかしいわ」と加藤の悲鳴が響き渡る。

コントの内容はスーツ姿の極楽とんぼの2人のやり取り。上司役の山本圭壱に無茶振りされる部下の加藤という設定だ。突然キレだして激しくツッコむ山本、ツッコまれ踊りだす加藤と謎の展開が続き、「コントでもなんでも無い」と加藤は頭を抱える。

その後も、加藤の愛妻弁当が爆発、とんかつを食べに行くも上司がお金を払わず逃走、上司役だったはずの山本がいつの間にか店員役に変わるなど、7分間に亘る意味不明なコントVTRが流された。

◼竹内も「ゾワゾワした」

コントを終え「この世は極楽」「空にはとんぼ」と2人でキメる極楽とんぼ。これを見終えた加藤は「『スッキリ』のMC続けられないわ」と苦笑いを浮かべる。竹内も「ゾワゾワした」と寒気すら感じたと感想を述べた。

スタジオでは、ハリセンボン・近藤春菜は「後輩は弱みを握れた」と加藤に告げ、カットされていたVTRではなく「全部見たかった」と出演陣から声が上がる。

加藤は「フルで見せれるもんじゃない」「テレビ用に撮ったものじゃないからね」と必死に抵抗しながらも、力なく「すみませんでした」とつぶやいた。

◼視聴者は大満足

『スッキリ』MCとして活躍する現在の加藤とのギャップを視聴者は大いに楽しんだようだ。

◼4割が「黒歴史あり」

思い出したくもない、恥ずかしい過去の自分の言動や態度を「黒歴史」と呼ぶが、しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,358名を対象に調査したところ、全体の約4割が「人には言えない黒歴史がある」と回答している。

黒歴史

狂犬と呼ばれ、芸風も尖りまくっていた加藤、このコント映像だけでなく、いま思い返せば「黒歴史」だらけの芸人人生だったのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ