「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【ビューティー通信】この秋の“絶対美肌”を作る、スゴ腕新作ベースメイクをご紹介!

2019/8/12 13:00 Suits-woman.jp

日本各地で猛暑のいま、とにかく暑い!しかし、暦の上では立秋。その気配など微塵も感じませんが秋が始まりました。ファッション同様、美容界もすでに秋冬モード。前回、秋の新色アイカラーをご紹介しましたが、8月に入ると秋冬のベースメイクも続々とリリースされます。

この秋のベースメイクは、気になる肌悩みはきちんとカバーしながらも、その仕上がりはナチュラルで、素肌が美しいと錯覚させるほどの仕上がり感。厳選紹介するとなると本当に悩みましたが、今年らしさを象徴する3品をご紹介します。

重ねても重ねても粉っぽさゼロ!まさに肌と一体化

近年のファンデーションの進化はめまぐるしいものがありますが、パウダリーファンデーションはその最たるもの。パウダリーファンデーションは、お手軽、しっかりカバーができるというメリットがありますが、一方、ツヤがでない、厚塗りになりやすい、という声もありました。

ところが、アルビオンから登場する「パウダレスト」は、そんなパウダリーのデメリットを見事払拭し、これまで体感したこともないような仕上がり感を実現。というのも、とにかく粉っぽさがゼロ!肌にのせた瞬間、粉が溶け込むようになじみ、ピタッとフィット。すべすべなめらかなのに気になる毛穴の凹凸まできちんとカバーしてくれます。しかも、長時間これが持続するというスグレもの。この表現、これまでのパウダリーファンデーションにも使っていましたが、この「パウダレスト」は別次元。とにかく驚きの一体感なのです。この感動をぜひ肌で味わってみてください。

パウダレスト(SPF12・PA++) 全6色 各5,000円(ケース込み)/アルビオン(8/18発売)

パウダレスト(SPF12・PA++) 全6色 各5,000円(ケース込み)/アルビオン(8/18発売)

リキッドをそのままスティック状にした心地よさ!

2年ほど前からちらほらと出てきたスティック状ファンデーション。その魅力は何と言ってもその塗りやすさ。顔の上にスーッと線を引き、あとは手かスポンジでのばせばOK。適度なツヤを残しながらも肌にしっかりとフィックスし、崩れにくいのもポイントが高いところです。しかし、このスティック状にする技術というのが難しく、まだそれほど主流の形状とは言えませんね。

そんなスティック状ファンデーションが、ベアミネラルから登場。なんと「CR ハイドレイティング ファンデーション スティック」は、固形化するのにネックとなる“水”に着目。確かにみずみずしい肌に“水”は必要不可欠だけど、現実は水分が多くなるほどに固形化するのは困難を極めるもの。ところがそんな難問にも果敢に挑み、ついに完成したのがこちらというわけ。固形であるにもかかわらず、ミネラル豊富な水系成分を30%以上も含み、ウォーターベースのリキッドファンデーションをそのままスティック状にしたかのようなみずみずさ。さらに注目したいのが、このファンデーションを塗るために開発されたシリコンとスポンジの両面仕様のメイクパフ。シリコン面は水分を吸収しないから、ファンデーションの潤いやスキンケア成分を肌全体に届けることができ、つややかな肌に。スポンジ面はフィット感を高め、ソフトマットな肌に仕上げることができます。ファスナー付き専用ケースもついているから、携帯にも便利ですよ。

CR ハイドレイティング ファンデーション スティック(SPF25・PA+++) 全8色 各4,200円・デュアルサイド シリコン ブレンダー 1,800円/ベアミネラル

CR ハイドレイティング ファンデーション スティック(SPF25・PA+++) 全8色 各4,200円/ベアミネラル

デュアルサイド シリコン ブレンダー 1,800円/ベアミネラル

クッションコンシーラーで仕上げる、ワンランク上のこなれ美肌

気になる肌悩みをカバーするのに使うコンシーラーですが、メイベリンから新登場したコンシーラーは部分的に使うだけでなく、ファンデーション的に肌を仕上げることができるお利口さん。これを可能にしたのが、マルチユース用クッションチップと、スムーズに広範囲に伸びて均一に仕上がるクリーミーフォーミュラ。クッションチップに液を含ませたらポンポンとのせてそのままチップでスーッと伸ばすだけで、手を汚さず、部分的にも広範囲にも使えちゃうのです。だから、従来のコンシーラーとして使うだけでなく、ファンデーション的にも使えちゃうというワケ。目の下を始めとした頬は肌の色に近い122番、130番で仕上げ、明るめのカラー100番をハイライトに、暗めのカラー142番をシェーディングにすれば、簡単にコントアメイクが完成。小ぶりサイズで持ち運びもしやすいし、お値段もカワイイから、3本セットで持っていてもいいかも!

メイベリン インスタント コンシーラー 全4色 各1,200円/メイベリン ニューヨーク 

メイベリン インスタント コンシーラー 全4色 各1,200円/メイベリン ニューヨーク

20代は地肌より1トーンも2トーンも明るい色を選ぶ傾向にありますが、ベースメイクの質が本当にいいので、たとえ明るすぎる色でも不思議とマッチしてしまうのが昨今のベースメイク(とはいえ、首との色の違いは否めないけど、本人たちはあまり気にしていないみたい)。イマドキの毛穴レスなつるんとした肌は、年齢に関係なく、最新のベースメイクで手に入りますよ。

賢人プロフィール

ビューティーエディター・ライター
藤井優美エステティシャンを経て、1992年よりフリーランスのエディター・ライターとして活動。美容雑誌『美的』は創刊時から携わり、現在は、美容雑誌『MAQUIA』をはじめ多くの女性誌を中心に、スキンケア、メイク、ヘアケア、ボディケア、インナーケアといった美容全般の企画、構成、執筆を担当。HP➡http://dis-moi.co.jp/ インスタ➡https://www.instagram.com/yuumifujii.beauty/

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ