「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

あなたに本気な男性が見せる「慎重アプローチ戦略」4つ

2019/8/11 17:45 愛カツ

恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板【愛カツ】 恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板【愛カツ】

意中の彼の脈ありサイン、必死で探してしまいますよね。

男性は相手に本気であるほど、慎重にアプローチする一面があります。

一見、ただの友達として親切にされてるだけ、と思える行動も実は彼の作戦かもしれません。

今回は、そんな彼らの戦略を紹介します。

あなたに本気な男性が見せる「慎重アプローチ戦略」4つあなたに本気な男性が見せる「慎重アプローチ戦略」4つ

①グループで集まるイベントに毎回誘う

男性は、慎重に対応を進めたい「本命女子」がいると、グループで集まるイベントに毎回誘う、ということがあります。

いきなりデートに誘って断られるよりは、彼女が警戒心を抱かない状況でとにかく会いたい、彼女の顔が見たい、という気持ちがあるのです。

また、みんなで楽しい時間を過ごせば、その楽しい時間を作った構成員である自分への印象もUPするはず、という計算もあります。

なぜか毎回イベントに誘ってくれる彼。あなたへの連絡係のフリをして、実は「慎重アプローチ」を実行しているのかもしれません。

②「あの子が好き」と周囲に言い、巻き込む

男性は、時間をかけて慎重にアプローチしたい「本命女子」が現れると、「あの子が好き」と周囲にカミングアウトすることがよくあります。

①で解説した「みんなで集まる場」に誘いやすいようお膳立てしてもらうこと、自分のいい評判を流してもらうこと、などを意図しているのです。

一方、体目当ての女子には、これをしません。周囲から「好きだって言っていたくせにヤリ捨てするなんて最低」という烙印を押されるためです。

他の誰かから「アイツお前のこと好きらしいよ。みんな知ってるよ」なんて話を聞いたら、意外と信憑性があると思って間違いないでしょう。

③少額のプレゼントやお土産をマメにくれる

あなたに本気な男性が見せる「慎重アプローチ戦略」4つあなたに本気な男性が見せる「慎重アプローチ戦略」4つ

男性は、慎重にアプローチして付き合いたい「本命女子」には、気を遣わせない少額のプレゼントやお土産などをマメにあげることがあります。

センスのアピールや話題作りができるというだけでなく、彼は、お金をかけずして「見る目のある男」であると思われたいのが一番の理由です。

単にカッコつけたいなら、高級品をあげればいいことです。そうではなくて、彼はあなたと「何をどんな理由で良いと思うか」という「価値観の共有」をしたいのです。

いつも「ちょっとしたもの」をくれる彼。今後何かをもらったら、「なぜこれを選んだのか」を必ず話題にしましょう。

彼は自分の視点を熱く語り出し、話のわかるあなたのことを、ますます好きになるはずです。

④穴場の飲食店情報を積極的に提供する

男性は、慎重に時間をかけて落としたい「本命女子」には、穴場の飲食店情報を積極的に提供します。

実際、下心を全く見せずに、二人だけでそのお店に行くことを提案してくることもあります。

普通、本当に穴場だと思っているお店の情報は、人を選んで教えるものです。

味が分からない人やお店側の心遣いのわからない人には、足を運んで欲しくないと考えるからです。

そんな情報を教えてもらえる、誘ってもらえる、ということは、彼があなたに本気で長期のお付き合いを描いている可能性が高いです。

彼にとっての「聖地」に足を踏み入れるチャンスを活かし、距離を縮めましょう。

本命女子とはもう脳内で付き合っている!?

賢い男性は「慎重にアプローチして付き合いたい」と考える「本命女子」に対して、直球で口説くということをしません。

まず周りを固め、徐々に自分色に染めていくなど、きちんとした戦略に基づいて行動する傾向があります。

そんな彼は、すでに脳内でその女性と付き合っている可能性が高いです。付き合った後一緒におこなう行動をイメージできているからこそ、自分の世界に招き入れようという発想になるのです。

友達以上恋人未満な彼、がいる女子は、彼の行動にそんな戦略が含まれていないか、よく思い出してみましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ