「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

酷暑の外より涼しい映画の世界。「PG-13で怖すぎないホラー映画」10選

2019/8/10 18:00 ギズモード・ジャパン

Video: ギャガ公式チャンネル/YouTube Video: ギャガ公式チャンネル/YouTube

ホラーで少しでも納涼。

暑いから外に出たくない。でも家にいても暑い。それならホラー映画でも見てちょっとでも涼しくなりましょう。怖すぎるのが苦手な人のためにPG-13の怖すぎないホラー映画10本、ご紹介します。あくまで涼しくなるためで、怖くて眠れなくなるためじゃないので。

10. シックス・センス

M・ナイト・シャラマン監督の大ヒットホラー映画『シックス・センス』。愛する人を失い悲しみに暮れるブルース・ウィリス演じる主人公と死んだ人が見える少年のお話で、衝撃のラストシーンが有名です。ここではネタバレさせません。ラストを知っている一度見た人も、ラストを知っているからこそ見つけられる気づかなかったところをもう一度見て、探してみてはいかがでしょうか。

9. リング

『リング』ですねー。一世風靡しました。公開からずいぶんと時が経った今でも長い黒髪の貞子ネタは健在。ハリウッドでもリメイクされています。ホラー映画は好きではない人が多いく、さらにはビデオを見た人は7日以内に死んでしまうというストーリーなので、映画を見たら死ぬんじゃないかくらいに思えるはずのこの映画、なぜか見ている人がとても多いんですよね。

8. クワイエット・プレイス

ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント主演(こちら実生活でご夫婦)の音を立てたら速攻で謎の生物が殺しにくるという状況で生きる家族のお話です。音を立てたら即死というストーリーなので、ずっと音無し映画かと思いきや、思った以上に会話はあります。それでいて一瞬も気の抜けない緊張感もありです。

7. ホワット・ライズ・ビニース

監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で一躍スターとなったロバート・ゼメキス。主演はハリソン・フォードとミッシェル・ファイファーです。子供が大学進学で自分たちの元を離れたのをきっかけに、バーモント州の湖畔に引っ越し夫婦二人だけの生活が始まるのですが、隣の家の人の様子がとても怪しく、さらには夫がなにかを隠し事をしていることに気づく妻。それを探ろうとしているとどんどん色々なことが起こり始める...というストーリーです。サスペンス寄りのストーリーです。

6. アザーズ

日光アレルギーの子供たちと、なぜかすごく不気味な使用人たち。主人公の母親ニコール・キッドマンは霧と奇妙な音に包まれた古い屋敷で正気を失いそうになりながらも、怪奇な現象に立ち向かって謎が解明するストーリーです。シックス・センスに似せているとの声もありますが、こちらは1945年イギリスという古い時代設定なので、重ためのビンテージな雰囲気がまた違った怖さを出しています。

5. クローバーフィールド

巨大な怪物がニューヨークに現れ大パニック! というストーリー。今や超売れっ子監督となったJ・J・エイブラムス。ハンディカムで撮影されたような映像なので、ドキュメンタリー風になっていて、一体なにが起こっているのか説明されることもなく、怪物よりも混乱して逃げ惑う人々をリアルに描いているところがこの映画のポイントです。

4. MAMA

不気味なピエロのホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督が、『IT』の前に監督したのがこの映画。『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー作品賞、アカデミー監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロが製作総指揮に入っている映画です。5年間行方不明になっていた幼い姉妹が森の中の小屋で発見されるのですが、5年間2人だけで生き延びていた様子の姉妹は二足歩行もままならない、言葉も不自由。2人を引き取った主人公の周りで不思議なことが起こり始め、また「ママ」という言葉を発するその意味は? ミステリー+ホラーです。

3. ライト/オフ

これを見たら、電気消して寝るのが嫌になっちゃうかもしれません。この映画はもともとデヴィッド・F・サンドバーグ監督がたった3分間の短編映画で作ったものを長編化したもの。より詳しく背景が説明されたものです。映画のキャラクターのみなさん同様、見ている間ずっと手に汗を握ってしまうホラー映画です。

2. インシディアス

『ソウ』のジェームズ・ワン監督の映画です。新しい家に引っ越した一家が、この家は呪われているんじゃないかと感じ始めるのですが、まぁ気づいた時にはもう遅いんですよね。引っ越しをするもまだ怪奇現象が続く...というストーリー。ちなみにこちらシリーズ化されていますので、もっともっと暑さをしのいでゾクゾクしたいみなさんは、シリーズ一気見も可能です。

1. スペル

『死霊のはらわた』シリーズで有名なサム・ライミ監督作品。サム・ライミ監督はホラー映画の監督っていうイメージだったのですが、いきなりスパイダーマンシリーズを監督して幅を広げた方です。でもホラー映画はお得意で、こちらの『スペル』はめちゃ王道のホラー映画です。銀行の融資を担当しているクリスティンは、ある老婆の融資の延長を却下。ブチ切れたばあさんは彼女に呪いをかけるのですが、クリスティンは本当に呪われて怪奇現象が彼女に降りかかるというストーリー。

さていかがでしょう。気になるホラーありますでしょうか。クーラーをつけて電気を消して鑑賞すれば、暑さも吹き飛びます。ぜひぜひ納涼ホラー、お楽しみください。

Source: YouTube (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ