「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

マツコ、女性活躍のためには「ジジイ達がリタイアするしかない」と苦言

2019/8/9 07:00 キャリコネニュース

マツコ・デラックスさん マツコ・デラックスさん

世の中には女性のニーズを捉えて大ヒットした商品が数多あるが、そうした商品を社内で通して発売にまで持っていくのは結構大変なようだ。

8月7日の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、お菓子メーカーの商品開発部に所属している会社員から「新商品のテーマで『女子校生や子供にウケるもの』や『オシャレ路線』などを要求されるが、部署には男性が多く、決定権もおじさんが握っているため、何を提案しても首を傾げられる」というお悩みメールが紹介される。

マツコ・デラックスさんは「テレビ局なんて最たるもの。『女性目線で!』って永遠に言い続けている」とターゲットのことをよく理解していない人達が、会議で議論している様子は珍しくないと口にした。(文:石川祐介)

「女性の政治家なんて頭の中は男性だから。やってることは男と変わらない」

マツコさんは、「これからの時代は女性を登用しなければいけない」という意識が普及してきたため、各企業では女性活用に積極的に取り組んではいるものの、

「ジジイ達がリタイアしないと新しい時代にはなりません」

と中高年の男性社員がいなくならい限り、変わらないと指摘する。

一方で「女性の政治家なんて頭の中は男性だから。『女性の味方です!』って言ってるけど、やってることは男と変わらない」と、政治や会社の中で中心メンバーをなるような女性は、男性主導社会の中で戦い抜いてきたため、男性よりも男性的な考え方を持っている人もいるというマツコさん。

女性が活用できる世の中になってきているが、本当の意味での女性目線的な意見が出てくるかは難しそうだ。

そこで、有吉弘行さんは、「AIが普通の主婦の気持ちを集めてきて、勝手に決めればいい」と人間が知恵を絞るよりもAIのほうがベターなアンサーが出せると語った。

女性活用には働き方の見直しが必要不可欠

帝国データバンクの「女性登用に対する企業の意識調査」(2018年)によると、女性の管理職の割合がゼロの会社は48.4%で、2016年の50.0%とほとんど変化がない。さらに、「現在と比較して今後女性管理職は増えるか」という質問に、「増加する」(24.6%)は3割にも満たなかった。

女性活用が叫ばれるようになって久しいが、企業側の意識はなかなか改善されていないようだ。ただ、女性の管理職が増えない原因には、女性側の意識も影響しているかものしれない。あしたのチームの調査では、「将来管理職になりたいか」と女性社員に聞くと、「そう思う」(14.3%)という回答は非常に少なかった。

しかし、この結果を見て「女性の意識が低い」、と結論づけるのは早計である。「どのようなサポートや制度があれば管理職になりたいか」について、「プライベートや家庭と仕事を両立しやすいサポート体制」(50.0%)が最も多かった。管理職になると仕事中心になり、ワークライフバランスが崩れてしまうことが主要因にあると思われる。

働き方を見直さずに、人材の多様性や女性活用を謳うことは順序が間違っている。企業はもう一度、従業員の働き方を見直すことが不可欠だろう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント18

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ