「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【恋とキャリアの上方修正】社長に抜擢されたキャリア女子を引きずり下ろす、女の嫉妬と怪文書メール~その1~

2019/8/6 15:00 Suits-woman.jp

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女性に多い「女性社員に嫉妬され、足を引っ張られること」についてお話します。

「君がいなければ会社が回復できない」と懇願されて転職を決意

外資系のコンサルティング会社で活躍していた山本香苗さん(仮名・39歳)が、都内で教育出版事業を手掛ける会社にマーケティング部長として転職をしたのが2年半前のこと。

きっかけは、当時の上司と恩義のある証券会社の役員の2名に猛烈に懇願されて、しぶしぶ転職したという経緯がありました。

その背景には、2年半前当時、教育出版会社の創業者の山本オーナー(仮名・62歳)が、旧知であった香苗さんの上司に人探しを依頼ことがありました。山本オーナーは、かねてからの出版不況とあわせて、IT化の波に乗り遅れたことで、経営状態は極めて厳しい状況にあることを危機感をもってとらえていたのです。その結果、香苗さんに白羽の矢が立ったのでした。

「君があの会社に行けば、きっとV字回復する」と尊敬する上司に言われて、うれしくなった香苗さん。しかし、会社への未練もあります。悩む香苗さんの背中を押したのは、上司、山本オーナー、恩義ある証券会社の役員の3名の懇願。社会的立場がある人にそこまでお願いされては……と思い、しぶしぶ転職することになったのでした。

それでも、企業再生に取り組める機会はそうそうありません。ましてや、山本オーナーも香苗さんに大きな期待を寄せてくれています。香苗さんは、持てる力のすべてを尽くして、この会社の再建に力を注ぐことにしました。

赤字が黒字になって、転職先での流れが変わったが……

古参の女性社員が味方をし、社長に抜擢される

まずはマーケティング部長として就任し、各企画から広告や営業全般を見直し。同時に、各役員や社員にもヒアリングを繰り返していきます。しかし、社員の中での香苗さんの評判はさんざん。山本オーナーの一存で呼んできた女性マーケティング部長に対して、皆はあまり好意的ではありませんでした。

やがて、香苗さんの動きが、入社半年ほど経つと随所で功を奏しはじめます。もちろんV字回復ではありませんが、赤字当然の月次決算が黒字へと変わってきたのです。

すると、それまでは香苗さんの動きに、無関心な素振りを見せていた役員や社員も、香苗さんに対して協力的な態度を取ってくれるようになりました。これまでのヒアリングでは、なかなか本音を明かしてくれなかった、社員や役員のさまざま意見も耳に入ってくるようになります。

その中でも、香苗さんにとって心強かったのは、古参の女性社員たちの支持が多かったことでした。会社は旧態依然とした古い体質で、やや男尊女卑の風潮があり、いまどきセクハラまがいの発言が普通に行なわれる社内の空気を、同じ女性である香苗さんが活躍してくれることを皆が期待してくれているのでした。

さらに、「香苗さんが今の改革を進めていくのなら、協力を惜しまないから、何でも言って欲しい」そう口を揃えて、香苗さんを応援してくれていました。

しかし、そこで、女性社員たちの言葉を真に受けてしまったことが、後々、香苗さんにとっては大きな痛手を負う原因になっていくのです。

入社から1年半が経ち、会社の業績が回復基調になってきたところで、香苗さんは山本オーナーに呼び出されました。「社内の改革を進めつつ。経営的な新機軸を打ち出して、いよいよ本格的な再生に向かってほしい」そんな山本オーナーからの要請は、社長に就任してほしいとのこと。この背景には、古参の女性社員たちの猛プッシュがあったと言われ、まんざらでもない香苗さん。

とはいえ、これまで経営者としての経験のない香苗さんは、一瞬躊躇します。しかし、結果的には快諾することになりました。以前から社員や他の役員、何より多くの古参の女性社員たちが、香苗さんのことを応援してくれていたので、皆の力を借りれば、できるだろうと思ったからです。

事実、社内に香苗さんの社長就任が発表されたときには、社員はもちろん役員、そして前社長までが皆好意的な態度を示してくれました。自分に掛かる期待の大きさを、ひしひしと感じたそうです。

そうして香苗体制を整えるべく、社内の組織変更をはじめとした、各種懸案事項の解決に着手。そして人事評価や給与体制、さらにはリストラにも手を入れていきます。

新たに作成し直した事業計画に対する、金融機関の評価も高く、資金面における経営の安定化にも目途がたち、まさに香苗さんのプランどおりに、会社が再生に向かう気配を見せ始めていました。

そんなある日、香苗さんに山本オーナーから社長解任の話が……!?

転職後、社長になり大改革を実行、社員の笑顔が増えるも、その裏では嫉妬と反感が渦巻いていた~その2~に続きます。

プロフィール

恋愛・キャリアの賢人 小川健次

恋愛カウンセラー/営業・マーケティングコンサルタントとして、年間約500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のためのアドバイスが支持される。同時に、中小企業を対象とした営業、マーケティングのコンサルティングを行なう。 株式会社リエゾンジャパン代表取締役、社団法人感覚刺激と脳研究協会理事ほか、多岐にわたる活動をしている。
Blog : https://ogawakenji.com/

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ