「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

20匹のダニが6週間で3000匹に!? 日々の生活の中で心がけたいダニの対処法

2019/8/5 10:35 FYTTE

20匹のダニが6週間で3000匹に!? 日々の生活の中で心がけたいダニの対処法 20匹のダニが6週間で3000匹に!? 日々の生活の中で心がけたいダニの対処法

専門家が教えるダニの危険性!

雨の日に窓を開けている画像

ダニの種類はさまざま。体長は1mm以下で見つけにくいものが多く、湿度が上がることで爆発的にふえることも。銀座禅クリニック院長のコッツフォード良枝先生によると、生きているダニだけでなく死んでいるダニも危険なのだそう。

ダニの死骸やフンは生きているダニより軽いので、気づかないうちに吸い込んでしまう可能性が。ダニの死骸はアレルギーによる喘息や鼻炎の原因になり、最悪の場合アナフィラキシーショックを招いてしまうこともあるとのこと。

6月27日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系)では、東京アレルギー呼吸器疾患研究所の白井秀治先生も登場しました。白井先生は、ダニの生態や正しい駆除方法を伝授。家で見つかるダニはおよそ10種類で、とくに厄介なのが人間のフケやアカを好んで食べるチリダニだそうです。繁殖力が強いチリダニは湿度が高い梅雨から夏にかけて一気に増加。白井先生はダニが20匹いたら、6週間で3000匹まで繁殖する場合があるとコメントしていました。

寝室やリビングでの正しいダニの対策方法

白いベッドの画像

ほかにも白井先生は、家の場所ごとに適した掃除の方法を披露。寝室は人の体温でベッドの温度や湿度が上がるので、ダニにとって最高の環境だそう。ダニは30分間55度以上の熱をあて続けると乾燥して死滅するため、布団乾燥機などで温めるのが効果的。温めたあとは必ず、掃除機で死骸やフンを吸い取りましょう。また家に乾燥機がない場合は、コインランドリーに行くのがおすすめ。コインランドリーの乾燥機は80度以上のものがほとんどなので、カンタンにダニを駆除することができるそうですよ。

続いて紹介してくれたのはリビングの掃除方法。カーペットは掃除機をしっかりかけて、死骸やフンを一掃します。その際、ハウスダストを舞い上げないように要注意。カーペットの繊維の奥を吸い取るイメージで、掃除機を押して繊維を立たせるのがポイントです。掃除機は1平方メートルあたり20~30秒を意識して、ゆっくりかけてくださいね。

ソファの場合は溝部分を中心に掃除機をかけるのがコツ。これらの方法にネット上では、「これでダニにかまれるツラさとさよならできるかも!」「時間はかかるけど意外とカンタンだからムリなく続けられそう」といった声が上がっていました。

日頃できるダニ対策をしっかり行って、快適でストレスフリーな生活を目指しましょう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ