「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【東京さんぽ】落ち着いた雰囲気が魅力的な街。ゆったり過ごせる三宿エリアへ

2019/8/4 11:45 ことりっぷ

【東京さんぽ】落ち着いた雰囲気が魅力的な街。ゆったり過ごせる三宿エリアへ 【東京さんぽ】落ち着いた雰囲気が魅力的な街。ゆったり過ごせる三宿エリアへ

池尻大橋と三軒茶屋のにぎやかな駅前から少し足をのばすこと10分ほど。ちょうど中間に位置する三宿(みしゅく)はハイセンスで洗練されたショップが連なるエリアです。おしゃれで個性的なお店、木々や花に癒される世田谷公園があり、のんびりとした雰囲気も感じられます。

喧噪を逃れ、ゆったりした時間を過ごせる三宿エリアへ、日々の疲れた心とカラダを癒やしにいきませんか。

個性豊かなショップが並ぶ、自由な大人が集う町

自然に囲まれた世田谷公園 PHOTO:PIXTA

三宿の最寄り駅である三軒茶屋は、著名人も多く住むオシャレで都会的なイメージですが、下町情緒が漂う昔ながらの商店街へ立ち寄るのも楽しいですよ。劇場やホールなどがあるカルチャータウンでもあるので、上映後には温かみのあるカフェや音楽バーでリラックスして。

池尻大橋寄りの三宿通り沿いには、洗練されたインテリアショップ、アートを堪能できるカフェなどハイセンスなショップが建ち並びます。緑豊かな世田谷公園もあるので、大人の街歩きにぴったりです。

繊細な氷と濃厚シロップの上品な口どけ「和kitchen かんな」

いちごと抹茶、ふたつの味が楽しめる「若葉」(950円)。シロップは三段階でかけられている

世田谷公園のすぐ近くにある「和kitchen かんな」は、ふわふわの氷に、カラフルなシロップがたっぷりかかったかき氷が話題の和カフェ。芳醇な味わいと、とろりとした舌ざわりが特徴のシロップは、定番や季節限定を合わせて常時20種類以上。「濃厚紫いも牛乳」など、素材の自然な甘みを生かしたシロップが人気です。

「濃厚紫いも牛乳」(800円)は、上にかけられた天然の錦ゴマが味のアクセント

氷は、48時間かけてじっくり凍らせた純氷を使用。プラス250円で、日光・松月氷室の天然氷に変更することもできます。氷を削る械器の刃は、気温や氷の状態によってミリ単位で細かく調整。氷そのものにもほんのり甘みを加えているので、最後までおいしく食べられますよ。

小麦の豊かな風味が広がるバゲット「シニフィアン シニフィエ」

その日のおすすめや、夕食のメニューに合うパンなど、スタッフと相談しながら購入できる対面式販売

「Signifiant Signifié(シニフィアン シニフィエ) 世田谷本店」は、全国のパン好きから注目を集めるブーランジェリー。ショーケースに美しく並べられているのは、生地に添加物、保存料を一切使わず低温で長時間発酵させた、小麦本来の旨味を感じられるパンの数々です。

「クロワッサン オ ルヴァン」(270円)は、発酵バターをたっぷり使ったサクサク食感

素材にこだわり、特製のガス窯で焼き上げるパンはハード系が人気です。店のスペシャリテであるバゲットは数種類を用意。噛むほどに、口のなかで小麦の味わいが広がります。バゲットはハーフサイズでも購入できるので、ひとり暮らしにもうれしいですね。

素材と縫製にこだわった上質なハンカチ「H TOKYO」

個性的なデザインがそろうデザインハンカチ(1620円~)は、まるで“気軽に持ち歩けるアート”

「H TOKYO 三宿店」は、常時200 種類以上を取りそろえるハンカチ専門店。無地やチェック、ストライプといったシンプルなものから、デザイナーや写真家とコラボした個性的なものまで、幅広いデザインが並びます。

ハンカチは新作のほか、豊富なラインナップから常に入れ替えているそう

綿や麻、ガーゼ、タオル地など良質な素材は海外からもセレクト。縫製は日本にこだわり、主に横浜の工場で丁寧に縫われています。店内では刺繍のサービスも行なっているので、オリジナルの一枚を作ることもできますよ。

兄妹ブランド「swimmie」のハンカチや、そのハギレを使用したバッグやブローチ、ミラーなどの布小物もつい手に取りたくなるかわいさです。

鎌倉野菜とアートが楽しめるカフェレストラン「サンデイ」

鎌倉野菜にこだわったヘルシーな「鎌倉野菜のローストと日替わりデリのプレート」(1230円)

「SUNDAY CAFE ART RESTAURANT(サンデイカフェアートレストラン)」は、“現代美術コレクターの自宅”というコンセプトのカフェ&レストラン。リビングやダイニング、書斎、テラスなど異なるイメージで構成された空間には、美術品の蒐集が趣味のオーナーがセレクトしたアート作品が飾られています。

モダンヨーロピアンな空間を演出した店内。地下1階ながら、陽光も射し込む

メニューには、毎朝シェフが鎌倉で調達してくる新鮮な野菜を使用しています。調理にも添加物をほとんど使わず、野菜本来の優しい味が楽しめるのが魅力。ワッフルやシフォンケーキなど、デザートメニューもおすすめです。

心が弾むキュートな雑貨たち「クララ」

陶芸作家・鹿児島睦さんとイギリスの陶器メーカー、ジョン・ジュリアンのコラボアイテム

「klala(クララ)」は、北欧を中心に、国内外のかわいらしい品のあるアイテムが並ぶセレクトショップ。優しい光に包まれる店内には、暮らしにしっくりとなじみ、彩りを与えてくれる生活雑貨がそろいます。

ウェブサイトにも店内とほとんど同じラインナップがそろう

一点ものの食器、海外のヴィンテージアクセサリー、国内の最新ステーショナリー、こだわりのハンドメイドの焼菓子など、バラエティ豊かな雑貨や食品たちが並びます。不思議と統一感が漂っているのは、オーナーが「自分が欲しいものだけを置く」と決めているから。贈り物にはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりです。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ