「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

SKE48怒濤のセットリストに最年長・須田亜香里もタジタジ!?

2019/8/4 21:01 日刊SPA!

日刊SPA! 日刊SPA!

―[TIF2019]―
 8月2日(金)から3日間行なわれた「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(以下、TIF)。最終日のHOT STAGE(Zepp DiverCity Tokyo) に、SKE48が登場した。

 この日は、松井珠理奈、惣田紗莉渚、末永桜花を除く最新シングル「FRUSTRATION」選抜メンバーに、斉藤真木子を加えた16人が登場。1曲目から新たに古畑奈和がセンターを務めた最新シングル「FRUSTRATION」を披露し、会場の観客を煽っていく。続いて、「青空片想い」「Gonna Jump」「手をつなぎながら」といったライブで盛り上がるナンバーを披露。集まったアイドルファンを徐々に、SKE48の世界に引き込んでいく。

 その後、「パレオはエメラルド」「Stand by you」「アイシテラブル」といったシングル曲で一気にたたみかける。SKE48の楽曲のなかでも、アイドルファンに耳なじみのありそうな楽曲のラッシュに会場の熱気もメンバーたちのパフォーマンスの熱量も高まっていっているように感じられた。

 この怒濤のセットリストに最年長・須田亜香里はMCで、「あと10秒休憩もらってもいいですか? ここ(浅井裕華)干支一回りも違うコと同じ曲やってると体力ではないけど、たんが絡んでくるの」と話し会場の笑いを誘う。すると須田会(SKE48内で須田を慕うメンバー)の浅井が「それでも可愛いです」と須田愛を伝え、さらに会場からは笑いが起きていた。

 ライブのラストには「未来とは?」を披露。センターには江籠裕奈が入り、気持ちのこもった圧巻のパフォーマンスを見せる。ライブ終盤でありながら、「FRUSTRATION」のセンターを務める同期の古畑奈和にもひけをとらないキレ味の鋭さを見せてくれた。

 新センターの誕生で、各メンバーのモチベーションも高まってきたように思えるSKE48。夏のライブシーンを駆け抜け、その先に新しい姿を見せてくれる未来が待っていそうだ。

取材・文/八木康晴(本誌) 撮影/山川修一

―[TIF2019]―

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ