「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

フェス、キャンプ、災害…酷暑を乗り切るアウトドアガジェット3選

2019/8/3 15:51 日刊SPA!

【BRUNO ポータブルミニファン】 【BRUNO ポータブルミニファン】

 台風やゲリラ豪雨は心配だが、野外フェスやキャンプなどのアウトドアアクティビティが増えてくるこの季節。自然の猛威に苦しまず、快適に過ごすためのアイテムをアウトドアライター・PONCHO氏が厳選した。

「野外フェス、キャンプ、そして災害時に必要なものは、案外共通しています。普段の生活で当たり前に手に入るもの、便利なものの多くが使えなくなるからです」

 その筆頭といえば電気。近年はフェス会場やキャンプ場でも充電エリアが増えているが、モバイルバッテリーを用意しておいたほうが、並ぶ必要もなくラクだ。

◆モバイルバッテリーになる軽量&コンパクトなファン

「この夏、モバイルバッテリーと一緒に用意しておくと便利なのが、ポータブルの扇風機です。ここ数年、暑い季節に開催されるフェスの会場でも、小さな冷風に当たる人を見かけることが増えました。BRUNOのポータブルミニファンは、昨年も早々に売り切れとなった人気商品です。

 手持ち・卓上兼用のUSB充電式ミニ扇風機で、持ち手の部分がモバイルバッテリーにもなります。電気のこない災害時の避難生活では、小さくともその涼しさに、カラダも心も安まるでしょう」

【BRUNO ポータブルミニファン】
折りたためばカバンやリュックにもしまいやすいコンパクトなサイズに。ファン部分のみをUSBケーブルでパソコンなどに繫ぎ、卓上ファンとして使うこともできる

価格:2484円(税込み)
サイズ:W105×H225×D40mm
重量:約190g

◆充電池、スマホへの充電とLEDライト機能を搭載!

 モバイルバッテリーは必需品と言えるが、災害時には充電ができなくなる可能性も高い。そこで普段から用意しておきたいのが、充電池や乾電池を使ったモバイルバッテリーだ。

「PanasonicのUSB入出力急速充電器は、繰り返し使えるニッケル水素乾電池のベストセラー『エネループ』への急速充電、モバイル機器への乾電池を使ったチャージ、さらにLEDライトで周囲を明るく照らせる3機能を装備した充電器です。

 乾電池式のモバイルバッテリーなので、充電が切れたらコンセントなどの電源がなくても手持ちの電池に交換するだけでOK。災害時にはたいてい支援物資に乾電池があるので、それらを活用できます」

【Panasonic USB入出力急速充電器 BQ-CC87L】
災害などで役立つ充電池を急速充電、モバイルバッテリーにもなり、アタッチメントをつければLEDライトにもなる。明るさも十分で、約11時間点灯と頼もしいかぎり

実勢価格:3800円
サイズ:W66×H85×D28.5mm
重量:約85g(電池・USBコード別)

◆ビールや炭酸飲料もOK! 長時間保冷のサーモボトル

 そして最後は夏場には欠かせない、水分補給に役立つアイテムだ。

「海洋プラスチック問題の広がりによってマイボトルブームが訪れていることもあり、現在はさまざまなブランドからサーモボトルが発売されています。そこで夏フェスで使うことを前提にした場合、REVOMAX2をイチオシしたいです。

 飲み口が広口で、しかもフタがワンタッチで外せるので、人混みのなかでも使い勝手がいいんです。そのうえ、瞬時に内圧を逃がしてフタが開くので、炭酸水を入れても噴きこぼれません。つまり、猛暑の野外フェスでも、冷たいビールを冷たいまま、おいしくいただけるのです!」

【REVOMAX2】
保冷は約36時間、保温は約18時間という驚異的な持続力を誇る。開けるときはボタンをプッシュ、閉めるときはレバーを上げるだけ。荷物が多いときや、人混みのなかでも手軽に使える

価格:5980円(税抜)
サイズ:L300×W87mm
重量:約482g

 フェスでも災害時でも不便なことは多いが、できるだけ便利ガジェットを活用して、ストレスの少ない時間にすることが大切だ。

<取材・文/林泰人(本誌) 撮影/荒熊流星>
※実勢価格は7月第3週の大手通販サイト参照。そのほかは公式販売サイトによる

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ