「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【招待券プレゼント】惑星の名前のドリンク片手に星空観賞♪ 有楽町「プラネタリア TOKYO」

2019/8/3 14:45 ことりっぷ

【招待券プレゼント】惑星の名前のドリンク片手に星空観賞♪ 有楽町「プラネタリア TOKYO」 【招待券プレゼント】惑星の名前のドリンク片手に星空観賞♪ 有楽町「プラネタリア TOKYO」

2018年の12月に有楽町にオープンした「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」は、日本初のツインドーム型プラネタリウム。併設のカフェのスイーツやドリンクを飲食できるプログラムや、お酒を片手に映像美を堪能できる曜日限定のバーなど、これまでにない楽しみ方ができます。満天の星々の下でこころ癒されるひと時を過ごしてみませんか?

国内唯一!2つのドームを楽しめる最先端のプラネタリウム

プラネタリウム機器を開発する「コニカミノルタプラネタリウム」の直営。天井にも太陽系の銀河をデザイン

数寄屋橋交差点に建つ、有楽町マリオンの9階にある「プラネタリア TOKYO」。日本初のツインドーム型プラネタリウムとして2018年末のオープン以来、大人が楽しめるプラネタリウムとして人気を呼んでいます。

見た目も味もグッドなメニュー。「カフェ プラネタリア」

右上:スターリーボトル(各972円)。飲食可能プログラム以外は、カフェ前のスタンドを利用して

館内には、コニカミノルタプラネタリウム初となるカフェ「cafe Planetaria(カフェ プラネタリア)」を併設。メニューには惑星の名前が付いたドリンクやカクテル、天の川をイメージした綿あめにサンドイッチなどが並び、上映前後のひと休みにも利用できます。一部のプログラムではカフェで購入したものをドーム内に持ち込み、映画館のように作品鑑賞と飲食を楽しめます。

左から:ネビュラソフトクリーム(648円) マーズ(734円)、ギャラクシードーナツ(540円)

銀河の美しさをグレーズで表現した「ギャラクシードーナツ」は、ふんわり食感。ほどよい甘さのグレーズはすべて手作りで、どの“銀河”も異なる表情です。「ネビュラソフトクリーム」は、紫芋のソフトクリームとバウムクーヘン。“星雲”を思わせる、アラザンが食感のアクセントです。

惑星の名前のドリンクも素敵です。「マーズ」は、火星の青い夕焼けをイメージ。上の炭酸の層と、下の赤いレモン&ラズベリーの層を混ぜてすっきり飲めるモクテルです。

宇宙をイメージした深い青の空間に誘われる「DOME2」

『銀河シート』は、ペア(4200円~)とシングル(2100円~)がある

博物館のようにクラシックなエントランスに導かれた先に、美しい青色の空間が広がる「DOME2」。繊細な星の瞬きまでもリアルに再現する最新投映機と立体音響システムを取り入れています。

金糸・銀糸が織り込まれた西陣織の『銀河シート』

こちらでは、きめ細かな音の表現を取り入れた作品や、アロマが香るヒーリングプラネタリウムを上映。非日常的な宇宙の美しさに癒されます。

作品をゆったり鑑賞したいときには、靴を脱いでくつろげる『銀河シート』を利用してみて。家具メーカーに特注したソファシートがふんわり体を包み込み、宇宙を漂うような気分でリラックスできますよ。

360度の高画質映像で、作品を“体験”できる「DOME1」

演劇の要素や星座解説などライブ感ある演出が楽しめる

もう一方の「DOME1」は、床からドーム天頂まで、部屋全体を包み込むような投映が特長の多目的デジタルドームシアター。フルデジタルの映像にパフォーマーの共演や音楽の生演奏などを取り入れた作品を上映し、その世界に入り込んだような一体感を味わえます。

こちらのドームでは、プログラムを鑑賞しながら飲食が可能です。

星空の下でカクテルを。ひみつにしたくなる曜日限定のバー

上映のシーンによっては、カメラの画質の調整で人影も撮影可能

毎週金曜の夜だけ「DOME1」で上映される「Bar PLANETARIA(バー プラネタリア)」は、知る人ぞ知るとっておきのプログラム。“星空の名所”をテーマにした絶景と星空の作品を映します。

このバーの時間は飲食のほか会話も可能。スタンディングで自由に写真を撮影したり、座ってゆっくり星を眺めたり、お酒を片手に自由に過ごせます。

世界屈指の星空も。ハワイ旅行気分に浸れるプログラム

「Bar PLANETARIA」(1ドリンク付き・2000円※入場は20歳~)スタンディングとチェア(自由席)で楽しめる

6月中旬から上映している作品のテーマは「ハワイ」。世界屈指の美しさを誇るハワイ島のマウナケア山頂から見える星空を再現し、ハワイに古くから伝わる星の呼び名を紹介します。また、美しいビーチや青空、臨場感あるサンセットもドームに広がり、都会にいながらリゾート気分を満喫できますよ。

この9月からは、これまでの金曜に加えて木曜の夜にもバーが楽しめるようになります。より気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね。「ハワイ」プログラム限定の「ポリアフ」(奥・756円)

「Bar PLANETARIA」開催日には、限定のカクテルやポップコーンも登場。

「Poliʻahu(ポリアフ)」は、雪の女神をイメージしたモクテル。ヨーグルトベースに、バタフライピーで青く色付けしたパイナップルフレーバーのゼリーが重なり、デザート感覚でいただけます。マウナケア山の雪の白と、ハワイの海のようにあざやかな青のグラデーションがきれいです。

ギフトショップで星空旅行のおみやげ探し

左:カラフルな「プラネットロリポップキャンドル」(648円)、星のかけらのハーバリウム「ボトルドギャラクシー」(3780円)、ラズベリーとスパークリングワインが香る「オリジナル紅茶 STARRY TOKYO」(ティーバッグ5個入り702円)

作品を楽しんだら、最後はカフェのとなりにある「GALLERY PLANETARIA(ギャラリー プラネタリア)」へ。ここは、“銀河のどこかにあるという秘密のお店”がテーマのショップです。

棚には星のかけらのような宇宙モチーフのアイテムが勢ぞろい。入浴剤にキャンドル、ジュエリーなど、見ているだけでもワクワクします。自分へのおみやげや、ちょっとした贈り物を探すのにもぴったりですよ。

非日常を楽しみに、気軽に訪れたくなるプラネタリウム

コニカミノルタが誇る最新投映機 「Cosmo Leap Σ」

ほかにもVRアトラクションの体験ができるなど、魅力がたくさん詰まった「プラネタリア TOKYO」。80年前に東京初のプラネタリウムとして開設され、当時の人々に愛されていた「東日天文館」のように、現代の私たちに星空の魅力を伝えてくれるプラネタリウムです。

炎天下の夏日や、雨の日のお出かけにもおすすめですよ。ぜひ訪れて、銀河旅行気分を楽しんでくださいね。

特別鑑賞引き換え券を5組10名様にプレゼント♪

「プラネタリア TOKYO」の特別鑑賞引き換え券を5組10名様にプレゼント♪詳細をご確認の上、アンケートに答えてご応募くださいね。

〇「プラネタリア TOKYO」
[有効期間]2020年3月31日 (火)
[使用について]一部鑑賞になれない作品がございます。当日チケットカウンターでお問い合わせのうえ、時間指定の入場券とお引替えください。 
○応募締切:2019年8月18日(日)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ