「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

猛暑日のディズニー体験談がヤバい 「死ぬかと思った」「汗の量が…」

2019/8/3 05:46 しらべぇ

全国的にうだるような暑さが続いているこの一週間。今後も猛暑が続くと予想されているが、夏休みやお盆休みにはテーマパークに「遊びに行きたい」と思っている人もいるのでは。

そんな中、女性向け掲示板「ママスタジアム」に「猛暑日のディズニー」というトピックが立てられ、注目を集めている。

■ディズニーに行こうか迷っている女性

近々、ディズニーランドに遊びに行こうと思っている様子のトピック主。しかし、不安もあるようで、「汗だくになりながら遊ぶの? 想像しただけで倒れそう」と述べる。

そして、他のネットユーザーに対して「この時期行ったことある人教えてー」と質問したのだった。

関連記事:ディズニー嫌いが語る「ディズニーランドへ絶対行きたくない10の理由」

■「死ぬかと思った」「半端ない」

すると、この問いかけに対し、他のネットユーザーからは「汗ダラダラ」「死ぬかと思った」など、さまざまな過酷な体験談が寄せられることに。

べつにディズニーに限った話ではないものの、この時期に長時間屋外で過ごすのは、やはり大変なことのようだ。

「歩いてるだけで、汗ダラダラだよ。飲み物もすぐなくなる。屋外で並ぶアトラクは本当にキツかった。屋根があっても蒸し蒸しして不快。歩いてるだけで体力奪われて、辛い。夏ディズニーなんて日中は楽しめない」

「死ぬかと思った。とにかく暑くて体力消耗が半端ない、汗だくで化粧もはげ、ベタベタのベチョベチョのデロンデロンのぐでんぐでんって感じ。パレード待ちは地面からの熱気で息ができないし、陽炎が見えた」

「汗だくになるからこまめに休憩取るしかない。朝一で入って効率よくファストパス取って、時間が来るまではレストランで休んだり。汗の量ハンパないし、人の量もハンパない。ほとんどミラコスタかランドホテルだったから途中2時間ぐらい昼寝に戻ったりしてた」

「2年前にいきました。当時2歳、4歳と小学生を連れて。暑くて途中でホテル帰ったよ。しかもバスで15分かかるホテルに笑 子供は抱っこ抱っこで、本当に死ぬ思いだった笑 夜は涼しかった」

「できれば酷暑のディズニーは慣れた人がオススメ。頭の中に細かいルートが入ってると暑くなってもすぐ退避できる場所がわかる。レストランの混雑予想ができる人はなお良い。逆に、ディズニーあまり行かない人や、頭の中に地図ルート入ってない人は本当に倒れる恐れあり。慣れてない人は酷暑時期は避けたほうがいい」

■創意工夫も必要?

しかし、一方では「ディズニーって暑さ対策してるから案外大丈夫」との声も。どの程度から暑いと感じるかは人それぞれなため、「意外と平気」と思う人もいるようだ。

また、中には「我が家は午前中遊んで昼は一旦ホテルで休憩。夕方からまた入り夜まで遊ぶ。大体毎年このパターンで2泊してる」など、炎天下のなかで遊ぶために、創意工夫をしていると明かす人も。

■元キャストに聞いた

ディズニー好きでない人にとっては「熱中症の危険とかもあるのに、無理に真夏に行かなくても……」と思ってしまう人が多そうな猛暑日ディズニー。一体、どこがそんなに魅力なのか。また少しでも快適に遊ぶにはどうすればいいのか。

しらべぇ取材班は大のディズニー好きで、以前キャストとして働いていた経験を持つ女性に話を聞いた。

ーー猛暑日でもディズニーに行きたくなる理由は?

「夏は、水がかかるショーをやっているので、それ目的の人もいると思います。びしょ濡れになれるのってこの季節だけじゃないですか。あと単純に長期休暇じゃないと遠方の人はなかなか遊びに来れませんからね。

でも、実際によく真夏に遊びに行っている身から言えることは、真夏のディズニーは『とにかく暑い』の一言ですね。私は今年はまだ行ってないんですが、周りの友人の中には『去年の3倍は暑い』と言ってる人もいますね」

■猛暑日ディズニーを乗り切る方法

ーーでも、屋内アトラクションとかありますし……

「いやいや、みんな考えることは一緒で、中で休めるカントリーベアシアターとかマーメイドラグーンなどのアトラクションは常に混んでるんです。まあ、そもそも園全体が混んでるんですけどね。ファストパスがアプリで取れるようになって移動時間が減ったのは大きい変化かなと思いますが」

ーー少しでも快適に乗り切る方法は?

「普通の答えで申し訳ないんですが、小型の扇風機や団扇、日傘を持っていくことでしょうか。あと、水分補給が遅れないように注意すること。ディズニーランドって自販機が園内に3箇所しかないので、ペットボトルはなかなか買えないんです。その分、アイスはいたる所で売っているのですが、それも行列ですし。

どうしてもの場合は、レストランに逃げ込むのもいいと思います。ただ、そうするともう二度と外には出れなくなる可能性もあるでしょうけど」

正直なところ、暑さに打ち勝つ方法はないようだ。そして、普段なら耐えられないような猛暑でも、十二分に楽しめてしまうほど、ディズニーはファンにとって魅力的な場所のようだ。

(文/しらべぇ編集部・倉本薫子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ