「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

パンサー尾形が「自分は若手」と言い切る理由が悲しすぎる 「恥も外聞もない」

2019/8/2 11:30 しらべぇ

(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

1日深夜放送『アメトーーク』(テレビ朝日系)にパンサー・尾形貴弘が登場した。尾形は同番組に出演するため、芸歴17年ながら「自分は若手」だと主張し、その悲しすぎる理由を熱弁。視聴者から大きな反響が起きている。

◼スポーツ推薦芸人

スポーツ推薦・特待生として進学した「スポーツ推薦芸人」が集まったこの日。尾形は、名門・仙台育英高校から中央大学にまでサッカー推薦で進学した名選手として出演する。

しかし、尾形は同番組で「(仮)バラシ芸人」としても登場済み。仮バラシとは、テレビ業界用語で「タレントのスケジュールを仮で押さえたが、諸事情で出演をキャンセルする(バラす)こと」。

そこで事前の打ち合わせで尾形に「まだ仮です」と伝え、その反応を見るミニドッキリが撮影された。

関連記事:パンサー尾形、ヤバすぎる下半身事情を妻が激白 「毎晩、寝ている間に…」

◼尾形が主張する「若手の基準」

スポーツ推薦芸人にやる気をみなぎらせる尾形だったが、マネージャーから「仮」と伝えられると表情が一変、「なんでよ。スポーツ推薦といえば俺じゃん」と怒りを滲ませる。

さらに「若手に負けたらどうします?」と自身より若手芸人が選ばれる可能性を示唆されると、「俺は若手だから。中堅みたいなこと(番組スタッフに)言ってない?」と牽制。

42歳、芸歴17年の尾形だが「俺は(笑いの)技術がないんだから若手じゃん」と、悲しすぎる若手の基準を口にした。

◼必死のアピールも…

その後、打ち合わせに来た番組スタッフに必死に自身をアピール。しかしほかの若手芸人が候補になっていると告げると、「俺も若手。(ほかの若手に)チャンスをあげないで」と猛反論。

ヒートアップして「(俺が)どんだけ芸歴積んできてると思ってるんですか?」と、それまでの若手との主張から意見をひるがえすなど、支離滅裂なアピールを繰り返した。

◼視聴者からはさまざまな意見

出演陣から「ウソが多い」「技術がないから若手っていうのはやめて欲しい」と指摘されるも、最後まで「若手でいたい」と漏らし続けた尾形。視聴者は尾形の発言に、さまざまな意見が寄せられている。

パンサーのボケとネタ作りは菅良太郎、ツッコミと回しは向井慧が担当しており、尾形は「元気」担当とされている。

イジられキャラとして人気を博す尾形だが、お笑い芸人としての技術は決して高くはない。それを自身が理解しているとはいえ、若手とは言えない芸歴なのは間違いないだけに、「技術がないから若手」という理論はあまりにも悲しすぎる暴論と言えよう。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ