「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

なぜTVは報じない? 昭和天皇の御真影燃やした「あいちトリエンナーレ」、著名人からも批判続々

2019/8/2 12:59 リアルライブ

百田尚樹氏 百田尚樹氏

 1日から愛知県名古屋市美術館などで開催されている「あいちトリエンナーレ(triennale)2019」の展示物が物議を醸している。

 ジャーナリストの津田大介が芸術監督を務めた本展示。しかし、企画展「表現の不自由展・その後」の中に慰安婦像が設置されていたり、「焼かれるべき絵」として昭和天皇の写真を焼く映像が展示されていたり、物議を醸している。

 そんな中、本展示に抗議を寄せる著名人も続々登場している。

 高須クリニックの高須克弥院長は、ツイッターを通じてこの展示に怒りをにじませ、「日本人の統合の象徴に対する侮辱です。国家への侮辱です」と抗議。現在名古屋市に自宅を構えている高須氏だが、「この穢らわしい展示物を片付けなかったら名古屋市民やめます」と納税地を変更することも明かし、愛知県知事の大村秀章知事にツイッター上でダイレクトメッセージを送ったことも告白している。

 また、タレントのフィフィは「あいちトリエンナーレ」に税金が投入されていることについて「政治的メッセージを自由に表現したいのなら、私費でしたらよいのでは」と苦言。さらに、「昭和天皇の御真影を焼く映像を芸術における表現の自由で許されるとは思わない。例えばコーランを焼いたり、国旗を焼いたり、それを芸術として評価するのだろうか、そんなのは下品なプロパガンダだ」と厳しくつづっている。

 さらに、自民党の和田政宗参議院議員は「何なんでしょうこれは。。。」と絶句。事実確認を取るとした上で、「あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る」としていた。

 そのほかにも、作家の百田尚樹氏がツイッターで「芸術という看板を掲げれば、何をしてもいいのか!」と怒りをあらわに。愛知県あま市の市議会議員・森こうじ氏は「愛知県民として情けない。強く抗議する!」と表明していた。

 多くのネットユーザーからも批判が集まっている本展示。ネットでのこの騒動の中、テレビのニュース・情報番組では取り上げられないことも注目を集めている。果たして、このまま続行するのだろうか――。

記事内の引用について
高須克弥公式ツイッターより https://twitter.com/katsuyatakasu
フィフィ公式ツイッターより https://twitter.com/FIFI_Egypt
和田政宗公式ツイッターより https://twitter.com/wadamasamune
百田尚樹公式ツイッターより https://twitter.com/hyakutanaoki
森こうじ公式ツイッターより https://twitter.com/morikouji_ama

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント30

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ