「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

年齢や職歴で諦めるのはもったいない!「私らしい」キャリアを築くには?

2019/8/1 16:00 Suits-woman.jp

「先輩が復職後、第一線から外されるマミートラックにのってしまったらしい」
「育児や介護と仕事の両立って、今の会社で本当にできるのかな......」

今の職場環境や仕事内容に違和感や不安を覚えながらも、年齢や職歴を理由になかなか一歩踏み出せない堅実女子も多いのでは?このようなキャリアの悩みを相談できる相手が、身近にいない人も多いでしょう。

そんな働く女性の悩みを解消できる「キャリアデザインCafé」が、先日株式会社リクルートキャリアによって開催されました。

女性エンジニア・コンサルタント経験者向けのイベントでしたが、他の業界や職種の人でもキャリアを考える上で非常に為になる内容だったのでご紹介しますね。

「野球型」から「サッカー型」へ。働く人に優しくない企業は淘汰されていく

結婚や出産、介護などのライフイベントによって女性のキャリアは様々な影響を受けます。女性活躍推進や働き方改革の必要性が叫ばれていますが、実際のところどうなのか気になる人も多いでしょう。企業のウェブサイトや求人広告の文言をそのまま信じてよいか悩んでしまいますよね。

イベントのオープニングセッションに登壇したリクナビNEXT編集長 藤井薫氏は、「働く人に優しくない企業は労働市場から淘汰されていく」としています。

変化のスピードが速いこれからの時代に求められる企業のあり方は、自分の持ち場がはっきりとしており、監督の指揮通り動くことが求められる場面の多い『野球型』ではなく、一人ひとりがプレイヤーとして臨機応変に動いて、力を発揮することが求められる『サッカー型』の組織。そのため、企業としてもこれまで以上に人材が持つ可能性に期待し、その能力を活かせる環境を整えることが求められます。一人ひとりのメンバーの力量が大きく結果を左右するベンチャー企業ほど、その大切さに気づいていることが多いようです。

もちろん多くの大手企業も、積極的に働きやすい環境づくりに取り組んでいます。イベントでは、IT・コンサル業界の大手企業の女性社員の方々の話も聞くことができましたが、やりがいのある仕事に全力で取り組みながら、プライベートも充実しているとのこと。会社の制度だけでなく、家族や一緒に働く仲間の協力が働きやすさにつながっているようです。

働く人がその能力を活かせる職場づくり。その動きは今後ますます活発になっていくのではないでしょうか。

リクナビNEXT編集長 藤井薫氏。

年齢や職歴......これまでの常識が崩れ始めている

多くの企業が働きやすい職場づくりに取り組んでいるとはいえ、まだその動きを実感できない堅実女子もいるでしょう。

「今の会社で働き続けられる自信はないけど、この年齢や職歴じゃ転職なんてできないだろうな......」と諦めてしまっている人もいるかもしれません。

人生100年時代の到来、そしてミドル世代の転職が盛り上がりつつあるといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。

藤井氏によると、年齢や異業種へのチャレンジなどこれまで転職の壁とされてきたものは崩れつつあるようです。たとえば、女性エンジニアでみると35歳以上の転職決定者数は増加傾向にありますし、イベントに参加した方の中には異業種から転職した方もいました。

年齢や職歴ではなく、その人が持つスキルや経験がより重要視される流れにあるようです。

「私なんて......」という人に!活かせる強みの見つけ方

「私なんて、アピールできるような大したスキルも経験もない」という人もいるかもしれません。でも、各種資格や語学力、論理的思考力などだけがスキルではありません。細かい気配りができることや年代や習慣、経験が異なる人たちとうまく仕事をしていけることだって、立派なスキルといえるのです。

自分では気づくことができない強みを引き出すため大切なのが、他者との対話。家族や友人、職場の同僚、人材紹介会社のキャリアアドバイザーと話すことで、自分を客観視できるようになります。今回のようなイベントに参加することも、新たな気づきを得られるでしょう。

「仕事も家庭も」は欲張りではない

「女性活躍推進や働き方改革の機運の高まり」、そして「年齢や職歴といった壁の崩壊」。これらの流れは、仕事も家庭もどちらも全力で頑張りたい女性にとって追い風ともいえるでしょう。もちろん悩みを解消する方法は転職だけではありません。視線を外に向け、人と話したり、情報を集めたりするだけでも、様々な選択肢が見えてくるでしょう。もし現状にモヤモヤを感じているなら、一歩前に踏み出してみてはいかがでしょうか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ