「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

片栗粉食べて飢えしのいだ 訳あり美人姉妹の幼少期体験が話題に

2019/8/1 07:41 しらべぇ

(SabdiZ/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (SabdiZ/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7月31日に放送された「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)では、世田谷に住む双子の美人姉妹が登場。その外見からは想像もつかない幼少期の壮絶な体験がネット上で話題になっている。

■一見訳ありに見えない美女姉妹

この日の放送では「衝撃…訳あり美女SP」と題し、スタッフが由比ヶ浜のビーチで出会った27歳の双子姉妹の自宅を訪問。

それぞれ広告デザイナー・SEとして働いており、多少ズボラなところはありつつも家事は万能、一見しただけでは訳アリには見えない二人だが、27歳にして九九の7の段が上手く言えず、小学校の算数から勉強中という意外な一面も。

その理由について聞かれると…。

関連記事:「レンタルお父さん」特集に視聴者騒然 サービスに称賛も「取られるぞ…」

■父親を亡くし、水で溶いた片栗粉を食べる生活

4歳で父親を癌で亡くすと、心を病んでしまった母親は二人の養育を放棄。「水で溶いた片栗粉とかを食べてました」と幼少期の体験を告白。

その後山奥の児童養護施設に預けられたという二人は、そこでお互いに助け合いながら料理や洗濯などのスキルを身に着け、18歳の時にそろって上京。そこからは自立した生活を送っているのだという。

今でもひとつ屋根の下で仲良く暮らしている二人は、お互いを「もうひとりの自分」と呼び、「施設に入れられた時にひとりだったらグレてました、母親には、双子で産んでもらえたことに感謝してます」と、ひとりではなかったからこそ辛い境遇にも耐えられたと語った。

■ネット上の反応「番組が泣かせにきてる」

番組を見た視聴者からは「めっちゃいい話」「仲いい双子って羨ましい」といった反応が寄せられた。

また、姉妹の前に登場した「訳あり美女」が父親を癌で亡くした20歳のOLだったことから、「今夜は泣かせにきてる」「不覚にも泣いた」と、思わぬ感動系エピソードの連発に泣いてしまった人もいたようだ。

「双子だから乗り越えられたってエピソードが素敵」

「番組感動しすぎてやばいんだけど!」

「なんで泣ける回ばかりなんだ。成人式お父さんに見せたかったなと泣いている娘さんに涙」

「いやー、泣けた。特にガンとお父さんを家で看取る家族。ホント素晴らしい。絆。大切」

■訳ありな家庭環境で育った人は…

しらべぇ編集部が全国の20代~60代男女1381名を対象に「自分の育った家庭環境がよかったか」について質問をしたところ、「あてはまる」と回答したのは全体のおよそ半数。答えはほぼ真っ二つに割れる結果となった。

グラフ1世の中の半数の人は、大なり小なり「訳あり」な家庭環境で育っている。絵に描いたような理想の家庭で育ったという人は、じつはものすごくラッキーなことなのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・びやじま)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代 男女1371名

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ