「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

自ら尿道に長さ10センチの針を挿入した13歳少年 謎の動機を語る

2019/8/1 06:16 しらべぇ

(bashta/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (bashta/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このたび中国の少年が自分自身の下半身に異物を挿入し、医療機関に駆け込んだ。「なぜそんなバカなことを」と世間は首をかしげるばかり。

身体に激痛をもたらした少年のその奇行、真の動機は何だったのか。

■15時間も悩んだ末に親に相談

中国の陝西省西安市でこのほど、ある病院の泌尿器科の医師が13歳少年の身に起きた事例を報告し、波紋を広げている。少年はある時、自らの尿道に長さ10センチの針を挿入し、その後に発症した尿道の激痛に歩行もままならなくなったとして病院を受診した。

少年は独りで15時間も苦悶し、自分の力ではどうしようもならないと判断して母親に事情を打ち明けていた。母親が「なぜそこまで我慢していたの」と問いただすと、「恥ずかしくて誰にも知られたくなかった」と話したという。

関連記事:看護師が語る男性患者の勃起事情 「参考になった」「安心した」と称賛の声

■少年が医師に語った動機

2時間の手術を経て、医師は少年の体から慎重に針を抜き取ることに成功。組織が損傷を受けており、感染症も心配されたため投薬治療が続き、現在はかなり回復している。

少年は医師に動機を尋ねられると、「宿題がたくさん出ていた。勉強しなくちゃいけないのに眠気がひどくて、起きているために何か刺激が必要だと思ってやった」などと話したが、疑問な点も多い様子だ。

なお、針は鍼灸治療院を営む祖母宅から持ってきたものだった。

■男性が尿道に異物を詰め込む心理

「芯」を作るかのように尿道に異物を入れる、こうした奇行は中国では時おり確認されている。ほとんどが男性器のサイズアップや持続的な快感を狙ったものと考えられているが、泌尿器あるいは性器としての機能にダメージが残った例も少なくない。

・13歳少年が尿道に長さ20センチのUSBケーブルを挿入。血尿と激痛を訴えて受診し、摘出手術を受けた。動機については「そのような刺激で快感を得られると同級生の間で話題になっていた」などと説明。(2018年7月 中国竜江省で)

・35歳の男性が尿道に15本もの針を挿入。血尿に苦しむようになり受診し、摘出手術を受けた。担当医は「同様の症例に時おり遭遇する」と説明。

サイズアップが目的か、油性ボールペンの芯、温度計、針金など様々な物質を摘出したことがあるという。(2017年6月 中国遼寧省で)

・11歳少年が尿道に磁石ボール70粒を詰めこみ、膀胱部の激痛を訴えて受診。思春期に入り、自分の体に起きるようになった変化に好奇心を抱くうちに、衝動的に行なったと説明。 (2019年3月 中国浙江省で)

こうしたことから、このたびの13歳少年についても思春期の男子なりの好奇心や悩みを抱え、しかし素直にそれを認めたくなかったとの見方もできるのかもしれない。

■デカければ女性にモテる?

男性にとって、「サイズ」とはそんなにも重要なことなのか。

しらべぇでは、全国20〜60代の男性668名を対象に「アソコの大きさに自信がある割合」について調査していた。「デカければ女性にモテる」と思い込んでいる男性は3割強。これは多いというべきか、少ないというべきか。

いずれにせよ、「モテたい」という理由のために尿道を傷つけ、激痛を味わうなどナンセンス。女性にそれを知られたらドン引きされるはずだ。

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日 
対象:20代~60代の男性668名

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント10

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ