「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

浜崎あゆみの“過去の切り売り”ノンフィクション小説、今度は長瀬や元夫の暴露もある?

2019/7/31 21:00 リアルライブ

浜崎あゆみ 浜崎あゆみ

 歌手・浜崎あゆみ(40)が、育ての親で音楽プロデューサーのエイベックス・松浦勝人会長(54)との交際を、浜崎への取材を基にした小説「M 愛すべき人がいて」(8月1日発売、幻冬舎刊)で初告白していることを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同小説の著者は、「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家・小松成美さん。浜崎への取材を基に、98年の歌手デビューからトップスターへ上り詰めるまでの、サクセスストーリーに秘められた出会いと別れの物語を、赤裸々に描き出しているという。

 物語の中には、実在する人物が実名のまま登場。事実を基にしたノンフィクションノベルとあって、年齢をごまかして入店した六本木ヴェルファーレで松浦氏と出会ったこと、初めて結ばれた時のことや、突然訪れた破局に至るまでが、具体的な場所、そして生々しい会話とともに臨場感たっぷりに繰り広げられるという。

 「松浦氏には妻も子どももいるだけに、松浦氏の承諾がなければ出版には至らなかっただろう。いまだに根強いファンがいるだけに、それなりに売れそう」(出版関係者)

 浜崎といえば、このところヒット曲もなく、先日、20歳年下のバックダンサーとの熱愛が一部で報じられたが、まったく話題にならず。これまで封印していた“禁断の過去”を暴露した小説で起死回生を図りたいところだろう。

 「このパターンで小説ができるなら、実名は難しいだろうが、約7年間交際したTOKIO・長瀬智也との交際、外国人男性との2度の結婚についても書けるのでは。とりあえず、過去を切り売りしなければいけないほど、苦境に立たされていることを露呈してしまうことになった」(芸能記者)

 たとえ、この小説が売れたとしても、歌手として再ブレークするのは難しそうだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント15

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ