「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

新型「F8トリブート」は歴代V8フェラーリに敬意を示す“集大成”

2019/7/30 21:00 IGNITE

IGNITE(イグナイト) IGNITE(イグナイト)

フェラーリの新型V8ミッドシップスーパーカー「F8 Tributo(トリブート)」が日本上陸を果たしている。このモデルはV8エンジンを搭載した308GTB(1975年)やF40(1987年)といった名車の系譜をつむぐ、「488GTB」の後継モデルとなる。価格は3,245万円。

ちなみに「トリブート」は英語の「トリビュート」にあたるイタリア語で、敬意や賞賛を意味する。言うなれば、歴代V8フェラーリに敬意を示す集大成であり、史上最速かつスリリング、そして意のままにコントロールできるスーパーカーという存在でもある。

新型F8トリブートが搭載するエンジンは、先代488GTBの高性能版たる「488ピスタ」と同様、フェラーリ史上最強の3.9L・V8ツインターボになる。

IGNITE(イグナイト)

組み合わせるトランスミッションは7速デュアルクラッチで、最高出力は488GTBから+50psの720ps/8,000rpm、最大トルクも+10Nmの770Nm/3,250rpmを発生する。

IGNITE(イグナイト)

0-100km/h加速は0.1秒速い2.9秒、0-200km/h加速は0.5秒速い7.8秒をマーク。最高速度は340km/hにまで到達する。

また、ターボラグをまったく感じさせない瞬発力や刺激的なエキゾーストサウンドも大きな特長として挙げられる。

IGNITE(イグナイト)

ハイテク関連ではエアロダイナミクス効率が先代より10%上回るほか、車両姿勢制御のSSC(サイドスリップ・アングル・コントロール・システム)やブレーキ制御のFDE+(フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー)が最新バージョンに更新されている。

IGNITE(イグナイト)

ボディサイズは全長4,611×全幅1,979×全高1,206mm、ホイールベース2,650mm。そのデザインからは、歴代V8フェラーリへの敬意が窺い知れる。たとえばエンジンルームを覆う超軽量のレキサン樹脂製リアウインドウは、F40のデザイン要素を現代的にアレンジしたもの。片側2灯式の丸型ツインテールランプも、308GTBなどの伝統的なデザインを再現したものになる。

IGNITE(イグナイト)

コックピットはドライバー重視のクラシックなレイアウトを踏襲しながら、ダッシュボードやセンターコンソール、ドアパネルなどを一新。また、新世代のHMIに加え、新デザインのステアリングホイールや円形エアベント、7インチのパッセンジャー・タッチスクリーンなども採用する。

(zlatan)

画像元:フェラーリ・ジャパン

IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ