「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「サブスク」&「クラウド」革命で、ゲーム専用機は消えるのか?

2019/7/28 08:30 日刊SPA!

Appleのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」 Appleのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」

◆ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

 ここ数年でゲーム業界の勢力図が大きく変わるのではないかと噂されています。そのキーワードとなるのが「サブスクリプション」と「クラウドゲーム」。2つは“ゲーム”にどのような影響を与えるのでしょうか。

 まずは「サブスクリプション」。日本語では「月額課金制」「定額使い放題」などと解釈され、動画配信サービス・NetflixやHuluの躍進で日本でも定着しました。このサブスクリプションがゲームの世界でも今後浸透していくと言われています。

 たとえばAppleは、ゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を今秋から展開予定。「150か国以上でApp Storeの新しいタブから、100タイトルを超える独占公開の新作ゲームを提供する」と発表しています。また、今年6月の世界最大のゲーム見本市「E3」では、ゲームパブリッシャー大手のユービーアイソフトが月額14.99ドルのサブスクリプションサービス「Uplay+」を9月に開始するとアナウンスしました。

 これまでハードホルダーがソフトメーカーを囲い、有力タイトルを独占するという手法がありましたが、サブスクリプションサービスが広がることで、NetflixやAmazonなど新規の大手プラットフォーマーが力を持つ状況が考えられます。実際にNetflixはサブスクリプションサービスではないものの、今年のE3でゲームへの本格参入を表明しています。

 サブスクリプションサービスは、コンテンツ力が勝負の決め手。人気シリーズや高い開発力を持つソフトメーカーの争奪戦が起き、グローバルなレベルでゲーム業界が再編される可能性を秘めています。「PlayStation Plus」や「Nintendo Switch Online」で有料会員サービスを行っているハードホルダーがどう動くか、スクウェア・エニックスのような大手ソフトメーカーがどこと組むのか、あるいは独自でサブスクリプションサービスを立ち上げるのか。そのあたりの動向もカギを握ります。

◆クラウドゲームなら専用ハードがいらない

 もうひとつのキーワード「クラウドゲーム」は、Googleの新ゲームプラットフォーム「Stadia(ステイディア)」(北米などで11月開始予定)で注目を集めました。クラウドゲームは、オンライン上のサーバから手元のスマホやPCにゲームが配信され、専用のハードなしでいつでもどこでも手軽にプレイできるのが特徴。「Stadia」の場合、ウェブブラウザのChromeを通してプレイできます。

 今のところ、次世代通信規格「5G」が普及しておらず、アクションゲームの遅延の懸念もあって、一気にクラウドゲームが幅を効かす状況ではなさそうです。とはいえ、音楽ではCDプレーヤー、映画ではビデオデッキ、DVDプレーヤーが今や必須ではなくなってきたように(ベータとVHSで規格を争っていた時代が懐かしいですね)、ゲームハードも近い将来、過去の遺物となるのは時代の必然でしょうか。

 クラウドゲームという形でなくとも、最近はコンシューマハードに加え、「Steam」を中心としたPC向けにもマルチプラットフォーム展開するタイトルが非常に増えてきました。専用ハードの優位性は薄れてきています。

◆ソニーや任天堂はどうなる?

 こうなると困るのは、長年イニシアチブを取ってきたハードホルダー。特にソニー(SIE)のPSハードは高性能化を推し進めてきた分、PCと直接的にバッティングしてしまい、ゲームハードとしての存在意義をなんとかして打ち出さざるを得なくなります。

 一方、任天堂は今以上にアナログ感覚のあるおもちゃ的なハードに舵を切り、生き残りを図るのではないでしょうか。ゲームと連動するフィギュア「amiibo」や、段ボールキットを組み立てる『ニンテンドーラボ』のような“モノ感”を持った遊びは、PCでは単純には代用できません。

 果たして、ゲームハードは消滅するのか、それとも新たな概念のゲームハードが生まれるのか……。個人的には、まだ進化の余地が多いコントローラ(入力デバイス)が、PCとの差別化を図る決め手になる気がします。手や身体に装着する、目の動きや表情に反応する、脳波でキャラを動かす……。単純にソフトを読み込むための機器という時代は終わって、新感覚の入力デバイスを核とした装置がゲームハードと呼ばれていく、そんな予感がします。

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ