「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

“普段使い”できる清澄白河の「東京都現代美術館」。多彩な展覧会や貴重な美術図書資料に、感性を磨くパブリックスペースも充実

2019/7/27 00:00 オズモール

◆“普段使い”できる清澄白河の「東京都現代美術館」。多彩な展覧会や貴重な美術図書資料に、感性を磨くパブリックスペースも充実
オズモール
Photo: Kenta Hasegawa
日本の戦後美術を中心に国内外の現代美術を扱っている清澄白河の東京都現代美術館。ここには、上野の東京都美術館で展覧会を通して集まった約3000点の作品と、5万8000部もの貴重な美術図書資料が引き継がれているという。2019年3月には、約3年にわたる休館を経てリニューアル・オープン。カフェ&ラウンジや美術図書室などパブリックスペースも充実の“普段使い”できる美術館で、休日のアートなひとときを満喫しよう。

オズモール
上/Photo: Kenta Hasegawa
下/リニューアル・オープン記念展「MOTコレクション 第1期 ただいま/はじめまして」2019年 Photo: Keizo Kioku
2019年3月にリニューアル・オープン!“普段使い”できる美術館に
約5400点の収蔵作品を活かしたコレクション展示や、大規模な国際展など、幅広く現代美術に関する展覧会を開催している東京都現代美術館。総数27万冊もの国内最大規模の美術関連図書資料を揃えた美術図書室を備え、現代アートの作家と共同で作品を制作するワークショップや講演会などで美術を広める活動も積極的に展開している。

主な所蔵品は、アメリカのポップアートを代表するロイ・リキテンスタインの《ヘア・リボンの少女》(1965年)などで、見ごたえのある現代アートが揃っている。

2019年3月29日(金)には、約3年の休館を経てリニューアル・オープン。カフェ&ラウンジや美術図書室などのパブリックスペースの整備とともに、館内の各施設を隅々まで楽しめるように、新たなサインと一体的にデザインされた什器を設置し、“まちに開かれた美術館”をめざしたという。「目の前に広がる木場公園の続きのように“普段使い”できる美術館をお楽しみください」と広報担当者さん。

企画展やコレクション展はもちろん、美術館へのおでかけそのものを目的にする休日もいいかも。

オズモール
「東京都現代美術館ロゴアクリルキーホルダー」864円
現代アートのユニークなグッズが揃うミュージアムショップ
「NADiff contemporary(ナディッフ コンテンポラリィ)」は、現代アート関連書籍をはじめ、多様なアーティスト・クリエイターによるユニークなプロダクトを取り揃えていて、“ここでしか出会いないモノ・コト”を発見し、体験できるミュージアムショップ。

おすすめのオリジナルグッズは、東京都現代美術館のロゴをあしらったカラフルな「アクリルキーホルダー」(864円)。こちらは、アクリル工場で什器などを作る際に出る端材を材料にした、リサイクルの先を行く“アップサイクル”なアイテムになっている。本来は捨ててしまう端材を使うため、生産ごとにさまざまなカラーが入荷するのもポイント。その時にショップで見つけたカラーは今後入荷しない可能性もあるので、一期一会の出会いとも言えそう。来館記念の一番人気というのも、うなずける。

このほかに、東京都現代美術館のロゴを大胆に配置したA4サイズの「東京都現代美術館ロゴクリアファイル」(324円)なども販売。ロゴ部分が透明になっていて、中の書類の色によってロゴの表情が変わるのも面白い。

現代アートの魅力とともに、そのスピリットを持ち帰ろう。

オズモール
レストラン 100本のスプーン「絵になる席」
子連れでも楽しめる。感性を高めるアートなカフェやレストラン
館内のレストラン「100本のスプーン」では、契約農家から直接仕入れた野菜や産地直送のこだわり食材を使った日替わりのランチコースが楽しめる。コースは「オトナのランチコース」(平日2041円、土日祝2365円)と、12歳以下の「コドモのランチコース」(1382円)があり、それぞれ前菜・メインディッシュ・デザート・自家製パン(子供はライス)・ドリンク付き。

また、こちらのレストランでは、メニューへのこだわりとともにアートな仕掛けにも注目を。例えば、キッズスペース「アトリエ」にあるみんなでつくる彫刻では、大人も子供も気軽に作品づくりを楽しめたり、テーブルで食事をする姿が作品になってしまう「絵になる席」があったり、メニューの表紙が塗り絵になっていたり。美術館ならではのアート体験ができるのも、楽しい。

オズモール
カフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」イメージ
カフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」は、定番と日替わりのサンドイッチやオリジナルドリンクを片手に、アート鑑賞の余韻を味わえる空間。ここでは、単なる具材ではなく、レストランのシェフが考案した料理たちをパンに挟む。

鯖のソテーにチリソースを絡めて香草とレモンをきかせた「沼津港直送 鯖のオリエンタルサンドイッチ」(734円)や、自家製のカスタードと旬のフルーツをクロワッサン生地で挟んだデザートサンドイッチ「自家製カスタードとフルーツのサンドイッチ」(626円)など、個性豊かなサンドイッチが揃う。

その日の気分に合わせて、サンドイッチとオリジナルドリンクを組み合わせながら、店内でもテイクアウトでも自由に選んで味わって。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ