「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

映画まとめ7月26日公開 映画紹介&予告編 「アルキメデスの大戦」劇場版「仮面ライダージオウ」「騎士竜戦隊リュウソウジャー」「ペット2」

2019/7/26 18:43 MAiDiGiTV

映画まとめ7月26日公開 映画紹介&予告編 「アルキメデスの大戦」劇場版「仮面ライダージオウ」「騎士竜戦隊リュウソウジャー」「ペット2」 映画まとめ7月26日公開 映画紹介&予告編 「アルキメデスの大戦」劇場版「仮面ライダージオウ」「騎士竜戦隊リュウソウジャー」「ペット2」

「アルキメデスの大戦」菅田将暉主演 戦艦大和建造巡るサスペンス 山本五十六に舘ひろし

 映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」(田崎竜太監督)が、7月26日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。「平成仮面ライダー」シリーズの20作目となる特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の劇場版。「仮面ライダージオウ」は主人公の常磐ソウゴ(奥野壮さん)が時空を旅し、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、「最高最善の魔王」になろうとする姿を描く。劇場版は、登場人物それぞれの思惑が交錯する中、一つの未来が決まり、ついに「仮面ライダージオウ」最大の謎が明かされる。

 ソウゴは、クリム・スタインベルト(クリス・ペプラーさん)に助けを求められ、明光院ゲイツ(押田岳さん)、ツクヨミ(大幡しえりさん)らと、消滅の危機にある仮面ライダードライブを救うため戦国時代へと向かう。そこで後に「魔王」と呼ばれる織田信長(前野朋哉さん)と出会う。そんなソウゴたちの前に「歴史の管理者」を名乗る「クォーツァー」(DA PUMP)が、味方のはずのウォズ(渡邊圭祐さん)と共に立ちはだかる……というストーリー。

 テレビシリーズの最終回に先駆けて公開される劇場版は、「もう一つの最終回」と呼ぶにふさわしい衝撃と勇姿が詰め込まれている。コミカルな要素が強めの信長との絡みに始まり、クォーツァーと対峙(たいじ)する中盤以降は怒濤(どとう)の展開とアグレッシブなバトルシーンの連続。前半と後半で違うテイストを楽しめる。

 ジオウにまつわる謎の答えが提示されていく中、平成仮面ライダーとは何だったのかを今一度考えさせられた。ジオウだけでなく平成仮面ライダーを見たことがある人なら、きっと感慨深くなるだろう。劇場版「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」との2本立て。(遠藤政樹/フリーライター)

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」リュウソウ族のルーツに迫る大冒険!

 映画「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」(上堀内佳寿也監督)が7月26日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。スーパー戦隊シリーズ第43作となる「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)は、パワフルな恐竜の力と正義の魂を持つ騎士を掛け合わせたリュウソウジャーが、凶悪なドルイドンから地球を守るため相棒の騎士竜と共に戦う姿を描く。劇場版は、地球に隕石(いんせき)が衝突した6500万年前にリュウソウジャーがタイムスリップする。

 マイナソーの能力で、コウ/リュウソウレッド(一ノ瀬颯さん)たちは6500万年前の地球にやって来る。本物の恐竜たちが生息し、自らの先祖・リュウソウ族がドルイドンと戦っていた。そんな中、巨大隕石が地球に迫りつつあり、巨大マイナソーがリュウソウ族を滅ぼそうと暴れ出す……。

 俳優の佐野史郎さん、北原里英さん、スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」(2009~10年放送)で花織ことは(シンケンイエロー)を演じた森田涼花さんらがゲスト出演している。

 リュウソウジャーたちが過去へとタイムスリップし、リュウソウ族のルーツをたどっていくストーリーは見応えがある。劇場版ならではの壮大なスケールや迫力ある恐竜たちの姿には、胸を躍らされた。とにかくリュウソウジャーたちのカッコよさが炸裂(さくれつ)し、ヒーローものの醍醐味(だいごみ)を十分に味わえる。

 個性豊かなメンバーたちのさまざまな表情や感情が描かれ、キャラクターたちの新たな魅力を楽しめるのもいい。森田さんの出演という、スーパー戦隊ファンの心をくすぐる演出も心憎い。特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の劇場版「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」(田崎竜太監督)との2本立て。(遠藤政樹/フリーライター)

「ペット2」ペットたちの冒険がスケールアップ 吹き替え版はバナナマン、佐藤栞里らが続投 宮野真守が加入

映画「ペット2」本予告が解禁 伊藤沙莉が声優初挑戦 アニメスタジオ「イルミネーション」の最新作「ペット2」(クリス・ルノー監督)が、7月26日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開される。飼い主の留守中のペットの行動をコミカルに描き出した前作「ペット」(2016年)から冒険がスケールアップ。三つの物語が展開し、大騒動に集約されていく。オリジナル版では、名優ハリソン・フォードさんが農場犬ルースター役で、アニメーション映画初の声の出演をした。

 米ニューヨークのマンハッタンに住むケイティ(エリー・ケンパーさん)のペット、テリア系のマックス(パットン・オズワルトさん)と相棒の大型犬のデューク(エリック・ストーンストリートさん)の冒険から3年。ケイティが結婚し、可愛い赤ちゃんリアムが誕生した。しばらくして一家は牧場へと家族旅行へ出かける。

 そこで2匹は厳格な農場犬ルースター(フォードさん)と出会う。留守中にマックスからおもちゃを預けられたギジェット(ジェニー・スレイトさん)はうっかり、猫屋敷に落としてしまう。飼い主に捨てられた元ペット軍団リーダー、うさぎのスノーボール(ケビン・ハートさん)は、スーパーヒーローになり切って、悪徳サーカス団を相手に危険な救出劇に向かう……。

 日本語吹き替え版は前作同様、マックスとデュークの声にお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さんと日村勇紀さん。ほかに佐藤栞里さん、永作博美さん、沢渡みゆきさん、梶裕貴さん、中尾隆聖さんが続投。新キャラクターとして、悪徳サーカス団長セルゲイ役に宮野真守さん。ルースター役に内藤剛志さん。シーズー犬のデイジー役を伊藤沙莉さんが声優初挑戦で演じた。

 マックスとデュークは大都会を飛び出して、牧場暮らしを体験。マックスは農場犬ルースターに憧れ、ちょっぴり野性を目覚めさせ、勇気ある行動に出る。その間、ギジェットとスノーボールの大騒動が並行してつづられ、これまた、勇気なしには成し遂げられないような危険が迫る。そこに、マックスとデュークがどうからんでいくのか。おなじみのキャラクターだけでなく、農場やサーカス団など、さまざまな動物たちが登場し、盛りだくさんで楽しい。 

 前作同様、脚本をブライアン・リンチさんが担当。音楽は映画音楽の巨匠アレクサンドル・デスプラさん。日本版イメージソングは木村カエラさん。日本でだけ、ミニオンの新作短編「ミニオンのキャンプで爆笑大バトル」が同時上映される。(キョーコ/フリーライター)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ