「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ものまね芸人×矢部昌暉、長江峻行ら俳優陣『劇団アニメ座ハイブリッド~舞台の鼓動は愛~』開幕!若井おさむ「みんなに見せ場」

2019/7/25 17:00 エンタステージ

アニメ『機動戦士ガンダム』の主人公“アムロ・レイ”の物まね芸人でおなじみの若井おさむが座長を務める劇団アニメ座。彼らが人気俳優たちとタッグを組む第3弾公演『劇団アニメ座ハイブリッド~舞台の鼓動は愛~』が、2019年7月24日(水)に東京・CBGKシブゲキ‼にて開幕した。

初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、若井のほか、出演する天津・向、桜 稲垣早希、R藤本、こりゃめでてーな伊藤、石井ことみ、ガーリィレコード、矢部昌暉(DISH//)、長江峻行、田中稔彦、寿里が登壇。

今作は、脚本・演出を若井、演出補を寿里が担当し、出演者一丸となって舞台が制作された。物語のはじまりは、今から1万年後の西暦12019年。歴史が繰り返され200年以上続く幕府の統治に反乱軍が、危険な秘密兵器を持っていると耳にした竹虎丸(矢部)は、仲間と共に反乱軍のアジトへと向かった。その最中、竹虎丸は自分の父親を殺した菊之丞(寿里)と出会ってしまう。激しい怒りを覚える竹虎丸。そこで見つけた秘密兵器を使い、菊之丞との闘いに終止符を打とうとするが、次に目が覚めた時、そこはアニメキャラクターが次々と出現する世界で・・・。

芸人とのコラボレーション舞台ということで、物語は一筋縄で進むはずがない。アニメキャラクターと俳優陣との“そのアニメキャラクターが言わなそうなひと言”大喜利が始まったり、芸人が俳優陣にむちゃぶりを行い、田中稔彦がちびまる子ちゃんの花輪くんのモノマネを全力でさせられたりと、奇想天外な展開が続く。

それぞれがアニメのキャラクターになりきって演じる姿はオリジナリティ満載。かと思えば、シリアスな展開となり、俳優陣の圧倒される殺陣が繰り広げられ、会場の空気は一転する。ただ笑わせるだけでなく、最後には感動さえ覚える物語は、さすがのひと言だ。

会見で、向井は「殺陣の後にどや顔をしないように気をつけたい」と話し、矢部は「芝居とお笑いが混ざった、まさにハイブリットという舞台が出来上がったと思います。僕らが作り上げたお芝居の上で、芸人さんに暴れてもらいたいです」と意気込む。最後に若井は「最高のメンバーでできたこの舞台は、みんなに見せ場があるのでそこを楽しんでもらいたいと思います!」と締めた。

なお、出演者は公演ごとに異なり、日替わりゲストとしてコロコロチキチキペッパーズ、ひょっこりはん、アイデンティティ、トレンディエンジェル、ジョイマン、しゅんしゅんクリニックPも登場する(詳細は、公式サイトにてご確認を)。一つとして同じ回のない、何度見ても新鮮に笑えて泣ける舞台になりそうだ。

『劇団アニメ座ハイブリッド~舞台の鼓動は愛~』は、7月28日(日)まで東京・CBGKシブゲキ‼にて上演。上演時間は約80分を予定。

(取材・文・撮影/オフィシャル提供、編集/エンタステージ編集部)


 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ