「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

松井玲奈×高柳明音 “SKE48仲良しコンビ”がばったり「嘘のような運命的再会」

2019/7/25 19:25 Techinsight

SKE48時代の松井玲奈と同時期の高柳明音(ともに2014年撮影) SKE48時代の松井玲奈と同時期の高柳明音(ともに2014年撮影)

元SKE48の松井玲奈と現役メンバーの高柳明音が名古屋駅で偶然出会った。“ちゅり”こと高柳明音が自身のTwitterで16日の22:00に「東海ラジオ終わりの女AとCBCテレビ終わりの女Rが 名古屋駅で 嘘のような運命的再会を果たす 物語が今日生まれました」と興奮気味に明かしている。2人の仲の良さはファンの間でも知られており、運命的再会を喜ぶ動画に多くが癒されたようだ。

【この記事の他の写真を見る】

この日、SKE48はニューシングル『FRUSTRATION』(7月24日リリース)のプロモーションを兼ねて東海ラジオの番組に一日中出演しており、そのメンバーに高柳明音も入っていた。

また、松井玲奈はCBCテレビの情報ワイド番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』にゲスト出演して、自身がキャストを務める舞台『神の子どもたちはみな踊る after the quake』(7月31日より上演)を告知している。その後、2人は名古屋駅でばったり会ったようだ。

松井玲奈は2008年7月31日、「SKE48オープニングメンバーオーディション」に合格して10月5日に公演デビューする。一方で高柳明音は2009年3月29日に「SKE48第二期メンバーオーディション」に合格しており、松井玲奈とは先輩・後輩の間柄である。

そんな2人はなぜか気が合う。同い年なので2012年1月9日に行われたAKB48&SKE48の成人式には一緒に参加しており、晴れ着姿で並ぶ記念写真にも納まった。

2013年11月28日に開催された『高柳明音生誕祭』では、松井玲奈が手紙で「ちゅりが憧れの存在でいつも遠いところにいると感じていた」と明かしており、高柳も別のタイミングで「SKEの中で言いたいことが言いづらくなった」との悩みを松井に相談するなどして信頼を深めていく。

2015年1月28日のことだ。松井玲奈のTwitterに“W松井”ファンから「SKEメンバーの中で誰が一番大切?」と問いかけがあり、彼女が答えたのは「苦楽を共にしてるちゅり。ちゅりが私の支え」というものだった。

同年6月11日に松井玲奈がラジオ番組でSKE48から卒業する意思を明かして以降は、より一緒に過ごす時間が大切に感じられたようだ。やがて松井が8月31日に卒業すると2人で改めて卒業記念パーティーを行い、高柳から「顔面パイ」の祝福を受けていた。

そのように松井玲奈がSKE48を卒業してから会うことは減っても、2人の絆は今も変わらない。

今回、高柳明音の投稿にはフォロワーから「二人が出会うのは必然! たぶん」、「相変わらず仲良いねー そんだけ縁があるということでしょう」、「ちゅりれなは運命だったのか…!」、「映画化決定」などの反響があった。

また、松井玲奈はその高柳の続きを「あかねちゃんが名古屋駅でお見送りしてくれたの たまたま会えて嬉しかった」とツイートしており、「たまたまなのに双子みたいなコーデ(笑)仲良し素敵だなぁ」、「実はたまたまではないのです! お互いの潜在意識が顕在化したのです」、「あら、大好きな人と巡り合えてお見送りしてもらえて良かったね」、「二人の笑顔癒される~」といったコメントが寄せられている。

ちなみに高柳のインスタによると最近は会うとしても東京が多く、名古屋駅での再会が懐かしかったようだ。「お互い名古屋での仕事終えて名古屋駅に着いた時間がぴったり一緒だったの! あと10分でもずれてたら会えなかったーすごーい運命 やっぴー」という状況だったようである。

東海ラジオ終わりの女AとCBCテレビ終わりの女Rが名古屋駅で嘘のような運命的再会を果たす物語が今日生まれました。@renampme pic.twitter.com/2vh6IJGAV8— 高柳明音 (@akane29_o8o) July 16, 2019

画像2~4枚目は『高柳明音 2019年7月16日付Instagram「名古屋駅で会えるなんてうれぴよちゃん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント15

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ