「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

世界最小のアリと同サイズの極小ロボット 日本人准教授も参加したジョージア工科大学の研究チームが公開

2019/7/24 17:15 ガジェット通信

世界最小のアリと同サイズの極小ロボット 日本人准教授も参加したジョージア工科大学の研究チームが公開 世界最小のアリと同サイズの極小ロボット 日本人准教授も参加したジョージア工科大学の研究チームが公開

7月16日、ジョージア工科大学の研究チームは、世界最小のアリと同サイズの極小ロボット「micro-bristle-bots」を公開しました。この研究チームには、日本人である同大学ジョージ W. ウッドラフ機械工学研究科の上田淳准教授も参加しています。This Tiny Robot made at Georgia Tech is Barely Visible(YouTube)https://youtu.be/JgEnX7kADNE

この小型3Dプリントロボットは、圧電アクチュエータ、超音波、小型スピーカーの振動などを動力源に、足を動かすことで前進することを可能にしています。サイズは長さ2ミリ、幅1.8ミリ、厚さ0.8ミリ、重さが約5ミリグラムと、世界最小のアリと同等サイズ。1秒間にサイズの4倍となる8ミリを移動することができます。 このロボットは、様々な振動周波数に対応するように設計されており、振幅によって速度をコントロールできるようになっています。 現状では人間の体内における傷の修復など、医療用途が想定されているようです。今後、アリの集団的行動をリサーチして、研究結果をmicro-bristle-botsに反映させ、実用性を高めていく計画とのことです。 ※画像とソース: http://www.rh.gatech.edu/news/623453/tiny-vibration-powered-robots-are-size-worlds-smallest-ant―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』(執筆者: 6PAC)※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ