「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

種村有菜“アベンジャーズ愛”熱く語る

2019/7/23 21:49 ナリナリドットコム

“マーベル好き”として知られる人気漫画家の種村有菜が、シリーズ最新作「アベンジャーズ/エンドゲーム」のMovieNEXが9月4日発売、先行デジタル配信が8月7日開始となるのを前に、同作、同シリーズへの“愛”を熱く語った。

「アベンジャーズ」からマーベルにはまり、映画は全作制覇。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズをMovieNEXなどで何回も繰り返し見ているという種村は、「アベンジャーズ/エンドゲーム」も劇場公開時にいち早く見たといい、「これ以上ない最高の完結編だと思います」と大絶賛。

また、「アベンジャーズ」シリーズ完結作ならではのファンサービスにも“萌え”たそうで、「私はキャプテン・アメリカが好きなので、キャップ(キャプテン・アメリカ)が自分の後ろ姿を見て言ったあのセリフは、もう最高だと思いました!」と笑顔で語る。

そして「アベンジャーズ」シリーズならではのリンクにもしびれたそう。「ソーがキャップに自分の武器であるムジョルニアについて話す場面は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でムジョルニアが出てくるワンシーンとつながっているんですよね」と、本作ではそういった伏線の回収の仕方も見事だったと絶賛した。

クライマックスでは全世界の人間を半数にしたサノスが地球を襲い、アベンジャーズのヒーローたちも全力で応戦するが、種村は「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではサノスの言うことも道理だと認めざるを得ない感じもしたのですが、今回、サノスが地球を滅ぼすことを楽しんでいるという完全な悪になったので『アベンジャーズ、思いっきり戦ってくれ!』という気持ちになれてスカッとしました」と語る。

「アベンジャーズ」シリーズが完結したこのタイミングでマーベルを見始めたいと思っている人には「最小限でも『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を経てから『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見てほしいですね」とアドバイス。「私は全作を見てきましたが、今回、きちっと納得できるように完結させてくれたので、MCU全体で壮大な一つの作品なのだと改めて思えました。これからチェックする人も、MCU作品をなるべくたくさん見て、ぜひ深い感動を味わってください!」とMCUシリーズの魅力を存分にアピールした。

さらに、MovieNEX発売を記念して、「今すぐアッセンブル!“We love you 3000”ルッソ監督へ届けこの想い!キャンペーン」が公式サイトにて実施され、キャンペーン開始から1時間で日本国内のトレンド1位を獲得、また、24時間で3000を超えるルッソ監督への熱いメッセージが到着するなどの盛り上がりを見せているが、種村も「『もし自分が監督なら?』と考えると、これまでの展開を踏まえてまとめなければならないし、ファンが世界中にいてそれぞれのヒーロー像を持っている中、完結させるのは非常に難しいことだと思っていたんです。それなのに主要人物が死ぬという私だったら怖くてできないような決着の付け方をしてきたので、ルッソ監督すごい!」と、自身もコミックの人気シリーズを世に送り出してきた立場としてルッソ監督へ敬意を表し、熱いメッセージを贈った。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ