「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

坂上忍、肝心なことは「芸能界が浅いので」で逃げ吉本擁護? 宮迫会見、『バイキング』内で意見食い違い

2019/7/22 16:23 リアルライブ

坂上忍 坂上忍

 闇営業問題を扱った22日放送の「生ホンネトークバラエティ バイキング」(フジテレビ系)に、批判の声が相次いている。

 この日は、20日に行われた宮迫博之、田村亮の謝罪会見の模様を流し、スタジオで討論する放送内容。レギュラーで吉本所属のブラックマヨネーズと、オフィス北野所属のガダルカナル・タカ、不倫疑惑を巡り夫が謝罪会見を開いた経験を持つ元衆議院議員の金子恵美氏をゲストに迎え、会見の流れとその後「動き」を見せた松本人志の行動などについて報じた。

 視聴者からはこの出演陣について、「2派に分かれているように感じる」などと疑問視した。

 坂上は宮迫、田村の謝罪会見に足を運んだ芸能リポーターの菊池真由子氏から話を聞きつつ、「あれは彼らの主張、そして経緯があって、吉本側の会見はまだこれからなわけだから」と一概に宮迫らをかばうべきではないと示唆。「守る側の立場からすれば、このタイミングで金銭授受が判明してしまったら、次(に)守るのにハードルが高くなっちゃうよって感じたことは、僕は否めないと思う」と吉本側の事情を推測。その上で吉本が「2人の謝罪を後押ししていたらとは思う」とも語った。

 金子氏は、「闇営業と、嘘をついてしまったことが本質だったのに、世論の注目のポイントは吉本さんの対応にシフトしてしまった。謝罪だけで良かったのに、暴露会見みたいになってしまったことに違和感があり、残念」「勝手なことをした人に勝手に謝罪会見をさせるってのはあまりない。2人が弁護士を立てたことで(会社に対して)ファイティングポーズを取ってしまった」と謝罪会見を開いた2人について意見した。

 闇営業や、宮迫らの「嘘」に焦点を当てて話を組み立てる坂上と金子氏に対し、ブラックマヨネーズの2人とアンミカは宮迫、田村を事実上擁護するコメントを残した。

 吉田敬は「『クビにする力がある』って、芸人に対して愛があったんかなぁ」「(会見をさせなかった理由があるなら)2人に説明してほしかった」と吉本側に不信感を抱いた様子。小杉竜一は「(岡本社長は)芸人への愛を感じる言葉もある。この後の会見はその愛が伝わるものになってほしい」と要望。宮迫の発言が事実とするならば、“芸人を想う対応”が吉本からは感じられないと指摘した。またアンミカは「今回これだけ2人がしっかりと謝罪したので…うみを出し切ってそこからなんとか再挑戦できるいい形に…」とコメントをしたが、途中で坂上にさえぎられた。

 また、宮迫、田村の会見で話題になった「テレビ局は吉本の株主」との発言に関し、坂上は「僕は芸能界が浅いので」とタカや横粂勝仁弁護士に説明を求めた。宮迫は、闇営業の相手先が吉本のイベントスポンサーだったことがあり、吉本の社員も同行していたと主張、芸人は安心して営業先に行ったと話していたが、番組では全く触れられなかった。

 視聴者からは「やっぱり坂上忍は吉本擁護。テレビ局のことは逃げたな」「坂上と金子の発言には違和感しかない。吉本と関わりがあったっていう大事なとこが抜けてる。ほんとに会見全部見たのかよ」といった反感の声が集まった。

 会社側と芸人側の立場に二分してしまったようにも見えた今回の放送。番組後の吉本興業・岡本昭彦社長の会見に出演者は期待を寄せていたが、心境の変化はあっただろうか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント23

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ