「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

コインランドリーは洗剤持参?基本的な利用法を紹介

2019/7/22 07:15 オリーブオイルをひとまわし

コインランドリーは洗剤持参?基本的な利用法を紹介 コインランドリーは洗剤持参?基本的な利用法を紹介

コインランドリーは、家庭の洗濯機では洗いにくいものや多量の洗濯物を洗うことができる便利な施設だ。しかし利用しない人にはシステムが分かりづらく、洗剤は持参すればいいのか、柔軟剤は使えるのかなど疑問がある。今回はコインランドリーでの洗剤使用について解説しよう。

1.コインランドリーは洗剤持参?

結論から言うと、コインランドリーでは基本的に洗剤持参は不要だ。最近のコインランドリーの洗濯機は、必要金額を入れると洗剤が自動で投入されるタイプのものが主流となっている。そのため、洗剤を持参せず洗濯物と小銭を持っていくだけでよい。

しかし古いタイプの洗濯機を導入しているコインランドリーでは、洗剤を自分で入れなければならないことがある。初めて行く店の場合はどちらか分からない。だが安心してほしい。自分で洗剤を投入する場合は、洗剤を持参していなくても、1回分の洗剤を購入できる自動販売機が設置されている。つまり、持参しなくても特に問題はないということだ。心配な場合は、もちろん持参してもかまわない。

持参の場合、洗剤の量は?

コインランドリーでも普段家庭で使用している洗剤が使用可能だが、コインランドリーの洗濯機は水量が表示されないものがほとんどだ。そのため、持参の洗剤を使う場合は投入量が分かりにくい。洗剤パッケージの裏面などに洗濯物の量に合わせた使用量が記載されているので、事前に洗濯物の重さを計っておくといいだろう。洗剤は洗濯物と一緒に洗濯機に入れよう。

洗剤の持参方法

箱やボトルに入った洗剤をそのまま持っていくのは面倒だ。そこで、必要な分だけ小分けして持っていこう。粉洗剤の場合はチャック付きのビニール袋に入れるといい。液体洗剤は空いたペットボトルを利用するのがおすすめだ。

2.コインランドリーではいつ投入?柔軟剤の入れ方を紹介

洗剤が自動投入されるコインランドリーでは、柔軟剤も自動的に入れてくれる。柔軟剤を持参したり、入れ方に悩んだりする必要もない。しかし洗剤を自分で入れるタイプの洗濯機の場合、柔軟剤を入れるタイミングが分かりにくい。

家庭の洗濯機には柔軟剤用の投入口があり、洗濯開始時にあらかじめ柔軟剤を入れておくと自動的に使ってくれる。同じようにコインランドリーの洗濯機にも、事前に柔軟剤を入れるケースが付いている場合がある。もしも柔軟剤用のケースがない場合は途中で柔軟剤を入れなくてはならない。柔軟剤を入れるタイミングは、1番最後のすすぎ直前に柔軟剤投入ランプが点灯するので、このタイミングで柔軟剤を入れよう。

また、コインランドリーの店内や洗濯機には、洗濯方法の説明書きが記されている。初めて利用する場合は必ず確認しよう。柔軟剤の入れ方が分からないからと、洗剤を入れる際に柔軟剤を一緒に入れることはやめよう。すすぎで柔軟剤が流れてしまうので意味がなくなってしまう。

柔軟剤がなくてもフワフワに仕上がる

洗濯物をふんわり仕上げることができる柔軟剤だが、コインランドリーで乾燥まですると柔軟剤を使用しなくても洗濯ものがフワフワの仕上がりになる。家庭用乾燥機よりもコインランドリーの洗濯機の方が抜群に性能がよく、洗濯物がごわつくこともない。コインランドリーでの柔軟剤の使用に戸惑うならば、いっそ乾燥機能を利用しよう。

3.柔軟剤自動投入のコインランドリーで好みの匂いを付ける方法

普段の洗濯の際、匂い付けのために柔軟剤を使用している人も多いだろう。最近のコインランドリーでは洗剤も柔軟剤も自動投入タイプが主流のため、好きな柔軟剤を使えないことがある。そんな場合でも、好みの匂いを付ける方法を紹介しよう。

乾燥機用柔軟剤シートを使う

柔軟剤シートとは、洗濯物を乾燥させるときに使うシートタイプの柔軟剤だ。不織布に柔軟剤の成分を含ませてあり、洗濯物をフワフワに仕上げながら匂いを付けることができる。使い方はとても簡単で、乾燥機を使う前に洗濯物の上にシートを乗せるだけである。乾燥後にはシートを忘れずに取り出そう。シートを洗濯ネットに入れて使用すれば、洗濯物の中で迷子になったり取り出し忘れたりするのを防いだりできる。

洗濯は自宅で済ませ、コインランドリーでは乾燥機を利用する

お気に入りの柔軟剤にこだわりたい人は、洗濯は自宅で済ませて乾燥だけをコインランドリーでするのもおすすめだ。自宅に乾燥機があっても乾燥終了まで時間がかかることが多く、何時間もかかってストレスを感じている人もいるだろう。コインランドリーであれば、早くて30分ほどで乾燥が終了するのでとても楽だ。好きな柔軟剤の匂いも残っているため、満足のいく仕上がりになるだろう。

結論

最近のコインランドリーは、洗剤を持参しなくてもコインランドリー側で自動投入してくれるところが多い。利用する店舗が洗剤を自動投入するタイプかどうか確認してから行くといいだろう。天気に左右されず、短時間で乾燥まで仕上げてくれるコインランドリーは次々とその数を増やしている。ぜひ上手に利用したいものだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ