「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【絶品アイス】完熟フルーツのパフェに、アイスクリームがおしゃれ。等々力「アサコ イワヤナギ プリュス」

2019/7/22 00:00 オズモール

◆【絶品アイス】完熟フルーツのパフェに、アイスクリームがおしゃれ。等々力「アサコ イワヤナギ プリュス」
オズモール
ひんやり甘く、なめらかな口どけが人気のアイスクリーム。こだわりの素材と職人技で仕上げられたアイスクリームは、火照った心や体をクールに癒してくれる。

今回ご紹介するのは、等々力駅にある「ASAKO IWAYANAGI PLUS(アサコ イワヤナギ プリュス)」。シェフパティシエールの岩柳麻子さんによる完熟フルーツを使ったジェラート、パフェなどが味わえる。女性ならではの感性を生かした芸術的なアイスをぜひ味わって。

オズモール
自由な発想とセンスを生かしたマリアージュが楽しめる、芸術的なアイス
服飾学校で染色を学び作家活動をしていた岩柳シェフは、「お菓子も扱うお惣菜屋でアルバイトをしているうちに、お菓子づくりに魅力を感じるようになってきたんです。次のアルバイト先のカフェのメニュー開発を任せられ、本格的に勉強を始めました」

パリに住む元パティシエールの友人から、製菓学校時代のテキストをもらうなどして独学でお菓子づくりを勉強したそう。

「1年間日本で働いてお金を貯めて、渡仏するというのを20代のときは繰り返しました。ヨーロッパには日常的にパティスリーのお菓子を楽しむ文化があるんだなと感じ、日本でも、生活の一部として楽しめるお菓子を提供できないかなという思いを感じ始めたのも、その頃ですね」

そして2015年に自身の名前を冠した「PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI」をオープン。2018年には本店の隣に新たなコンセプトのパティスリー「ASAKO IWAYANAGI PLUS(アサコ イワヤナギ プリュス)」が完成し、ジェラート、クレープ、焼き菓子などを扱っている。

オズモール
岩柳シェフのご主人の実家はフルーツ農園。そのため、旬のフルーツが常に身近にある。ケーキはもちろんのこと、ドライフルーツにしてバターサンドをつくったり、コンフィチュールやパフェのソースにしたり。さまざまなフルーツの味わいを閉じ込めたジェラートも、こちらの店の看板商品。

「フルーツを凍らして食べる、究極のおいしい食べ方がジェラート」と言い切る岩柳シェフは、ジェラートというアイスの形にこだわっているそう。

「フレーバーを組み合わせることで、味わいが変わるのもジェラートのよいところ。ソルベ系の桃ならミルク系のジェラートを合わせると、味わいが変わります。ほかにもお茶やハーブのジェラートでも、新しいマリアージュが楽しめますよ」

常識にとらわれない、自由な発想で生み出される岩柳シェフのジェラート。繊細な味のマリアージュは、食べる側の感性をも豊かにしてくれそう。

オズモール
バニラのジェラートとマンゴー・パッションフルーツのジェラート
マダガスカル産のバニラビーンズを使ったバニラジェラートは、芳醇で甘い香りがやさしく口に広がる。

マンゴー・パッションフルーツのジェラートは、マンゴー本来の甘さにパッションフルーツの酸味がマッチ。爽やかな味わい。

「バニラのジェラートとマンゴー・パッションフルーツのジェラート」(702円)

※ジェラートは日替わりで、季節によっても内容が変わります。

オズモール
オリジナルチョコレート&チョコチップのジェラートとピスタチオのジェラート
濃厚な味を楽しみたい人におすすめの組み合わせ。甘さ控えめでカカオ本来の味わいが楽しめるチョコレートのジェラートは、チョコチップの食感がアクセントに。

ブロンテ産の高級ピスタチオのジェラートピスタチオの粒がゴロゴロ入っており、満足度の高い1品。

「オリジナルチョコレート&チョコチップのジェラートとピスタチオのジェラート」(756円)

※ジェラートは日替わりで、季節によっても内容が変わります。

◆ほかにもある、「パティスリー アサコ イワヤナギ プリュス」の極上スイーツをチェック
オズモール
パルフェアンポルテ 包種茶 季節の柑橘
和紅茶ホワイトチョコレートフィユティーヌ、フロマージュブランクリーム、和紅茶ゆべし、日向夏の山椒マリネ、レモンジュレとオレンジソース、包種茶ブランマンジェが入った、見た目も華やかなパルフェ。

「包種茶は半発酵させたお茶で、緑茶と烏龍茶の中間くらいのお茶。非常にフルーティなので、柑橘類とよく合うんです」

今回は、マンダリンオレンジのジェラートとフルーツ(日向夏)をトッピング。ゆべしや山椒など、意外な素材が使われているが、口に入れたときに繊細に混ざり合い、絶妙なハーモニーを奏でるのは岩柳シェフのセンスによるもの。

ジェラートトッピングは+300円?、ジェラート&フルーツのトッピングは+500円?。

「パルフェアンポルテ 包種茶 季節の柑橘」(864円)
※季節によってパルフェの内容が変わります。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ