「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「LINEが苦手な女性」がされて嬉しいアプローチ9パターン

2019/7/22 10:00 スゴレン

「LINEが苦手な女性」がされて嬉しいアプローチ9パターン 「LINEが苦手な女性」がされて嬉しいアプローチ9パターン

少数派ながら、LINEが好きではない女性もいるもの。そんな女性と仲良くなりたい場合、いくらマメにLINEを送っても逆効果になりかねません。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「LINEが苦手な女の子に喜ばれるアプローチ」をご紹介します。

【1】同じ職場(学校)なのに手紙を書く。

「最近あまりもらわないからキュンとしそう」(20代女性)など、古典的な手法ながら手紙には女性の心を動かす力がありそうです。ただし、最初からあからさまなラブレターだと縮められる距離も縮まらないので、手紙上でも徐々に好意を伝えていきましょう。

【2】頭をなでるなどソフトなボディタッチの回数を増やす。

「ポンポンと頭をなでられるのは好き」(20代女性)という女性は意外に多いので、励ましたり褒めたりする際に、言葉だけでなく頭をなでるというアクションを起こしてもよさそうです。ただし、しつこく髪を触ったりすると気持ち悪がられることもあるので要注意。

【3】特別な用事がなくても電話をかける。

「『ただ声が聞きたくて』っていう電話はドキドキします」(20代女性)という意見もあり、特別な用事なしに電話するだけで、好意をほのめかすことができそうです。「特に用事はないんだけど」「寝る前に話したくて」などと言うと、さらに好意が伝わりやすいかもしれません。

【4】何の日でもないのに小さなプレゼントを渡す。

「ビックリするけど、普段から気にかけてくれてるのが伝わる」(20代女性)というように、女性は何のイベントもない日に「プレゼントしよう」と思う男性の気持ちに対して、感動するようです。ただし、あまり高価だと驚きが勝ってしまうので、受け取りやすい金額のものにするといいでしょう。

【5】インターネットの投稿にマメにコメントする。

「コメントがあると、見てくれていることがわかって嬉しい」(20代女性)など、コメントで女性の発言や動向に注目していることが伝えられるようです。ただし、あまり親しくないうちにやり過ぎると警戒する女性もいるので、ほどほどにしましょう。

【6】会ったらとびきりの笑顔で挨拶する。

「笑顔で挨拶されると、感じがいい人だなって好感度アップ」(20代女性)など、挨拶に悪い印象を持つ人はいないようです。あまり親しくない間柄でも自然に好感度だけを上げていくことができるので、好意のある相手には積極的に笑顔で挨拶しましょう。

【7】見かけたら必ず手を振る。

「手を振られると、急に親しくなった気がする」(20代女性)という意見もあり、親近感をアップさせるには有効な手段だといえそう。照れ屋な男性は、まずは「バイバイ」のタイミングで手を振るところからはじめてはどうでしょうか。

【8】職場や学校についてのちょっとした世間話を会って話す。

「会って話すのが一番! ふたりだけの時間は特別だと思う」(20代女性)というように、会って「ふたりきりで話す」ということに意味があるようです。ついでにお茶をするとデート感覚も楽しめて、一石二鳥かもしれません。

【9】DVDや本など、趣味のわかるものの貸し借りをする。

「お互いの趣味のものを貸し借りすると、もっとよく知り合える気がする」(20代女性)というように、お互いに対する理解を深めるには最適な方法かもしれません。感想を言い合うことで会話も増えるでしょう。急に貸すのはハードルが高いので、まずは相手の趣味のものを借りるところからはじめましょう。

ほかにも「こんなアプローチが有効」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ