「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

宮迫会見を受けて弁護士が緊急寄稿 「今こそ芸能人たちは立ち上がるべき」

2019/7/21 10:22 しらべぇ

レイ法律事務所・代表弁護士の佐藤大和です。2017年に芸能人の権利を守る「日本エンターテイナーライツ協会」(ERA)を立ち上げ、共同代表理事を務めています。

20日、雨上がり決死隊の宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが、都内で記者会見を行いました。

記者会見の中では、闇営業のほか、吉本興業の社長から、「会見をしたら、連帯責任で全員クビにする」という発言や「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから、大丈夫やからと言われた」という吉本側の対応に関する発言があったと述べています。

 

■芸能界の構図が明らかに

今回の記者会見では、芸能業界における芸能人の地位の不安定さや弱さが明らかになったと思っています。

宮迫さんと亮さんは、今回、吉本側と「口頭の契約のみ」で契約書を締結していませんでした。そのため、所属する芸人としては、いつでも事務所側から一方的に契約を解除することができる立場であったといえます。

また吉本側の対応からも芸能人の権利や彼らの芸能活動に全く配慮していない言動があったと感じています。実際に彼らも不信感があったと述べています。また、記者会見中の亮さんの契約解消の発表にも違和感しかありません。もし、記者会見の内容が真実であれば、重大な問題だといえます。

なお、多くの芸能事務所では、所属する芸能人と専属契約書を締結していますが、芸能人を不当に拘束する内容や不利益な内容が多く、とても公平な契約書とはいえません。

 

■テレビ局の信頼も問われている

先日の公正取引委員会のジャニーズ事務所に対する注意においても、報道において、テレビ局との関係が問題となりました。

今回の吉本側の発言は、芸能事務所とテレビ局の繋がりを示すものでもあります。実際に今回の記者会見においてテレビ局の記者たちは、吉本側の対応についてほとんど質問していませんでした。

これには正直違和感しかなく、また記者会見の発言のとおりだなと思わせる記者たちの姿勢だったといえるでしょう。

先日の公正取引委員会による注意については、大きく取り上げない番組も多かった中、来週月曜日から、各情報番組がどのように取り上げるかはわかりませんが、テレビ局の姿勢も問われそうです。

■芸能人や関係者の力

佐藤大和弁護士

今回の件で、世論は芸能事務所だけではなく、テレビ局の対応にも注目しています。芸能事務所もテレビ局も変革の時期にきていると思っています。しかしながら、そのためには当事者である各芸能人も関係者も声をあげて、立ち上げるべきだと思っています。

当事者が立ち上がらなければ、業界が大きく変わることはありません。日本のエンターテインメントが大きく変わり、自由な競争ができるようになるためには、当事者の力が不可欠です。

 

■行政にも期待

また、やっと公正取引委員会は、芸能業界の独占禁止法違反の問題について、調査を始めましたが、先日の注意だけで終わらせず、芸能業界に多くある独占禁止法違反の問題についても切り込むべきだと思っています。個人的には、あまりにも遅かったと感じています。

芸能人は「労働者」か「個人事業主」かの問題はありますが、行政は、弱い立場である芸能人の権利を守るため、積極的に問題について対応していくべきだと思っています。

■第三者委員会の設置

宮迫博之

吉本側は、彼らに対して何かするのではなく、調査対象を絞らずに第三者委員会を設置して、今回の件について、吉本興業側の対応も含めて、徹底的に原因を究明して公表をするべきだと思っています。

そして、テレビ局と事務所の関係についても見直していくべきでしょう。

 

■対立ではなく対話

最後に、今回の件を契機に事務所側と芸能人側が対立することは好ましくありません。

私は、今までも対話を訴えてきましたが、今後も対立するのではなく、事務所側と芸能人側が対話をしながら、芸能事務所の役割を強化しつつ、芸能人の権利を向上させ、ともにエンターテインメント業界を盛り上げていくべきだと思っています。

今回の宮迫さんや亮さんの勇気ある行動が消えないように期待しています。

(文/レイ法律事務所・佐藤大和弁護士)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント18

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ