「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

引き寄せ体質になるには?お金持ちが実践している習慣3つ

2019/7/21 20:00 ごきげん手帖

ごきげん手帖 ごきげん手帖

令和の時代こそ、豊かになろう! と思ってる人も多いと思います。最近は「老後2000万円」問題も話題になりましたが、そもそもお金持ちの人は日々どのようなことを心がけて生活しているのでしょうか。

今回は、不動産投資コンサルタントとしてご活躍中の末岡よしのりさんにお話を伺いました。

お金もちになるための習慣引き寄せ体質になるには?お金持ちが実践している習慣3つ

お金持ちの人が実践している3つの習慣

倉島:メンタルから「お金持ち体質」になるには、どうしたらいいのでしょうか?

末岡:まずは習慣を変えることが大切です。誰にでもすぐできる「3つの方法」をお伝えしますね。

1.テレビを見るより本を読もう

本を読む女性引き寄せ体質になるには?お金持ちが実践している習慣3つ

末岡:まずはテレビを観る時間を減らしていきましょう。テレビを観ている時間は「受け身」で、ただ情報を受け取っている時間です。
特に寝る前にニュースなどのテレビを観ると、メンタルにも悪影響を与えてしまいます。なぜならニュースには、殺人や事故など、暗いネガティブな情報も少なくないからです。

倉島:寝る2時間前のことは、記憶を司る「海馬」がよく覚えていると言われてますよね。

末岡:はい。寝る前にネガティブな情報に触れると、夢を実現する潜在意識にブレーキがかかってしまいます。

倉島:それでは、YouTubeは観てもいいんでしょうか?

末岡:目的を持って、 ワクワクするものであればOKです。プラスの感情はエネルギーを上げるから。すぐにはお金として返ってきませんが、自分の気分が良くなると、人にも優しく出来ますよね。
つまり、テレビはだらだらと観ない。目的を持って、 録画したものを観るなどはいいでしょう。私は、テレビを観る代わりに本を読みます。本を読む時間は将来への「投資」となるからです。

2.「やりたいこと」「やりたくないこと」を明確にしよう

考える女性引き寄せ体質になるには?お金持ちが実践している習慣3つ

末岡:先ほど「ワクワク」という言葉が出ましたが、常に自分の感情に向き合うことが大切です。「自分のやりたいこと」を行うのがいいですが、それが分からない場合、まず「やりたくないこと」を書き出してみます。

私がサラリーマン時代に書いたのは、
・嫌いな人とは仕事をしたくない。
・狭い家に住みたくない。
・満員通勤電車に乗りたくない。 etc……
でした。

自分の「やりたくないことリスト」ができたら、次はその「やりたくないことをやらずに済む方法」を考えます。満員電車に乗りたくなければ、自転車通勤できるところに住む。また、地方に引っ越せば格安で広い家に住めます。そこで私は、「北海道で起業しよう!」という発想が生まれたのです。

3.「ドリームキラー」とは付き合わない

末岡:自分のステージが変わる時に、今までお付き合いしてた人を厳選する必要があります。

私の肌感覚では、付き合うことが「プラスになる人・どうでもいい人・マイナスになる人」の割合は、ほぼパレートの法則(※)と同じ「2対6対2」のようです。
小金持ちは徒党を組み、全ての人とまんべんなく付き合おうとします。その結果、人生の目的がぼやけ、「ドリームキラー」というあなたの夢や希望を壊す人たちの言葉に左右され、くじけてしまうのです。

私が付き合いたいのは、「笑顔がいい人」「未来志向の人」「あきらめない人」です。
例えば、腹の底ではいい気分でない人と無理して付き合っても、幸せではありませんよね。大金持ちは、自分よりレベルの高い人、自分を鼓舞してくれる人だけに付き合いをフォーカスしています。結果、幸せとお金が両方手に入るのです。

倉島:たしかに、「親しい友人5人の平均年収が自分の年収」と言いますよね。付き合う人を選ぶことは大切ですね。

末岡:ぜひ自分の気持ちに正直に行動して、夢を語り合える真の友人を持ってください。

※パレートの法則……イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則。全体の数値の大部分は、一部の要素が生み出しているという見方のこと。


みなさんもさっそく今回ご紹介した3つのポイントに気をつけて、日頃の習慣をふり返ってみてはいかがでしょうか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ