「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

NHK『チコちゃんに叱られる!』より、10万部を突破した「超クイズ本」の第2弾が発売決定

2019/7/21 13:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

main

NHKの雑学バラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』は、毎週金曜19:57(再放送 毎週土曜8:15)より放送中。5歳のチコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られる光景は、もうすっかりお茶の間におなじみになったかもしれませんね。
このたび番組から生まれたクイズ本『チコちゃんに叱られる!』が10万部を突破。新たなクイズを収めた第2弾が7月24日(水)に発売されることになりました。俳優さんたちが熱演する再現ドラマ「たぶんこうだったんじゃないか劇場」を描きおろしコミックで掲載し、面白さがさらにパワーアップしています!

10万部を突破した「超クイズ本」の第2弾

テレビを見ている日本全国の子どもたちの「チコちゃん」人気を受けて、番組からは写真集やシールブック、絵本などが続々発売されています。セレクションDVDがリリースされ、キョエちゃんが歌うエンディングテーマがCD化されるなど、放送以外にもさまざまな楽しみ方が広がりました。
2019年3月に発売された前作は、番組で放送されたテーマを集めて紹介する「超クイズ本」として登場したもの。5歳のチコちゃんが問いかける素朴なギモンを解き明かし、すでに発行10万部を突破しています。このたび発売が決定した第2弾では新たに興味深いテーマをセレクト。以下のようなトピックを取り上げています。

『お風呂に入るとき、「う゛ぁ~」という声が出るのは、なぜ?』
『全員クロールで泳いでるのに、どうして競技名は「自由形」なの?』
『なんで刑事のことを「デカ」っていうの?』

チコちゃんの素朴なギモンに向き合って徹底解説し、さらに番組では紹介していない、書籍ならではのプラスアルファの情報なども掲載しています。知っているとトクをした気になるような、ためになる雑学の知識が得られそうですね。

人気の「たぶんこうだったんじゃないか劇場」をコミック化!

sub1
番組を見ているママたちの中には、再現ドラマ「たぶんこうだったんじゃないか劇場」を楽しみにしている人も多いのでは? 俳優・鶴見辰吾さんたちが熱演するドラマは、「たぶんこうだったんじゃないか」という物事の成り立ちを分かりやすくコミカルに伝えてくれます。今回の書籍第2弾ではその人気企画が、なんと描きおろしコミックで収録されることに! 「なぜ高齢者のことをシルバーという?」「なぜ年度は4月始まり?」といったトピックにまつわる熱いドラマが、学習漫画ふうのタッチで描かれます。一体どんなコミックに仕上がっているのでしょう!? 番組での鶴見辰吾さんの熱演を思い出しつつ、ぜひ親子でお楽しみくださいね。
『チコちゃんに叱られる!2』
編:NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班
発売日:2019年7月24日(水)
価格:1,100円+税
内容:96ページ
発行:小学館
文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ