「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

家事・育児をもっとしてほしい… 妻の要望に夫は「まさかの返答」を

2019/7/21 17:21 しらべぇ

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

共働き夫婦が増えた今、家事・育児の分担バランスは揉めやすいポイント。中には、相手が話をまともに聞いてくれないケースも。

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。

 

■家事・育児の分担で揉める夫婦

正社員の共働きである投稿者の女性は、家事・育児のうち8割を自分が行なっているため、負担に感じているという。

ゆえに、これまでにも何度か夫に、家事・育児の分担の割合を見直すことを要求してきたのだが、そのたびに夫は「俺と同等に稼いできたら、同じ分家事するわ」とコメント。じつは投稿者の家庭は、世帯収入のうち、夫が全体の7割を稼いでいるのだ。

そしてこの度、投稿者がふたり目を妊娠。改めて家事・育児の割合を増やしてほしいと頼んだところ、「家事、育児の割合は変えられないから、夫婦の財布を別にして、俺がお金多く払う」と返答してくることに。夫は仕事が忙しく、平日は帰宅が22時を過ぎることが多いそうで、それも影響したようだ。

 

■「ふたりの子供なのに」

夫の対応にすっかり困っている様子の投稿者。他のネットユーザーからは「ふたりの子供なのに」「家事育児をしてもらってるから働けるのに」などの声が寄せられている。

「ふたりの子供でしょうよ」

 

「家事育児負担しないくせに稼ぎまでとやかく言うとか情けない。ダサい旦那」

 

「労働力というものをわかってない。まず時間がないと稼げないんだよ。仕事できるのは誰のおかげなんだよ」

 

「出産してるなら、プライスレスですよ。だって出産って命かけてるんでしょう? だったら旦那に『命かけてもっと稼いできてから、言え!』って思っちゃう」

■「仕方ない」との声も

もっとも、一方では「旦那のほうが働く時間も稼ぎも多いなら仕方がないかなぁとは思う」「わかってて2人目作ったんだから諦めるしかない」などの声も。

またその他には「お金多く払ってもらって、家事代行頼むのはいかがでしょうか」のように、現実的な解決策を提案する人の姿も見られた。

 

■夫に手伝ってほしい家事は…

しらべぇでは以前、全国の20代~60代の既婚女性317名を対象に「夫に手伝ってもらいたい家事」を調査。その結果、お風呂掃除やゴミ出しと答える人が多く出る結果に。

たしかに妻のほうが家事・育児を多くこなしてるものの、仕事が忙しく帰宅が22時を過ぎるなど、夫も遊んでいるワケではない。今後、もし家事や育児を再分担するのであれば、職場の理解なども重要になってきそうだ。

(文/しらべぇ編集部・倉本薫子)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の既婚女性317名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ