「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【意外すぎ】アボカドを使ったスムージーにエスプレッソを加えた飲み物を飲んでみた / 六本木・東京ミッドタウン

2019/7/19 14:04 ロケットニュース24

タピオカの快進撃はとどまることを知らない。もはや、ミルクティーのなかで収まり切れなくなり、プリンやつけ麺にまで進出し始めている。2019年8月には東京・原宿に「東京タピオカランド」なる、耳を疑うような施設が期間限定で登場するという。飲食業界はタピオカ一色といっても過言ではない。

そんななか、同じカタカナ4文字の食べ物が、ひっそりとドリンクになっていた。しかも相性があまり良くなさそうな、エスプレッソとタッグを組んだのである。

それは「アボカド」だ。あのアボカドがエスプレッソと手を組み、スムージーとして販売されてるのを発見した。それ、ウマいのか?

・東京ミッドタウン

この飲み物を見つけたのは、六本木の東京ミッドタウンである。ミッドタウンでは、2019年7月12日から8月25日までの期間限定で、「よくばり夏グルメ」というイベントを開催しており、つめたいスイーツとして『エスプレッソアボカド(900円)』をロンハーマンで販売しているのだ。

・私とアボカド

店内で注文してテラス席で飲み物が出てくるまでの間、私(佐藤)はアボカドに想いを馳せた。

私とアボカドが最初に出会ったのは、いつのことだったろうか? 少なくとも私の幼少期から中学生くらいの時まで、我が家の食卓にアボカドが姿を見せたことはなかったはず。成人した後に初めて食べた可能性もある。そのくらい私とアボカドの関わりは薄い。

強いて言えば、醤油との相性が良く、マグロと合わせると美味しいことだけはわかっている。私のなかで、アボカドは “和” の食材に近しい位置にいるのだ。

それがなぜ、エスプレッソなんかと手を組んでしまったのか? 私から言わせれば、「おまえ、仲間だと思ってたのに!?」と、裏切られた気分である。

・個性の主張

そんなしょーもないことを考えている間に、エスプレッソアボカドが来た。

これがエスプレッソとアボカドが融合したスムージーか……。

イメージしてたよりもずっと緑色だ。もう少し、エスプレッソとアボカドの間をとった感じの飲み物に仕上がっていると思ったら、割と「俺、エスプレッソ!」「私、アボカド!」みたいな感じで、それぞれの個性が主張されている。

上から見ると、互いの主張度合いは一層増して見える。

お店の方が「よく混ぜてお召し上がりください」というので、その言いつけを守って、しっかりと混ぜた。

う~ん、ワサビ醤油感あるなあ~……。とにかく飲んでみるか。

・飲んでみると……

いざ、実飲!

ストローをつたって緑色の液体がこちらに迫って来る。来るか? 来るか?

次第にせり上がってきた液状のものに舌が接触すると、私の脳は秒速で「アボカドーーッ!!」という答えを弾き出した。そうだ、これはアボカドだ。いくぶん、甘さが強調されてはいるものの、若干青臭さを感じられる程度には、アボカドのままでいる。そして後を追うようにエスプレッソの苦味がじわりと広がる。

ほら見ろ、言っただろ。おまえはこっち側(和食)の食いもんなんだって。結局醤油が似合うんだよ。エスプレッソって顔してないよ。

でもまあ、イイじゃねえか。たまには冒険するもの。時代は平成から令和に変わり、人々の生活も少しずつだけど着実に未来へと進んで行ってる。そんななかでタピオカほど器用にはなれないにしても、自分なりに変わっていくことって大事だと思うぜ。

俺は好きだよ、ちょっと背伸びしたアボカド。不器用でもいいじゃねえか。一生懸命やってりゃ、きっと誰か見てくれてるから。少なくとも、俺はアボカドのこと、応援してるよ。おしまい……

・今回紹介した店舗の情報

店名 ロンハーマン
住所 東京都港区赤坂9丁目7−1 ガレリア内ガーデンテラスB1
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ