「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

新作「東京喰種」は山本舞香の魅力爆発!窪田正孝からも「舞香、がんばったね!」

2019/7/19 12:00 ドワンゴジェイピー news

新作「東京喰種」は山本舞香の魅力爆発!窪田正孝からも「舞香、がんばったね!」 新作「東京喰種」は山本舞香の魅力爆発!窪田正孝からも「舞香、がんばったね!」

窪田正孝主演の映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」が7月19日(金)から公開される。石田スイ原作の本作はこれまで舞台やアニメ、ゲームなどさまざまなメディアミックスが展開。映画も2017年に公開されており、今回はその第2弾となる。先日もパリで開催された第20回「Japan Expo」で試写会が行われ、世界的ファンが多いことを証明したばかり。人を喰らわないと生きていけない“喰種”と人間のハーフであるカネキ(窪田正孝)。本作では、そんな彼の前に月山習(松田翔太)が現れる。「東京喰種 トーキョーグール」ファンなら、もちろんご存じであろうが、美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪の喰種。ということで喰種たちが集う喫茶店「あんていく」で働くトーカを演じた山本舞香に直撃インタビュー。


―「東京喰種 トーキョーグール【S】」に出演が決まったときの感想からお願いいたします。

決まったときは、原作がすごく人気のある作品だったので、プレッシャーもあったんですけど、このメンバーで撮れる最高の作品になればいいなと思っていました。その作品に携われるだけで、すごく幸せだなって。


―今回、トーカを演じてみていかがでしたか?

喰種として私は演じたわけじゃないんですよ。自分が人間を喰べないと生きていけない体であるとか、赫子(かぐね:喰種の体から発生する捕食器官)があるってだけで。そういう風に生まれてきただけだから、あぁしよう、こうしようとはあまり考えず芝居に臨みました。でも、カネキを演じた窪田さんは、第一弾の映画から出てらっしゃるので、ほぼほぼ完成しちゃってる状態なんです。だから“追いつかなきゃ、追いつかなきゃ!”って思うにつれ、ちょっと分からなくなってきたり。今まで原作ものをやるときも、そこまで考えてなかったんですけど、今作ではいろいろ考えることが多かったかもしれません。


―演じる前、不安はなかったですか?

正直、撮影前はトーカを演じる自信はありませんでした。原作が、ここまで爆発的な人気のある作品に携わるのも初めてでしたから。窪田さんと翔太さんにも“私、トーカを出来ないかもしれません”って言ったんです。そしたら窪田さんが“舞香なりのトーカを演じてくれればいいよ”って言ってくださって。そこでトーカという軸がありながら、自分の色を取り入れればいいのかなって思ったんです。最初はトーカというキャラクターをつかめず、“こういう感じでいいのかな?”って感覚でやっていましたが、窪田さんたちと話してからは、どんどん自分の中にトーカが生まれてきて。それを自覚してからは監督に“私はこうしたい!”って言えるようにもなりました。


―撮影では川崎拓也監督と、平牧和彦監督のお2人がいらっしゃったんですよね。

はい。川崎さんがお芝居で平牧さんが映像を担当されていて。あとアクション監督として横山(誠)さんもいらっしゃるんで、ちょっと戸惑うこともありました(笑)。“映像はこう撮りたい”“アクションはここを取り入れたい”っていうのも現場であって。


―山本さんといえば小学生から中学までの9年間、空手をやっていたことでも有名。同作でも見応えのあるアクションシーンを見せていますね。

カメラが回る前、激しめのアクションのときの緊張感は半端なくて。もう気持ち悪くなるぐらいの緊張感だったんですが、“いいな、この感じ”って思えるぐらい楽しかったです。怖かったのが“もう一回”って言われること。だから本番は全力でやっていました。


―撮影前、アクションの練習もあったんですか?

クランクインする前に3日間ぐらい。ワイヤーで吊るされたり、スパーリングみたいなことをしました。でも、まだ空手のときの動きを体が覚えていたので、ステップだったり、構えはすぐに出来た感じですね。

―アクションで大変だったのは?

実際、痛みって分からないじゃないですか。今回、トーカはおなかを刺されたり、肩を刺されたりするんですけど、普通の人ならおなかを刺されたら死んじゃいますからね(笑)。喰種だからこそ生きていられるので。本当なら“痛い”って声が出ないんじゃないかって思うけど、見ている人にも伝わるように声を出さなきゃいけませんし。実際、現場では声が出なくて、アフレコになりました。


―アクションシーンでは赫子を出すシーンがあったり、CGも迫力満点!

現場では赫子の代わりに鬼の角みたいなものを付けて撮っているんですよ。大きな赫子がある設定だから“思いっきりやって”って指示されて、めちゃめちゃ格好つけるんです。なのに実際はちょこんとかわいらしい鬼の角みたいなものが付いてるだけですから(笑)。

―出来上がった本編を見ていかがでした?

すごかったですね。トーカの赫子は透き通ったガラスみたいな感じに仕上がっていて、かっこいいなって思いました。試写は窪田さんと一緒に拝見したんです。そしたら窪田さんが“舞香、がんばったね!”って言ってくださって、うれしかったです。


―近年は映画、ドラマに引っ張りだこの山本さんですが、女優という職業について、どう思われますか?

女優業は一生やっていこうとは思っていません。ほかにやりたい仕事が出来れば、そっちをやろうかなって。でも、今は女優のお仕事が一番楽しいと思っていますし、応援をしてくださっている方たちを裏切る形で辞めることはないかな。結果を残して、いいタイミングで辞めて。“あぁ、あんなやついた”みたいに思われるのがいいですね。もしかしたら一生、女優のお仕事をしている可能性もありますけど(笑)。


―ちなみに今、女優をしていて一番楽しいと思う瞬間は?

完成した作品を見て、自分がその役を出来ているかもしれないって思えるとき。見てくださった方が、そう思っていただければ幸せですね。まだ自分の芝居に満足したことはないんですけど、やっぱり周りの方にほめていただけるとすごくうれしいです!



文:今 泉

衣装協力/PS Paul Smith、PAULOWNIA

スタイリスト/津野真吾(impiger)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ