「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

どこに惹かれる? 男が真剣に付き合う女性に感じていること【ひとみしょうの男子学入門】

2019/7/18 19:45 cocoloni PROLO

男が真剣に付き合いたいと思う女性に感じること【ひとみしょうの男子学入門】 男が真剣に付き合いたいと思う女性に感じること【ひとみしょうの男子学入門】

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門43
この記事が公開されるころには、新海誠監督の『天気の子』が封切されていると思います。今回は、新海監督の映画の主人公を通して、男性が真剣に付き合いたいと思う女性のどんなところに惹かれるのかについて見ていきたいと思います。

■ポイントは「もう半分」
先に答えを言ってしまうと、男女問わず、多くの人は、じつは新海作品に出てくる男女の登場人物のように「もう半分」の自分を相手の中に見つけることで相手に惹かれ、付き合っているんです。もう半分の自分というのは、たとえば、いつかの過去に失くした自分のことだったりします。

『君の名は。』に至っては、時空を超えた男女の入れ替わりという、理屈で考えるととてもややこしいシチュエーションを描いています。にも関わらず大ヒットしたのは、多くの人が漠然とではあっても理解し、共感したから。ということは、もう半分の自分を相手の中に見出すパターンの恋愛を、じつはひそかに多くの人がしている、あるいは、憧れているということでしょう?

■「もう半分の自分」を見つけるとは?
男性が女性の中に「もう半分の自分」を見出すとは、具体的にどういうことだと思いますか?たとえば、極端だけどわかりやすい例として、弁護士とキャバ嬢の話をしましょうか。

個人で弁護士事務所をやっている男性の中には、女性と出会う機会が極端に少ない人がいるそうです。出会う女性といえば自己破産の相談に来る女性ばかり(つまりクライアントばかり)……みたいなこともあると言います。なので、人によってはキャバクラに通うようになり、やがてキャバ嬢に「人として」「真剣に」惹かれるようになるとのこと。

弁護士といういわゆる学歴エリートが、キャバ嬢に惹かれるのはなぜか? 彼が彼女の中に「いつかの過去に失くした自分」を見出すからです。つまり彼は、お利口さんになるためにお勉強にいそしむ前は、ヤンチャで元気のいい、いわばキャバ嬢みたいな子どもだったのです。それが、熱心に勉強に打ち込む中で彼のヤンチャさは影を潜め、気づけば超マジメな男になってしまっていた。がしかし、彼女に出会って、いつかの過去に失くした自分が目覚め、真剣にキャバ嬢と交際し、結婚する、ということです。

■じつは男性が思っていること
こういうまどろっこしいというか、人に言うのが恥ずかしい話って、ふだん私たちはそう口にしないですよね。「わたしはあなたの中に、過去に失くした自分を発見してしまったので、あなたに惹かれました。つきましては、付き合ってください!」なんて、あなたは言ったことないはず。言ったことがなくてふつうでしょう。でも、心のどこかで「彼はわたしが失くしたわたしに似ているな(そういうわたしを持っているな)」と思って相手に惹かれたことはあるのでは?

男性も同じです。「君は僕がいつかの過去に失くした僕を持っています! だから真剣に付き合ってください!」こうはっきり言わないけれど、でも男性はひそかに、女性の中にもう半分の自分を探し求めているのです。
だから、これまた極端な例だけど、キャバクラとか風俗店において、男は、初恋のあの子に似ているとか、元カノに似ているという理由だけで女性を指名するのでしょう。

■恋愛は、失くした自分を探すこと
人はきっと、いつかの過去に失くした自分を探し求める旅の途中にいるのでしょう。だから男性は「もう半分」を持っている女性を見つけたら迷わず真剣に付き合いたいと思うのでしょう。女性だって、きっと同じですよね? 

さて、『天気の子』において、新海監督は「もう半分」をどう描いているのでしょうか。興味がある人はぜひ映画館に足を運んでみてはいかが?(僕も観に行きます)。

※毎週木曜日更新
ライタープロフィール
ひとみ しょう
作家/『ひとみしょうの“女たちへ!”』(ココロニプロロ)『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ)『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの余談ですみません』(共にGrapps)ほか好評連載中。コラムの受賞歴多数(すべて小学館『Menjoy!』編集部より)。恋愛&不妊治療をテーマとした中編小説『鈴虫』好評発売中(Amazon独占販売)。
Twitter:@hitomi_sho

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ