「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

吉田羊の猛アプローチに困惑した俳優は? 『凪のお暇』でその相手と共演

2019/7/18 21:00 anan総研

吉田羊の猛アプローチに困惑した俳優は? 『凪のお暇』でその相手と共演 吉田羊の猛アプローチに困惑した俳優は? 『凪のお暇』でその相手と共演

場の空気を読み、必死に同僚たちの顔色を窺い日々を過ごしていた凪は、ある日、職場で過呼吸を起こして倒れてしまう。それをきっかけに会社を辞め、家を引き払い、携帯電話も解約し、一切のしがらみを捨てることを決意する。そして心機一転、東京郊外のオンボロアパートで、新たな生活を始めるのだが―。

’17年のananマンガ大賞を受賞したコナリミサトさんのコミックス『凪(なぎ)のお暇(いとま)』が、黒木華さん主演で連続ドラマに。吉田羊さんは、黒木さん演じる凪の引っ越し先のアパートの住人で、彼女に懐く少女・うららの母親・白石みすずを演じる。

生身の人間が演じることで物語がよりリアルになる。

ananweb 編集部

黒木:原作がすごくリアルな話だなって思ったんですよね。空気を読みながら生きるうちに、自分が何をしたらいいのかわからなくなってしまうことってよくあることだし、それぞれの登場人物が抱えている闇も人間くさい。そういう物語を生身の人間が演じることで、よりリアルなものになるような気がしているんです。

吉田:空気を読むって日本人独特の感覚で、それは優しさの裏返しでもあるんだけれど、凪ちゃんみたいに苦しくなっちゃう人もいるわけでしょ。今回、ドラマという形で可視化されることで、空気を読まなくてもいいんだよって救われたり、心穏やかになったり勇気をもらえる人が多くいる気がする。このドラマ…日本に平和をもたらすのかもしれないね。

――撮影のちょっとした待ち時間も、楽しそうにおしゃべりに華が咲く。プライベートでも仲が良いふたり。

吉田:作品上ではこれまでも何作か共演しているんだけど、あまり絡む役がなくて、がっつり絡んだお芝居は、今回ようやくなんだよね。

黒木:はい。待ちに待ってましたから嬉しいです。プライベートでは、私が羊さんに懐いていて、よく一緒に食事に連れていってもらってはいるんですけど。

吉田:おはるが、銀熊賞を獲った時(映画『小さいおうち』で’14年のベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞)に、私がおめでとうメールを送ったのが始まり。それまではそこまで連絡を取り合っていたわけじゃないけれど、受賞を聞いてすごく嬉しくて、「雲の上の人になっちゃって、これからは気軽に会えなくなるね」って送ったら、「そんなことないです。まだ地上あたりをフワフワしてます」っていう粋な返しが来て。もっとこの人のことを知りたいと思ってガンガン連絡したら、仕方なく付き合ってくれるようになって…なんだよね。

黒木:そんな…。私の方こそ、羊さんのことを好きな女優さんが多くて、しょっちゅうヤキモチを焼いてます。

吉田:それはお互いさま。私は私で、ムロ(ツヨシ)さんから、おはると食事したって聞くと、「呼ばれてない…」って拗ねちゃう。お互いに、自分が一番でいたいんだよね。彼氏、みたいな(笑)。

黒木:そうかもしれません(笑)。羊さんは、こちらのお芝居を楽しんでくださるんです。台本に書かれたセリフのやり取りでは、私のセリフの言い方によって反応を変えてくれる。会話をしてくれるんです。自分のなかに演技プランはきっとあるんでしょうけれど、相手が予想外のアプローチで来たら、考えてきたそのプランを簡単に捨てられるんだと思うんです。

吉田:すごい褒めてくれる(笑)。

黒木:だって好きだから…。

吉田:確かに、相手に楽しんでもらいたい気持ちの方が強いのかも。でも、私も、どんな作品でも肩の力が抜けていて、役が乗り移ったように存在する“女優・黒木華”が大好きなの。私の理想のお芝居を、ひょいひょいとこなしてしまうんだから。

黒木:(遮るように小声で)…そんなことないです…。

吉田:その謙虚さも好きよ(笑)。今回も、あまり難しく考えすぎずに、目の前のおはるの芝居にリアクションしていって、そこで偶発的に生まれたものを大事に拾っていけばいいのかなって思ってる。じつは、うららという存在がもたらしてくれるものもすごく楽しみにしてる。子供っていい意味で、我々の予測のつかないものを持ち込んでくれるから。

黒木:本当にそう。うらら役の白鳥玉季ちゃん、初対面から何だかとてもカッコ良かったから…。

吉田:一番しっかりしてるよね。

黒木:そう(笑)。凪にとって、みすずさんとうららちゃんとの出会いで救われる部分も多いので、3人のあったかい空気を大事に作っていけたらなと思っています。

――会社を辞めると同時に、同僚で恋人だった慎二(高橋一生)と別れた凪は、新天地で、隣に住むゴンさん(中村倫也)と知り合い、彼の自由な雰囲気に惹かれていく。おふたりから見た慎二とゴンさんは?

黒木:私はどっちも好きです。慎二は器用な人だけれど、プライドから弱さを見せられないところがかわいいですよね。凪にフラれて号泣するところは、キュンとしますし。一方のゴンさんがモテるのもわかるし…。

吉田:私は、ゴンさん派かなぁ。危なっかしくてミステリアスで、もっと知りたいって思っちゃう。不安定な人に人間らしさと魅力を感じちゃうような、こじらせるタイプです。

黒木:あ~、わかります(笑)。

くろき・はる 1990年3月14日生まれ。大阪府出身。最近の出演作に、ドラマ『西郷どん』『獣になれない私たち』、舞台『ハムレット』などがある。’20年には、出演映画『甘いお酒でうがい』が公開。フーディー¥85,500 中に着たトップス¥54,000 スカート¥98,000(以上アン ドゥムルメステール/リフト エタージュ TEL:03・3780・0163) シューズ¥140,000(ジュゼッペ ザノッティ/ジュゼッペ ザノッティ ジャパンTEL:03・6894・7510)

よしだ・よう 2月3日生まれ。福岡県出身。最近の出演作に、ドラマ『中学聖日記』など。現在、出演舞台『恋のヴェネチア狂騒曲』が上演中。出演映画『記憶にございません!』の公開が9月13日に控える。ロングデニムドレス¥112,000 ピアス¥27,000 ブーツ¥79,000(以上エムエム6 メゾンマルジェラ/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ TEL:03・3408・8681)

『凪のお暇』 人生のリセットを図って郊外のアパートに引っ越し、何にも縛られない自由を手に入れた凪(黒木)。そこで新たな人間関係を築いていくが…。7月19日(金)22時スタート(初回15分拡大)。TBS系にて放送。

※『anan』2019年7月24日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・Babymix(黒木さん) 梅山弘子(吉田さん) ヘア&メイク・新井克英(e.a.t…/黒木さん) 千吉良恵子(吉田さん) 取材、文・望月リサ

(by anan編集部)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ