「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

南キャン・山里、相方しずちゃんの意外な“裏仕事”を明かす「近々ボッコボコになるかもしれない」

2019/7/18 21:00 リアルライブ

南海キャンディーズ・しずちゃん 南海キャンディーズ・しずちゃん

 7月17日深夜放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ系)において、相方である南海キャンディーズしずちゃんの意外な裏仕事が語られた。

 しずちゃんは2007年から、女子ボクシングのオリンピック日本代表を目指しトレーニングを始めた。2012年のロンドンオリンピック、翌2016年のリオデジャネイロオリンピックを目指すも出場はかなわず、2015年に「体力の限界」を理由に引退している。

 ただ、経験者ではあるため、現役の選手から「大きな選手との試合経験がほとんどないから、ちょっと相手してくれませんか」とスパーリングの相手を頼まれているという。山里は「4-5年はボクシングから遠ざかっているけど大丈夫なの?」と問いかけると、「大丈夫やと思う」といつものテンションだったようだ。

 しずちゃんは身長182センチと、女性にしてはかなりの巨体の持ち主である。ボクシング開始時の階級は、ヘビー級に所属したものの、日本国内にヘビー級女子の選手がおらず、一度も戦わずして認定王者となってしまった逸話もある。その後、ミドル級に階級を落とし、オリンピックに挑戦していた。

 現役の女子ボクシング選手からすれば、海外の大柄な選手と戦う場合のシミュレーションともなるのだろう。山里いわく、「相手は現役でやっている人たちで、ちょっと雰囲気を味わいたい。大きな選手と合わせる感じでやりたいだけだから」ということで、実際の打ち合いは行わないはずだった。ただ、しずちゃんが山里に語ったところによれば、相手は「リングの中に入ってゴングを聞くと見境がなくなるタイプ」のようで、山里は「近々ボッコボコになるかもしれない。うちの相方」と話し、笑いを誘っていた。

 これには、ネット上では「これはしずちゃんしかできないポジション」「しずちゃん、間接的に東京オリンピックに貢献してるじゃん」といった声が聞かれた。しずちゃんの意外な活躍エピソードが聴けた放送となった。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ