「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

高学歴の姉の妊娠を素直に喜べない。募る嫉妬で心がざわついたとき、穏やかになる術とは?

2019/7/18 11:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

pixta_42867947_M
姉妹で育ったママの中には、同性の姉妹に対して嫉妬やコンプレックスを感じている方もいるのではないでしょうか? 近い関係の姉妹に対して、自分の方が劣っていると感じたとき、逃れられないつらさに苦しむかもしれません。

『8才離れた姉が、38才で初めて妊娠しました。不妊治療1回で受精、おめでたいのですが今回の妊娠をあまり快く思えません。姉は頭がよくて、旦那さんも同じく高学歴です。生まれてくる子どもには医学部に、私立でも通わせるから、今から実母に遺産はちゃんと残しておくよう話しているそうです。
私は普通の高校に進学し普通の大学に行き、国家資格をとって医療系で働いています。普通であることに満足していたので、姉が羨ましいとも思わなかったのですが、今妊娠とわかって確実に頭のいい子は生まれるだろうし、確実に比較されるだろうな。まだお腹にいるのだけれど、今から医学部だ何だ、遺産をどうの話している姉が苦手です。私って本当に性格悪いなと自分に嫌気がさします』


姉はマタニティ・ハイかも?今まで、子どものいる妹に嫉妬していた可能性も

お姉さんは昔から、お母さんのことは頭が悪いから嫌いだとか、悪口が絶えなかったそう。お姉さんの子どものために、大好きなお母さんが、好きな旅行を我慢することを考えるといたたまれなくなると言います。お姉さんは待ちに待った妊娠に、ただ有頂天になっているだけなのかもしれません。

『無理して喜ぶ必要もないじゃん。姉は姉の人生を、妹は妹の人生を好きなように生きればいいだけ。遺産に関しては、母親が決めること』


『関わりは必要最低限にして距離を置いた方がいい。自分は自分、姉は姉って思えないなら尚更のこと。そんな風に思われて投稿者のママの子どもが可哀そうだよ』


『今から考えてどうするって感じ。出産のこと甘く見ているな』


『投稿者のママも今からちょっとあわてすぎ。まだうまれてもいない、始まってもいない姉の子育て、そんなにもすんなり姉の思う通りに行くと思って心配になっちゃうの? もっと賢く、器の大きな先輩ママにならないと』


『人間いつどうなるか分からないよ? 投稿者のママの家族が幸せだったらいいじゃない! 身内だと顔を合わせることも多いから気になってしまうのは仕方のないことだと思うけど、お姉さんも先に子どもを産んだ妹に対して思うことはあるだろうし、投稿者のママにはない悩みはあるかもよ』


お姉さんはお姉さんで、先に子どもを授かった妹、つまり投稿者のママに嫉妬していたかもしれません。ここは先輩ママとして、余裕のある心でお姉さんを見てもいいのではないでしょうか。

我が子を一生懸命育てることに集中してみては?コンプレックスなんて忘れてしまうよ!


学生時代はお姉さんの方が成績はよかったのかもしれませんが、お二人の子どもも母親と同じような成績とは限りません。もし気になるようだったらしばらくの間、お姉さんと少し距離を置いてみてもいいかもしれませんね。

『そんなことより、あなたはていねいに自分の子育てに専念すべき。姉が何を目指していようが、あなたの子どもだって親として喜べるくらいの大学に入れるように心を砕いて頑張っていたらモヤモヤなんかなくなるよ』


『投稿者のママは自分の人生と自分のお子さんだけに集中するべき。お姉様一家とは会わない、時にはそもそも存在しないくらいに思っておいて良いかと』


『いくら身内でも価値観や住む世界が違う人とは、距離をあけて自分をしっかり持って、負の連鎖に飲み込まれないようあなたはあなたで準備する』


投稿者のママはまず大切な我が子の子育てに集中することを考えたほうがいいのではないでしょうか。我が子に集中することでお姉さんの子どものことは気にならなくなるかもしれません。

嫉妬は本当にいけないもの?あたりまえにみんなが持っている感情なのかも

嫉妬は誰もが持っている感情なのではないでしょうか。投稿者のママである妹が優秀な姉にコンプレックスを持っていたように、姉も素直で先に家庭を持った妹に嫉妬していたことも考えられますよね。

『私もそうですが、子育ては思う通りにいかないと思いますし、子どもを育てる中で成長することもあるので、私も姉もお互いに成長できたらなと思います』


と、今回BBSの中で投稿者のママは心を静めました。

『あなたの子どもにだって優秀な未来があるかもしれませんよ!』


未来のことは誰にもわかりません。投稿者のママは子育てに集中して、ときに趣味を満喫したり新しいことを学んだりと目の前にあることを楽しんでいただきたいと願っています。自分の人生に自信をもっていつでも胸を張っていればひとりの母として、ひとりの女性として毎日充実していられるのではないでしょうか。

文・岡さきの 編集・しのむ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ