「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【ぶっちぎりで最強】SONYがα7R Ⅳを発表 / 6100万画素(ピクセルシフトで2億4千万)で毎秒10フレームでリアルタイム瞳AFで…

2019/7/17 12:30 ロケットニュース24

SONYが日本時間の2019年7月16日の夜11時ごろに、ミラーレスカメラの常識を何もかもぶち壊すとんでもないフルサイズミラーレス発表しました。

α7Rシリーズの最新モデル『α7R Ⅳ』です。全てのスペックが、今ある全てのミラーレスカメラをぶっちぎりすぎていて、にわかには信じがたいレベルの超高性能です。北米で2019年9月に発売で、お値段$3500(約37万円)。

・中判レベルをフルサイズで

気になるスペックをバンバン書いていきます。センサーは裏面照射型で6100万画素ダイナミックレンジは15段です。

静止画も動画も関係なく、リアルタイム瞳AF使用可能! 動物の瞳AFもちゃんと搭載しています。フォーカスエリアは位相差検出方式で567点。カバー率は74%

ちなみにこのAFポイント。APS-Cモードでは位相差検出方式で325点となり、ほぼセンサー全域をカバーします。画素数も2600万画素なのでAPS-Cのレンズ資産も活かせます。

レスポンス周りの心配もご無用。毎秒10コマ連写可能で連写中もAFがリアルタイムに追尾するとか(リアルタイムトラッキングAF)。

デモ写真では動物が被写体となっていましたので、その手の撮影にも対応できるレスポンスということなのでしょう。ぶっ壊れスペックです。

さらに、ピクセルシフトという複数の画像を合成する機能を使用すると、驚愕の2億4千万画素で撮影可能。ピクセルシフトはブレが心配ですよね? でも5.5段の5軸手振れ補正完備なので大丈夫でしょう。

先日のGFX100が中判1億画素ということで大いに盛り上がりましたが、SONYがフルサイズでぶっちぎってきました。フルサイズで中判スペックが現実のものに。

ファインダーもスゴいです。576万ドットでUXGAの有機EL。Lumix S1Rのファインダーと同じドット数です。フレームレートが気になりますが、間違いなくめちゃくちゃ高精細です。

View this post on Instagram

The next generation of high-resolution cameras have arrived. Meet the all-new a7R IV. #SonyAlpha

A post shared bySony(@sony) onJul 16, 2019 at 7:35am PDT

・動画でリアルタイム瞳AF

動画もヤバいです。4Kで撮影可能なのは当たり前。s-Log3で録画可能でダイナミックレンジは14段。AF関連の機能は静止画と同様に全て可能(リアルタイム瞳AFも!)。背面液晶でのタッチトラッキング機能もあります。

UHS-Ⅱスロットを2つ搭載しており、防塵・防滴も完備。グリップはちょっと大きくなったようです。2.4GHzと5GHzでPCなどとワイヤレス接続が可能。有線でもUSC Type-C(USB 3.2)でぬかりはありません。

とまあざっくりこんな感じ。冒頭でも述べましたが、このスペックで、お値段驚きの$3500! Nikon Z7のレンズキットが北米アマゾンで大体$3500なので、価格的には日本でもNikon Z7と同じくらいなのでは?

発表の様子は、参照元のリンク先で見ることができます。英語ですが、スペックはスライドで見ることができるので是非見てみてください。46分辺りから見始めるとちょうどいいと思います。

あとは情報の出てないバッテリー周りが心配ですが、縦グリップ($400)も同時に出るので何とかなるでしょう。仮にちょっとくらい燃費悪くても、このスペックの前にはノーカンかなって。

参照元:SONY、Instagram@sony、YouTube [1],[2],[3]
執筆:江川資具

▼スペックやべぇ!(発表会の様子はこちら)

▼動画もやべぇ! 

▼ショットガンマイク($350)も出るってよ!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ