「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

風呂敷型のバックパックは、荷物の大きさに合わせて調整可能【今日のライフハックツール】

2019/7/17 06:00 lifehacker

風呂敷型のバックパックは、荷物の大きさに合わせて調整可能【今日のライフハックツール】 風呂敷型のバックパックは、荷物の大きさに合わせて調整可能【今日のライフハックツール】

日本の風呂敷に着想を得たという『WRAPPING BACKPACK』は、その名のとおり、荷物を包み込むバックパック。

荷物が少ないときには、かさばらない薄型バックパックとして使え、通常のバッグでは入れられないような大きな荷物でも、しっかり固定して運ぶことができるという、他にはない特徴を持ったアイテムです。

風呂敷のような作りで、収納力抜群

画像でお分かりのように、1枚の布にショルダーストラップを取り付けたようなデザインとなっていて、荷締めストラップの長さを変えることであらゆるサイズ、形状に調整可能となっています。

先ほど「1枚の布」と書きましたが、実際にはポケットを内蔵した合わせ布ですので、小物類の収納に困ることもありません。

ノートPCやタブレットに対応したスリーブも備えられていて、普段は超薄型バックパックとして使えるので、混み合った電車内でもストレスを感じることは少ないと思います。

本体価格49,800円+消費税3,980円に、日本への送料830円がかかりますので、決して安い買い物とは言えませんが、機能性を考慮すれば、充分にその価値があると言えるでしょう。

公式サイトで、画像をタップリ確認できますので、気になる人はチェックしてみてください。

あわせて読みたい

トートやショルダーなど6パターンも変形できるバックパック【今日のライフハックツール】

「帯に短し、たすきに長し」という言葉は、バッグのためにあるのかもしれません。大きめの荷物を入れるけど気軽に肩にかけて移動したいとき、重めの荷物を入れ... https://www.lifehacker.jp/2019/07/lht_pan6in1.html

通勤時の豪雨にも耐えられる、軽量なのにタフな多機能バックパック【今日のライフハックツール】

機能的でユーザビリティに優れたバックパックというと、海外で企画されたものが大半…という印象があります。しかし、日本のデザイナーも決して負けてはいませ... https://www.lifehacker.jp/2019/06/lht-beruf-urban-explorer-20.html

見た目はシンプルでスマートなバックパック。 撥水性と収納力の高さにこだわったWEXLEY「ACTIVE PACK」を使ってみた

シティーユースを前提とした使い心地のいいベルギーのバッグメーカー「WEXLEY(ウェクスレイ)」。私もユーザーのひとりですが、機能性、デザイン性、セ... https://www.lifehacker.jp/2019/06/ec-wexley-active-pack-review.html

Image: ONFAdd

Source: ONFAdd

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ