「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

キッチンハイターの正しい使い方知ってる?換気や素材には要注意!

2019/7/17 22:01 オリーブオイルをひとまわし

キッチンハイターの正しい使い方知ってる?換気や素材には要注意! キッチンハイターの正しい使い方知ってる?換気や素材には要注意!

キッチンには欠かせない、塩素系漂白剤の代表がキッチンハイターだ。除菌や漂白効果が高いすぐれものなのだが、使う際には換気や素材など、いくつか注意することがある。この記事では、キッチンハイターの正しく効果的な使い方を解説しよう。

1.キッチンハイターの効果と使い方

「キッチンハイター」とは、花王から発売されている塩素系漂白剤だ。うすめて使うつけおきタイプの台所用漂白剤で、除菌や消臭のほかにも、コーヒーの色素汚れや茶渋などがよく落ちる。キッチンハイターは文字どおり、キッチン用として開発されたものであるが、洗濯用やお風呂用など、ほかのハイターシリーズも販売されている。

キッチンハイターの効果

ふきんやまな板の除菌・消臭や、カップやマグなどの黒ずみ、茶渋などの漂白に効果がある。

キッチンハイターの基本的な使い方

1.おしぼりやふきんなどの布系の場合
除菌・消臭は、5Lの水にキャップ約1.2杯(キャップ1杯は約25ml)を混ぜて、約2分つけおきした後、しっかりと水ですすぐ。漂白は、同量の水とキッチンハイターに約30分(汚れがひどい時には少し長めに)つけおきした後、しっかりと水ですすぐ。

2.まな板、食器、マグカップ、お弁当箱などの場合
除菌・消臭は、5Lの水にキャップ約2杯を混ぜて、約2分つけおきした後、しっかりと水ですすぐ。漂白は、同量の水とキッチンハイターに約30分(汚れがひどい時には少し長めに)つけおきした後、しっかりと水ですすぐ。まな板などは布系に比べ、キッチンハイターの分量が少し多めになっている。

キッチンハイターは色柄物の布製品や金属製の容器には使えないため、素材には注意が必要である。

2.気になる臭いがでてきたら、キッチンハイターの出番

排水口や三角コーナーの気になる臭いにも、キッチンハイターが活躍する。「キッチン泡ハイター」という泡状のスプレータイプがおすすめだ。キッチン泡ハイターを排水口や三角コーナー全体に吹き付け、5~10分ほど放置したら水で洗い流すだけだ。これで気になる臭いも解決できる。

キッチン泡ハイターは、ステンレス製の排水口の除菌・消臭に使うことができる。また、ステンレス製水筒の臭い取りにも効果的だ。しかし、キッチンハイターには塩素系の洗剤独特のツンとした臭いがあるので、すすぎ残しのないように充分注意しよう。またステンレス製以外の金属製品には使用できないのでこちらも注意が必要だ。

3.キッチンハイターと換気はセットだと覚えておこう

キッチンハイターには、重要な使用上の注意がある。それは、「酸性タイプの製品とは絶対に一緒に使ってはいけない」ということだ。塩素系の製品に酸性系の製品が混ざると、身体に危険な塩素ガスが発生してしまうからだ。容器に記されている「まぜるな危険」という表示通り、単独で使うようにしよう。

さらに、キッチンハイターやキッチン泡ハイターなどの塩素系漂白剤には、独特な刺激臭があり、換気不足で気分が悪くなる場合もある。使用中はマスクを着用し、換気扇を回したり、窓を開けたりするなどの換気をしよう。「キッチンハイターと換気はセット」だと覚えておくことが重要だ。また、皮膚などに付着すると炎症を起こす可能性があるので、ゴム手袋を必ず着用しよう。

4.キッチンハイターを使う時間は正しく守ろう

キッチンハイターの除菌や漂白時間は、長ければいいというわけではない。つけておく時間が長過ぎると、色落ちや塩素臭が強くついてしまうことがある。そのため、表示してある使用時間を必ず守るようにしよう。

除菌・消臭は、約2分がつけおきの目安の時間だと記載されている。漂白の場合は30分程度(汚れがひどい時には少し長めに)を目安に使用しよう。

結論

キッチンハイターは、除菌や漂白などキッチンの衛生にはかかせないアイテムだ。定期的に除菌しておけば、梅雨どきや夏場などの食中毒の予防や、食器類の匂いの除去にとても役に立つ。使うときはキッチンハイター単体で使用し、換気やマスク・ゴム手袋の着用を忘れないようにしよう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ